さつまいもが大好きな貴方へ

さつまいもが大好きな真鍋が

お贈りする

絶品さつまいもをぜひともご賞味ください。

(上記写真は2018年撮影)
 

2019年度パープルスイートロード

 

あなたは美味しいさつまいもが食べたいですか?

この質問に対して答えがyesなら
今すぐこちらからご注文ください。
(クリックすれば予約注文箇所にジャンプします)
 

 
とはいえ、

さつまいもなんて日本どこでも買えるじゃないか
他のさつまいもと何が違うんだ?
 

という疑問をお持ちの方もいらっしゃると存じます。
 
そんな方のために、
 

まなべまなべ

本当にまなべ農園の絶品さつまいもを
 
購入する価値があるのかを
 
診断するための診断ツールを
 
ご用意いたしました。
 
いくつかの質問に答えていただくだけで
 
さつまいもを購入すべきか否か、
 
を判断するための基準となれば幸いです。


  

 
と、その前に、、、
 
 
まずは当農園で
栽培しているさつまいも氏について

 
説明させてください。
 

 
 
*このページ内容はボリューム満点且つ
随時更新しています.お時間ございます際に
じっくりとお読みいただければ幸いです*

目次(クリックすればその箇所にジャンプします)

  1. 栽培品種について
  2. 今回お届けする品種
  3. 栽培方法についてー農薬や化学肥料について
  4. 栽培方法についてー電氣柵を使わない理由
  5. 診断ツール
  6. ご購入申し込みフォーム

 
農園では4種類のさつまいもを栽培しています。
 
  
パープルスイートロード(紫芋)

シルクスイート

安納芋

紅はるか
 
 
の4種類を栽培しています。
 
今回、販売するのは、
 
パープルスイートロード

シルクスイートとの

2種類であることをまずは申し上げます。
 
 
さつまいも注文ページにも関わらず

正直、何を書いていいのかわかりません。
 
なぜなら、
 
 さつまいもが大好きすぎて
 
全てが愛おしいからです。
 

 
言葉で表現する限度を
 
とっくに超えています。
 
 
しかし、
 
勇氣を振り絞って、
 
まずは、他にはない
 
当農園で栽培している

・さつまいもの品種
・さつまいもの栽培方法

についてご説明します。
 
なぜ、

この二つが大切かというと、
 
味に影響してくる大切な要素だからです。
 
 
美味しいさつまいもを決めるのは、
 
 
次の3つの要素です。

 
美味しさ=品種×栽培方法×調理法

 
で決まります。
 
私が携われる部分は
 
・さつまいもの品種選び
・栽培方法
 
この二つです。
 
お客様の元に届いての

・調理方法

は、私の管理外です。
(美味しい食べ方はお伝えしますので
 ご安心ください)
 
以上3つの要素が全て
 
噛み合って美味しさは生まれます。
 
どの部分をないがしろにしても
 
美味しさは生まれません。

 
品種選び。
 
農家の仕事の一番大切なところです。
 
現在は、
 
栽培方法に重きを置いて

野菜が販売されるのをよく目にします。
 
しかし、

一番大事な仕事は

品種選びなのです。
 
ぶどうの巨峰を育成した

大井上康氏は、
 
 
「品種にまさる技術なし」
 
  
という言葉を残しています。
 
品種選びを間違ってしまうと
 
その後どんなに上手に栽培したとしても
 
美味しさは生まれないのです。
 
ですから私は

まず大切にしているのは、
 
 
どんな種類のさつまいもを植えるのか
 
です。
 

自分で食べて味がよかったもの

を基準に考えます。
 
いくら話題性があっても
 
自分の感覚で美味しくないと感じたものは
 
栽培しません。
 
美味しいと思っていても
 
自分の農園で栽培してみて美味しくなかったら
 
翌年は栽培していません。
 
昨年栽培して今年栽培しなかった
品種も当然あります。
 
 
全ては美味しい野菜のために
 
です。
 
品種選びが大切とはいえ、
 
 
栽培技術をおろそかにしていい
 
という訳ではございません。
 
美味しさを決める3つの要素は

掛け算で決まります。
 
ということは、

どれか一つでも0

がつくと美味しさは0になってしまうのです。
 

ですから、

 
品種選び、栽培方法
 
そのどちらもが同じくらい大切である
 
ということは改めて申し上げる次第です。
 

品種について

まずは今回販売する
 
パープルスイートロード

シルクスイート

について、なぜこの品種を
私が選んだのかご説明いたします。
 
 

