トマトの芽が出ました。
芽が出るなんて当たり前じゃないか
そう思った方はいませんか?
 
聞いておきながら、 
別に、
いてもいなくてもいいんです。
 
 
今回、タネを蒔いたトマト。

トマトの種は、
大玉のトマトです。

もしかしたら中玉に分類されるかもしれません。

どっちでもいいんです。
 
種は種屋さんで売っているので
タネを買ってきて
土に蒔けば芽が出てきます。
 

でも、今回はタネ屋さんから
タネを買わずに

昨年まなべ農園で収穫したトマトから
タネをとったものです。

↓↓詳しくは↓↓

まなべ農園でタネ採りをする理由

 
 
スーパーでは
トマトはトマトとして売られていますが
トマトにも名前が付いていて
品種と呼ばれてたりします。

桃太郎トマトとか
そういうのは見たことあるかもしれません。

ちなみに、
トマトを切った時に
中にある種みたいなのやつが
タネです。
 

上がポンデローザ
下がスーパーで購入

 
まなべ農園のトマトは

シャンゼリゼポンテローザ

という品種のトマトです。

ちなみに、

一般的には

ポンテローザ

と呼ばれています。

私は、なぜか、ポンテローザと聞くと

歌の、シャンゼリゼ♪
が流れてきますので

シャンゼリゼポンテローザ

勝手に呼んでいます。

八百屋さんに

「シャンゼリゼポンテローザの
トマトありますか?」

と聞いても

「何言ってんだこいつ」

的な目で見られるので

迂闊にシャンゼリゼポンテローザトマト
を探し回らない方がいいです。

なぜなら、

まなべ農園にしかないトマトですから。
 
 
ちなみに

シャンゼリゼがあろうがなかろうが

どっちでもいいです。

 

なぜ、

このタネがうちにしかないかというと

理由は簡単で

まなべ農園が世界で一つしかない農園で

畑も世界に一つしかないですし、

去年のクソ暑い時期を過ごした

ポンテローザさんの種は

私が採って初めて存在するものだからです。
 
 
まぁ、こう述べますと

本来、各畑に各品種というのが
当たり前な氣がしますが、
今回は深くは触れません。

 
で、この前、発芽するかなぁ

と思ってタネを蒔いてみました。
 

 

 
・ 
 
 
そしたら
 
 
なんと
 
 
 

芽が出たんです。
 
 

 
 
今回の投稿の
タイトルの時点でネタバレしていましたね。
 
 
冒頭で、

「タネを蒔いて芽がでるのが
 当たり前」

と思う人がいてもいなくても
どっちでもいいと申し上げました。
 
 
しかし私は、

マジで芽がでるのって
よく分からんし
ここから
トマトになって行くの
本当にすごいと思うし
芽が出たのは
ポンテローザさん自身であって、
私の力ではないし、
すごいなぁ

と思いながら居ります。
 
 
全部が全部発芽したわけではないのですが、

芽が出てきてくれて
ありがとうございました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あ、

最後に
ポンローザなのか
ポンローザなのか
どっちだったのか忘れました。
 
 
どっちでもよくないので
調べますと、
元々は、

ポンローザ

のようです。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
追記:
水仙の花が咲きそうです。
花をみて思い出すことがあるよ
ということに付いて今度書きます。
カブトムシ、デート、プレゼント
この追記は私のメモです。

===================

まなべ農園の公式ラインできました。
友達登録していただくと
ブログの更新通知が来ます。

自然を感じる写真もたまに送ります。
癒されてくださいませ。

お氣軽に質問、メッセージも
どうぞ♪

友だち追加