昨日、人参の草取りをして居ましたら、
トマトが超・発芽して居ました。超・発芽って??

昨日、人参畑の草取りをしていたら、

なんか知らんけれど、人参らしからぬ

姿で、超・発芽しているものあり。

なんじゃぁ〜〜〜
と思ったら、去年ここはトマト畑でしたから
そのトマトが土の中で冬を越し、
人参に被せてあった、あったかシートの下で
あったかそうに発芽したと思われます。
 

だから、多分、トマトです。
まちがっていたらすみません。

 
いや、謝ることはないのだ!

これはトマトに違いない!多分そうだ!

この姿をみて、【超発芽してるやん〜】という
言葉を思わず発したのであります。

昔、【仮面ライダークウガ】
という仮面ライダーがいました。

その変身は、『超変身』と呼ばれ、

変身を超える変身です。

つまり、すごいってことなのです。

つまり、

このトマトの発芽も、

【超・すごい】のです。
 

でも、そもそもどの野菜もみんな

【超・発芽】から始まって

今に到るのではないか。

と思い直しました。
 
【超・発芽】していたやつを

家に(?)持って帰って、品種改良して、

今に到るというわけです。
 

ですから、そもそも、

【超・発芽】能力が備わっているのが

野菜というか植物な氣がしています。
 
 
ですから、何が言いたいのかというと、

【超・発芽】能力を身につけている野菜は

本当にすごいということです。

そんなすごいものを私たちは食べている

ということです。

そして、そんなすごい能力を発見し、

今ここまで、一緒に暮らしてきた人類も

すごいと思うのです。

私は、変に謙遜して、

『人間は愚かで植物はすごい』

と言いたいのではありません。

私は、人間も植物も両方、
 

【すごい】

 
と思っています。

両方すごいのだからこそ、

お互いがお互いのすごいところを

発見することができ、
 

【種を次世代へさらにさらに次世代へ引き継ぐ】
 

という共通の目的に向かって過ごしているのでは

ないかと考えています。
 
 
つまり、

野菜も人間なしには、

人間も野菜なしには、

ここまで来れてない、

素晴らしい営みの積み重ねが今ここだと感じています。

野菜がすごくて人間がすごくない
人間がすごくて野菜がすごくない

ではなく、

両方すごくて、

その間にあるのはただただ

【関係性】ということです。

つまり、

こういうことです。

 

================

【種子が消えればあなたも消える】

し、

【あなたが消えれば種子も消える】

================

 

です。

せっかくのゴールデンウィークですから、

今一度、ゆっくりと

今日食べるもの、

一食でいいので

その野菜がそのお肉がそのパンが

そのうどんがその蕎麦がその焼き芋が

どこからやってきたのか?

想像して、妄想して、

よだれを垂らして、

素敵な一日をお過ごしくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

畑の様子を動画で

==最近のまなべ農園の人氣記事(私の主観による)==

○デート中、チャラ男に遭遇したらどうするか? 
野生動物キジから学ぶ、チャラ男撃退法○

https://mana-park.com/kiji

○【part1】遺伝子組み換え作物を栽培したい北海道の農家さんの声をお届けします○

https://mana-park.com/gmos-farmers1

○【part2】 遺伝子組み換え作物を栽培したい北海道の農家さんの声をお届けします○

https://mana-park.com/gmos-farmers2

=========================

===================

まなべ農園の公式ラインできました。
友達登録していただくと
ブログの更新通知が来ます。

自然を感じる写真もたまに送ります。
癒されてくださいませ。

お氣軽に質問、メッセージも
どうぞ♪

友だち追加