今回は、焼き芋を「ホクホク食感」
に仕上げるコツを3点ご紹介したいと
思います。

 
ツクバコマチ 

ポイントは次の3つです。 
 
1.収穫したての芋を使う
2.低温で加熱し過ぎない
3.ほくほく品種を選ぶ

1.収穫したての芋を使う

お芋は収穫してから貯蔵することで
甘さが増します。
と同時に食感も
 
ホクホク→しっとり
 
に変化してゆきます。
 
例えば、
収穫して間もない「べにはるか」は、
甘さ控えめでややホクホクに仕上がります。

さつまいもの旬の味は
収穫してからも変化してゆきます。
ゆえに、
 
さつまいもはいつ食べても
旬の味が楽しめます。
 

2.低温で加熱し過ぎない

 
大体の芋において、
低温でじっくり加熱すると
しっとり食感に仕上がりやすいです。

逆に言えば、
やや高温気味で
加熱時間を短くすればホクホクに
仕上がりやすいです。
 
具体例を挙げますと、

オーブンの温度を160度くらい
に設定し、1時間くらいかけ
じっくり火を通していけば
しっとり食感につながります。
  
芋の大きさにもよりますので
加熱時間は適宜調整してください。
 
ホクホクに仕上げるには
 
180~220度くらいで
20-30分くらいで焼き上げるのが
良いでしょう。
 

3.ほくほく品種を選ぶ

大体において、
品種が味と決め手となります。
 
ほくほく系代表格は「高系14号」
という品種です。
ブランドで言えば、
なると金時などです。

他にも「ベニコマチ」「ベニアズマ」
「ツクバコマチ」(写真)なども
 
ツクバコマチ 

ホクホクです。
ほくほくなものは
栗のような風味を感じることもあり、
 
ほくほく×栗 
  
は最高です。
 
 

まとめ

以上より、
ホクホク食感を味わえる
一番の食べ方は、
 
9月くらいに出回る
初物のさつまいも
品種「高系14号」を
購入し、

短時間で調理すれば

香りよく、ホクホク
芋を食べることができます。
 
焼き芋だけでなく
芋の天ぷらも最高に美味しいのです。
 
 
とはいえ、
お家で手軽に焼き芋を作るのも
面倒くさいし、
煙も出るし大変です。

温度調節も難しい。

そんな時に
オーブントースターが
役に立ちます。

絶対失敗しないし、
絶品焼き芋が作れる
 
オーブントースター一選

もご紹介できればと
思います。
 
ビストロ panasonic
 
待ちきれない方は
こちらから↓
 

 
お読みいただき
ありがとうございました。