蒸し立てお芋
朝の窓際にて

 

出会い

初めて出会ったのは、有機農家さんのものとで

研修していた時のことです。
 
ちょうど研修先の農家さんが
 
栽培していたのはこの二つの品種だったのです。
 
当時から
 
「やばい、なんという美味しさだろう」
 
と思っていたので
 
独立した後もこの品種にすると心に決めていました。
 
そして、昨年、
 
自分の手で栽培した2品種を食べた時、
 
それはそれはもう、
 
美味しくてたまりませんでした。

 
パープルスイートロードは
 
紫芋です。
 
みなさんの中で紫芋のイメージはどんなイメージでしょうか。
 
沖縄で紅芋タルトで食べた思い出
紫芋ケーキで食べたり

と何かと加工して使われる場面を思い浮かべる方
が多いのではないかと思います。
 
ところが、です。
 
このパープルスイートロードという品種は、
 
 

加工して食べて美味しいのはもちろん、
 
そのまま食べても美味しいのです!!!
 
ここでいう“そのまま”とは、
 
生で丸かじりという訳ではなく、
 
“蒸す”だけで美味しい
 
ということです。
 
 
様々な調理法(焼く、蒸す、煮る、揚げる、茹でる) 
の中で、
 
一番シンプルにその素材の味を楽しめるのが
 
蒸すことであります。
 
 
パープルスイートロードは、
 
他の紫芋とは違って
 
蒸すだけで十分いや十二分においしい紫芋なのです。
 
これは他の紫芋にはない特徴です。
 
先ほども申し上げましたが紫芋の用途は

色合いのために色素として利用したり、
 
砂糖を加えてお菓子に利用したりされています。
 
ほとんどの紫芋は甘くないのです。
 
 しかし、この紫芋は、
 
砂糖など加えなくても甘いのです。
 
甘さにもそれぞれ段階がありますが、
 
この甘さは、優しい甘さです。
 
おやつにちょうどいい甘さといえばいいのでしょうか。
 
昨年は、小さなお子様(2歳3歳)も
 
ばくばく食べておられました。
 
甘さ控えめのお菓子を食べるより、
 
自然な甘さのパープルスイートロードを
 
お弁当に一つ、3時のおやつに一つ
 
食べれば全てが解決する素晴らしい紫芋なのです。
 
しかも、

味だけではありません。
 
普通の芋にはない大切な要素があります。
 
それは、、
 
抗酸化作用により
アンチエイジングも期待されている
 
 
ポリフェノールの一種
アントシアニンが含まれています。
 
また、他にも、
 
肝機能の改善や

血圧を抑える効果も報告されています。
 
美味しくて体も喜ぶ
 
パープルスイートロードなのです。
 
食べない理由が見つかりません。
 
続いては、
 
シルクスイート。
 
こちらは時折、

スーパーマーケットでも見かける品種となりました。
 
近年、人氣急上昇中の品種です。
 
その名の通り、
 
シルクとは絹のことです。
 
まず特筆すべき特徴は舌触りにあります。
 
シルクのような滑らかがあるのです。
 
一般的なさつまいもが
 
木綿豆腐だとすれば
 
シルクスイート
 
絹豆腐の舌触りであると思ってください。
 
 
そして、その味、
 

甘さとその舌触りの
 
組み合わせで右に出るものはいないでしょう。
 
 
蒸しても

焼いても、
 
もう何しても美味しいのです。
 

以上、

パープルスイートロード氏

シルクスイート氏

を紹介しました。
 
 

パープルスイートロード
蒸しました←一口食べている写真です。

 

栽培方法について

続いては栽培方法についてです。

栽培方法は農家さんの数だけあります。
 
農家一人一人が各々思いを持って
栽培に取り組んでいますので
他の方のことはわかりかねます。
 
ですからここでは、

まなべ農園のやり方をお伝えします。
 
何より栽培に置いて重視しているのは
 
「全ては美味しい野菜のため」
 
にです。
 
大切にしているのが
 
野菜自身が本来の能力を発揮できるような
 
環境を整備することです。

 

