便秘に悩める人に朗報です。
便秘とは厄介なものでして、
私も便秘に悩める戦士の一人でした。
しかし、あるものを食べ始めると
便秘とは一体何だったのかという
 
もう戻れないあの過去に懐かしさも覚えるのです。
 
 

この文章を読んでいる方の中には
 
便秘氣味で
どうにかしてくれ
 
というお悩みを抱えている方もいるかもしれません。
 
もしかしたら、
 
何かしらのサプリメントや
何かしらの食材を試しているかも
しれませんね。
 
  
しかし、ぶっちゃけどうでしょう。
 
便秘の悩み消えましたでしょうか?
 
多分、
 
何だかいまいち。
 
と感じているかもしれませんね。
 
 
そんな時は、
 
また新しいサプリメントや
また新しい食材に救いを求める
時期でしょう。
 
 
そうです、
 
今回は、また新しいものに
 
手を伸ばそうとしている方へオススメしたい
 
食材があるのです
 
 
食材の名前は、
 
 

 
さつまいもです。


 
 
 

多くの人はさつまいもの

能力を過小評価しています。
 
さつまいもを過小評価しているということは
 
自分自身に対しても
 
過小評価しているということと同義です。
 
「どうせ私なんて」
「あの人だからできるんだ、私には無理」
 
とネガティブな思考に陥ってはいないでしょうか。
 
 
その根本たる原因は、
 
 
さつまいもを過小評価しているところから始まっています。
 
便秘とは少し話がそれました。
 

 
 
今回、申し上げたいのは、

便秘にお悩みでしたら
 
さつまいも一日300g食べることを1週間続けてみては

いかがでしょう?

 
 という提案です。
 
この提案を受け入れるかどうかは
 
あなた次第です。
 
 
もし、本当に便秘を解消する氣があるのなら
 
さつまいも一日300g食べることを1週間続けてみてください
 
 
おいおい、適当なことを言ってんじゃないぞ!
 
とコメントをくれる方がいらっしゃいますので
 
なぜ、300gなのかという根拠をこれから

お話してゆきます。
 
参考にしたレポートは
 

日本栄養・食糧学会誌 第 69 巻 第 5 号
さつまいもの摂取が女子大学生の排便状況ならびに腸内常在菌構成に及ぼす影響
伴 野 太 平 1,小 森 ゆ み 子 2,鈴 木 聡 美 2 田 辺 可 奈 2,笠 岡 誠 一*, 2,辨 野 義 己 1
(2015 年 12 月 18 日受付;2016 年 5 月 18 日受理)

 

です。
 
 
インターネットでも無料でご覧いただけますので
 
原文に触れたい方はそちらもぜひご覧ください。
 
ここでは、
 
私が氣になった点について説明してゆきます。
 
 
このレポートの面白いところは、
 
・さつまいもが登場するところ

・さつまいも摂取前後で排便量の
 比較があるところ

・22人の方の協力をゑているところ
 
などです。
 
根拠のある説明をするために必要なのが
 
さつまいも摂る前と摂る後の排便量の比較データです。
 
さつまいもが排便量を増やすんだ!
 
と主張したところで
 
さつまいもを摂取する前
さつまいもを摂取した後
 
の比較がなければ
 
増えるも何もわからないのです。
 
ダイエットも同じですね。
 
痩せました!
 
と主張するには
 
痩せる前の体重を計測しておかねばなりません
 

 
100kg→80kgに体重が減ったからこそ
 
痩せました!と言えるのです。
 
???→80kgでは痩せたのかどうか全くわからないのです。
 
 
これを今回紹介するさつまいも実験に当てはめてみます。
 
実験の概要ですが、

まず、普通の1週間での排便量を計測します。
(ダイエットを始める前、現体重の計測)
 
次の1週間でさつまいも300g/一日食べる期間の
排便量を計測します。
(ダイエットを始めてからの体重計測)
 
 
普通の1週間での排便量(被験者の22名の平均)、
 
一日の排便量(木片を使って計測)は、

1.8 ± 0.2(木片 個/1 日)
 
でした。
 
 
さつまいも300gを毎日食べ続ける生活
を1週間過ごした際は、
 

1.6 倍の 3.0±0.3(木片 個/1 日) に増加しているのです。
 
1.6倍です。
 
さつまいもを毎日300g食べることで
 
1.6倍もの排便量になるのです。
 
実は、このレポートには
 
毎日100gを食べた場合のデータも書かれています。 

摂取前 に比べ

1.5 倍の 2.8±0.3 (木片 個/1 日)です。
 
ぶっちゃけ100gでも300gでも
 
ほぼ一緒じゃん!と言いたいですよね。
 
しかし、私はさつまいもを愛する者、
 
さつまいも業界のさらなる発展のために
 
100gではなく300g食べるべきだと主張しているのです。
 
 

↑蒸し芋王国
 
 
 
しかし、そもそも、
 
被験者の22名はどんな健康状態だったの?

別に便秘に困っているわけではなかったのではないか
 
とお思いの方もいらっしゃると思います。
 
そうです、

 

本研究の被験者 22 名は,

紅天使(*さつまいもの品種*)摂取前の排便回 数が 1 日 0.95±0.07 回(1 週間で 6.65±0.49 回)であり

(表 2),もともと規則正しい排便習慣の者が多かった。

 

確かに、もともと便秘に悩める方々ではなかったのですが、

 

毎日 100 g ずつ摂取することで 排便回数は
1 日 1.01±0.08 回(1 週間で 7.07±0.56 回) となり,
(中略)

芋 100 g 摂取は,排便回数を増やすだけでなく,
排便をスムーズにするとも考えられる

 

事実、被験者のアンケート結果においても
 
便が柔らかくなったと感じた人が多いのです。
 
さつまいも毎日100g摂取で

健康的な排便習慣がさらに健康的な排便習慣へ
 
進化するのです。 
 

 
でも、今、便秘なんだから
 
健康的な排便習慣からさらに健康的な排便習慣へ
 
進化すると言われても….
 
という方に朗報です。
 
 実は22名の方、全員が健康的な排便習慣を持っているわけではないのです。
 
 

 

特に 排便回数が 1 週間で 3‒4 回(平均 3.75 回)しかなかっ た被験者 4 名は,
紅天使(*さつまいもの品種名*) 300 g 摂取により排便回数が 1 週間で平均 7.25 回へと改善した。
また,便の硬さが柔 らかくまたお腹の調子が良くなったとの回答が質問表から得られた
(**)は真鍋が
追記

 

ということなのです。
 
 
ですから、
 
 
食べるべきだったのは
 
美しくなるためのサプリメントでもなく
 
石ころのように転がっている便秘解消食材でもなく
 
 
 
さつまいも300gを毎日
1週間食べ続けることだったのです。
 
 
幼き頃、
 
さつまいもと出会った日々のことを
 
忘れてしまってはいないでしょうか?
 
さつまいもがいてくれる喜びも….
 
 
 
 
キャピオカドリンクに
 
流さた今頃になって、
 
さつまいもに言わなきゃいけない言葉が
 
やっと見つかりましたね。
 
 
ちなみに、
 
300gを七日間食べると2,100gさつまいもを消費したことになります。
 
これは、東京都にお住いの方一人あたりが年間に消費する
さつまいも量、956グラムをゆうに超えます。
  

 
ようこそ、

さつまいもの素晴らしき世界へ。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
=まなべ農園 真鍋和孝=
 
 

美味しくて愛おしい絶品さつまいも氏の予約受け付けを始めました
https://mana-park.com/sairekisho-satsumaimo-29