こんにちは、ダイエットコーチの真鍋です。
今回は、【食欲との戦い方】についてです。

これを読めば、
 
食欲が戦いを挑んできたとしても
 
余裕で勝てます。

お話を進める前に
 
【食欲】について少し説明します。

 

食欲には主に3種類あります。
 

一つは、

 
お腹が減ったから食べる
必要な栄養素を体に取り入れるために食べる

と言った本能に基づく欲求
 
具体例:最後に食べたご飯が6時間前だから
    ご飯を食べよう

二つ目は、

 
何かの不安を紛らわすために食べる
ストレス解消のために食べる
自分へのご褒美に食べる
という形で精神を安定させるための欲求
 
具体例:何か不安(仕事、お金、健康)を感じて
    いるが、それがなんの不安なのかわからない。
    でも心は落ち着いていない。ひとまず
    何か食べよう。
    今日はこれだけ仕事したから食べよう。
 

3つめは、

どうしようもなく食欲に狩られる欲求

具体例:スーパーに買い物に行って買う予定のなかった
お菓子を衝動的に買ってしまう。
 

以上の3つに分類されます。 

食欲というのは

「食べたい!」

という欲望が湧いてきた時です。
 
まず、すべきことは、

食べたい!

が上にあげた3つの食欲のうち

どの食欲に当たるか観察することです。
 
 
いわば、敵がどんなやつか

偵察する感じです
 
当たり前の話ですが、
 
敵のことを何も知らずに

戦いに勝つのは不可能です。
 
100万人の軍勢で攻めてきているのに
 
100人の兵士を用意するのは馬鹿げています。
 
100万人で攻めてきているとう情報があれば
 
対抗して100万人用意するか、
 
ところどころ罠を仕掛けて

敵勢力を弱くして戦うか
 
戦術を練ることができます。
 
ですから、

まずは敵を知ることです
 
 
ダイエット中に”

と見なされる食欲は、 
 
2つ目(精神安定剤としての食欲)と
3つ目(狩られる食欲)の食欲に当たります。
  
 
1つ目の
本能に基づく欲求は敵ではありません
 
食べない人(不食)もたまにいますが、
それは宇宙人みたいな人なので(笑)

私たち、人間は基本的に
 
食べて必要な栄養を取り入れないと

死んでしまいます。
 
ですから、

本能レベルの食欲まで敵とみなす

必要はないのです。
 
敵ではないものを敵と認識してしまうと、
 
余計なストレスがかかるわけです
 
自軍の中に”敵がいるかも知れない
 
という状態では夜も落ち着いて眠れませんね。
 
大丈夫です。
 
本能的に湧いてくる食欲は仲間です。
 
お腹が減ったらどんどん食べましょう。
 
美味しいものをたくさん。
 

 
そのように普通に

本能のまま生活していれば
 
自分の体型からずれることはないのです。
 
 
明らか不健康レベルにまで
太り過ぎている人は、
 
 食べ過ぎているのです。
 
これは、
 
2つ目(精神安定剤としての食欲)と
3つ目(狩られる食欲)

とに見事に侵略を許してしまっているのです。
 
ただ、
 
「太り過ぎ」
と自分で思っていても
 
「それが普通」

な場合もよくあります。
 
大概メディアは
 
基本的な体型、標準的な体型 

を勝手に決めて、
 
それよりずれていれば
 
「あなたは太っている」

と攻撃を仕掛けてきます。
 
そうこうしていくうちに、
 
「あぁ、わたし、太っているのか」
 
とセルフイメージが始まるのです。
 
 
「太っているから痩せなきゃ」
 
という前に、

「そもそも私は本当に太っているのか?」
 
と自問自答してみてください。
 
太っていなければ
 
何もする必要はありません。
 
ただの勘違いですから、何も心配はいりません。
 
かくいう私は、
 
世間の基準値なるものを知りませんし、

氣にしていません。
 
自分の中に自分の基準を決め、
 
それにあっているかあっていないか
 
を氣にしています。
 
世間的には
細マッチョの類に入るかも知れませんが、
 
 

  
人によっては、ゴリマッチョやん!
と呼ぶ人もいます。
 
なんでもいいのです。
 
ちなみに、

「マッチョ」という言葉は
 
語感が悪いので普段の生活では口に出しません。
 
 
食欲から少し話がそれました。

これは
 
書きたい衝動欲に狩られた例です。
 

 
もし、

「(自分基準から)あぁ〜太り過ぎているなぁ〜」
 
と認識しているのであれば、

原因は

2つ目(精神安定剤としての食欲)と
3つ目(狩られる食欲)

とに侵略を許してしまい、
 
食べ過ぎているからです。
 

では、
 
どのようにすれば””から
 
身を守ることができるのか

次回以降、詳しくお伝えしていきます。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。

(2020/10/22追記編集:おめでとうございます。このページにたどり着いた方限定&期間限定で、
ダイエットの悩みを解消するダイエットセッションの案内があります。
詳しくはこちら)