寒ければ、ビニールハウスを準備したり
虫にやられそうであれば農薬をかけたり
草が邪魔だと思えば除草剤をかけてたり、
病氣を防ぐために農薬散布を行ったり、

環境整備を行うことです。
 
 
何かを施すにあたり
やるかどうかを決めるのは
 
野菜が望んでいるのか
必要なことなのか

です。
 
例えば、
 

肥料をあまり必要としないのに
肥料をたくさん与えたのでは、
 
生育が悪くなるどころか
味わいも美味しくないものになってしまいます。
 
 
作物の種類や
畑の土壌の状態
天候など
 
様々な要因を考慮して
 

農薬を使うのか
肥料を与えるのか
 
農薬を使わなくてもいいのか
肥料を与えなくていいのか
 
を考えるわけです。
 
 
当農園では、
 
農薬も化学肥料も
 
与えていません。
 
除草剤も使用していません。
 
理由は先ほど申し上げた通り、
 
美味しいさつまいものために
 
必要ではないからです。
 
もう一つ大切なのは、
 
人間にとってものびのびと畑で
 
過ごすことができるかということです。
 
私が上記にあげた、

化学薬品を使わない理由は、
 
化学薬品で苦しむ人がいるからです。
 
私の友人の一人は化学物質過敏症です。
 
その方とはしばらく一緒に生活しました。
 
そこでわかったのは、
 
化学薬品を使えばとても苦しい思いをする
 
という事実です。
 
当たり前ですが、全ての農薬は

安全です。
 
ですが、
 
それは全人類全員にとっての話ではありません。
 
体質によっては、
 
微量の農薬でも苦しむ人がいます。
 
私はそれを目の前で見てきたので、
 
農薬がどんな人にとっても問題ない薬品だ
 
とは口が裂けても言えません。
 
私は、野菜はもちろん、
 
人間にとっても快適な空間を
 
創り出すことが地球で生活する上で

当たり前のことだと感じています
 
ですから、私は

農薬の類は使いません。
 
他人が使うぶんには氣にしていません。
 
あくまで大切にしているのは
 
まなべ農園にとって
役に立つのか立たないのか

です。
 
 
そして、

もう一つ、
 
使っていないものがあります。
 
それは電氣柵です。


 

当農園は人口減少が激しい
 
中山間地域にあります。
 
農業の大きな問題の一つに

鹿ややイノシシなど
 
野生動物による害獣被害が挙げられます。
 
近所の農家さんも
 
口を揃えてこう言います。
 
「昔はこんなことなかった」
 
と。
 
では、なぜ、
 
近年、獣害が増えているのでしょう。
 
理由は一つしかありません。
 
人が住まなくなったからです。
 
人が住まなければ、
 
これまで耕していた畑や
 
管理していた山間は
 
荒れ放題になります。
 
渋柿も干し柿にして

人間が食べていたものが
 
そのまま放置され完熟柿になることで
 
野生動物の格好の餌となり、
 
豊富な食料で頭数も増え、
 
その結果、
 
畑の野菜や果物を食べに来る

という循環があります。
 
中山間地域は
 
野生動物からいかにして
 
野菜を守るかに四苦八苦しています。
 
そこでよく使われるのが
 
電氣柵です。
 
電氣柵は、強い電流が流れているため
 
動物もむやみに近づくことをしません。
 
ただ、野生動物の数は減るわけではないので、
 
どこかしらの畑に侵入して
 
作物を荒らすのです。
 
電氣柵は、獣害から身を守る

一時しのぎの手段とはなりますが
 
根本的な解決にはなりません。
 
 
 
火の用心をして

火事を起こさないことが大切であるのに
 
獣害対策に至っては、
 
火事が起こるのは仕方ない、
 
起きたら起きたで消化活動すれば良い
 
といった対策が取られています。
 
根本的な解決策は、
 
 
人が住む
 
畑を管理する
 
 
です。 
 
ただ、現状

人が住むには至っていません。
 
ですから、私は、
 
自分でできることとして、
 
畑の近くの荒れた竹林から
 
竹を切り出し
 
それを柵に使っています。
 
放置竹林や
 
生い茂った草の茂みは
 
イノシシの格好の隠れ屋となります。
 
整備することで
 
ここは人が住んでいるぞ
 
という合図を送り、
 
野生動物との距離感を適切に保つことができます。
 
ただ電氣柵を設置するだけでは
 
放置竹林は放置されたままです。
 
 
自ら体を動かし、
 
整備し、地球に生えているものを
 
資源として再利用する労力を惜しんではならないのです。
 
 
もう一つ、

動物福祉(アニマルウェルフェア)
 
