前回はズッキーニについてお話しようとしましたら、
全く関係のない『キャピオカドリンク』
話題を持って行かれました。


 
↓前回のズッキーニその1
https://mana-park.com/sairekisho-zukin-10
 
でも、今回は、『キャピオカドリンク』
の誘惑にかられることなく、
ズッキーニ氏の素晴らしさをお伝えしたい所存であります。
 
 
しかし、
ズッキーニの素晴らしさをお伝えしたい
と考えているのに、
 
そういう時に限って、
ズッキーニの素晴らしさをお伝えできないのは
なぜでしょう。
 
 
これは、
 
【私は本当にズッキーニのことが好きなのか?】
 
と問い直す必要があるのかもしれません。
 

 
なぜなら、本当に好きであれば、
自然と、
 
・栄養素
・適した料理
・その生い立ち
 
など、
筍が生えてくるが如し、
次々とお話できるものだからです。
 
 
【私は本当にズッキーニのことが好きなのか?】
 
これに関して、
 
まぁまぁ衝撃的なのは、
 
18歳にして、
ズッキーニ初体験を経験したにも関わらず、
 
そういえば、
 
 
その後、
 
 

 
実際にスーパーで売られている
ズッキーニを購入した思い出が
見つからないのです。
 
 
10年もの歳月を経ながら

私は、何をしていたのでしょう。
 
 

 
10年間私は、
毎日毎日
いろんなものを食べてきました。
 
 
でも、
やっぱり、
 
人間の嗜好はそう簡単に変わるものでは

ないのかもしれません。
 
 
過去、
培ってきたご飯データーベースが
どうしても重要視され、
 
新参者のズッキーニさんは
 
アウトオブ眼中なのかもしれません。

 
友達と家飯の時も、
一丁前に恋人とご飯を一緒に作る時も、

そういえば、

ズッキーニを買って
家で料理したという思い出が
見つからないのです。
 
 
もしかしたら、
記憶の奥底に眠っていて、
 
私が思い出したくないだけ
かもしれません。
 
 
でも、本当に
本当に、記憶にないのです。
 
 
もし、ですね、
過去10年間で、
私が、ズッキーニ氏と関わりを
持っていたのであれば、
それはもう、どうしましょう。
 
 

 

 

去年書いたズッキーニ投稿で
好評を得たのがこちら↓
 
【ボンドを使わず、
カットしたズッキーニを再度固定させる方法】
https://mana-park.com/sairekisho-zukin-5
 
 
ふぅ。
 
どこの誰がカットしたズッキーニを
 
再びくっつけようとするのでしょう。
 
 
 
「次回はちゃんとズッキーニの魅力に迫ります!」
と書くから

それがプレッシャーとなり、

迫れないので、
 
「次回は、ズッキーニの魅力には
決して触れず、絶対触れず、

ズッキーニについて書きます!」
 
と予告して今回の投稿を終わります。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
まなべ農園 真鍋和孝
 
追記:野菜セットトマトが赤くなりましたら
出荷します。もうすぐです。
予約フォーム作成中です。
今しばらくお待ちくださいませ。