の観点から説明します。
 
動物福祉とは
 
「動物が精神的・肉体的に充分健康で、
 幸福であり、環境とも調和していること」

をさします。

イノシシに作物を荒らされることは
 
本当に腹立たしいことです。
 
私も経験済みです。
 
怒りが込み上げて来るのです。
 
丹精込めた野菜を
 
ぐちゃぐちゃにされて

嬉しい人はどこにもいないでしょう。
 
 
でも、
私は理想の世界を生きたいのです。
 
獣害と呼ばれていても、
 
電氣柵に当たれば大変痛い思いをします。
 
それは動物に限らず
 
人間もそうです。
 
私もその経験がありますが
 
もう2度と経験したくない痛みです。
 
化学薬品を使わない理由と同じで、
 
使って人間が苦しむものを使っては
 
まなべ農園らしくありません
 
 
竹を切り出して柵を設置するのは
 
大変労力がかかります。
 
でも、
 
このやり方が中山間地域で
 
暮らしていくために
 
重要なことなのです。
 
 
いくら技術革新がおきても
 
問題を解決するのは
 
人間です。
 
道具が問題解決を手助けしてくれることは
 
ありますが、
 

道具が問題を解決してくれるのではありません。
 
作物や動物、
 
地球上にすむあらゆる生き物の
 
ことを考えながら
 
常にベストを尽くしてゆく
 
姿勢が当農園の哲学です
 

そしてそれが私にとって
 
理想の世界を生きるということでも

あります。

 

 
前置きが長くなりましたが
 
ここからは診断テストです。
 
 
次の3つの質問に答えていただくことで
 
当農園との相性がわかり 
  
 
本当に購入する価値のある
 
さつまいもなのかどうかがわかります。
 
次にあげる質問全てにNoなら
 
当農園のさつまいもは購入しないでください
 
きっと後悔しますから。
 
 
次にあげる質問全てにYesなら
 
是非ともご購入してください。
 
満足度200%で召し上がっていただけます。
 

YesとNoとが入り混じるようであれば
 
一晩寝て、また明日考えて見てくださいね。
 
質問は全てで3つです。

 

  1. ここまで約5,000文字ありました。読み飛ばしせず
    読んで来られましたでしょうか?
     
     
  2. あなたはさつまいもが大好きですか?
     
     そして次が最後の質問です。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     

     
     

  3. まだ世に出ていない、誰も氣付いていない

    さつまいものポテンシャル(潜在能力)を信じることができますか?

 

以上がまなべ農園の絶品さつまいもを買うか否かを手助けしてくれる
3つの質問でした。

 
 
 

販売について

 

まなべ農園のさつまいもは
 
全て私、真鍋が責任を持って

収穫、発送を行います。
 
今のところどの八百屋さんにいっても
 
販売していません。
 
 
さつまいもはコピペできませんので
 
売り切れの際は、
 
悪しからずご理解いただければと存じます。
 
 
冒頭でも申し上げてた通り
 
さつまいもは2種類お届けします。

割合といたしましては、

パープルスイートロードを2/3
シルクスイートを1/3
 
です。

ご注文が3kgの場合、

パープルスイートロードを2kg

シルクスイートを1kg

でございます。

尚、

生育状況によってはその割合が変更することも

あります。
 
 
尚、傷み等のリスクを考慮し、
実際には注文kg数+数百グラムで
お届けしています。正直お買い得です。

販売商品は次の3つです。  

 
 
送料は別途頂戴いたします。
お支払いは銀行振込のみの対応となります。
(振込手数料はご負担くださいませ)

 

◯3kg・・・3,240円(本体価格3,000円+税240円)◯
 
◯5kg・・・5,400円(本体価格5,000円+税400円)◯
 
◯10kg・・・10,800円(本体価格10,000円+税800円)◯
 
(本体価格+消費税8%)

 
*お届け本数のお約束は致しかねますが
参考までに3kgは15本前後となる見込みです* 

発送は、準備出来次第となります
注文から最大で10日ほどお待たせする場合がありますこと
ご承知おきくださいませ。

申し込みフォームはこちら↓↓↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/4a4abb53636423

 
送料例

関東地区へ3kg,5kgの場合・・・送料1080円

 

*基本セット販売は上記の通りですが
ご希望により、1kg単位での販売も可能です*
(最小単位1kg
最大単位20kg)
 
*まなべ農園一生に一度の秋冬野菜セットにも
さつまいもは同封されますのでご安心ください*
秋冬野菜セットの販売は11月頃を予定しています*

ご希望の方は、もしくは何かご質問がある方は
 
manabepark@gmail.com

まで一度お問い合わせください。

 

以上となります。
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございました。
 
笑顔あふれる食卓でお会いできるのを
 
楽しみにしております。

パープルスイートロードとイノシシ肉のホワイトシチュー

 

 

まなべ農園 真鍋和孝より

2019年9月14日満月の日に