安納芋の
保存日数による味わいの違いを知るための食べ比べです。
収穫してからまもない芋と
収穫して3週間たった芋と味わいに違いがあるのか検証です。
 
 
 
ただ残念なことに、
他の条件が揃ってません(笑)
 
保存日数が味に影響を及ぼすことを
正確に知るためには、そのほかの条件を
揃えておく必要があります。
 
でないと、味が違う、ってなった時に
保存日数が本当に影響を及ぼしているのか
判別できないからです。
ほかのAという条件が味わいの違いを
もたらしたのでは?
とツッコミを入れられてしまいます。
 
安納芋

収穫後18日安納芋(左)
 標高800m栽培。A育苗店から苗購入。

収穫後3日安納芋(右)
 標高1,000m。B種苗店より苗購入。

詳細は省きますが、
安納芋でも種苗店によって特性が異なる場合があります。
よって、本当に正確な保存日数の違いを論文にすることは出来ないのですが、
面白いくらい味が違ったのでシェアします。

調理方法は、
土鍋焼き芋で、
余熱ロスタイム含め前後半45分ハーフの試合時間90分。
熱々ではなく熱が完全にとれてから。
 
まずは、3日後芋から試食。
次に18日後芋。
そしてまた3日→18日。

先日は、
収穫0日後の安納芋とりたて
やきたてを食べましたが、
その時はほくほくして
甘さもちょうどよく美味しかったです😋
 
 
食感の違い

3日の方は、
一昔前のカラーテレビ。
18日の方はハイビジョンテレビ、
と言った具合で違いがありました。
要は、18日の方が滑らかだったということです。
 
 
甘さ
 
1番びっくりしたんですけど、
始め3日後芋を食べた時は、
 
あー、美味いなぁ、
 甘さは控え目、美味しいよほんとに 🙂 」
 
 
ってもう満足して
お家に帰ろうかなと思ったのですが、
18日後芋を食べたら
 

「あらまぁ、
 こっちの方が甘いじゃん!とはいえ、
 3日後芋でも十分じゃろ。
 もっかい3日後芋食べよう

って3日後安納芋食べたらあらまぁびっくり!!

こんなに甘さがない芋はいかんじゃろ(笑)
 やっぱり、
 収穫して間もない芋は
 出来たてホヤホヤで
 甘さが感じやすい時に食べるのが
 ええですなぁ、姫よ 😉 」

って、お家に帰るのをやめました。

このように、
比べることで味の評価って変わりますよね。
常にゆらぎあるものなのです。

追記
安納芋って元々は、
戦中に石川県で育成された「兼六」って芋かもね、
という報告もあります。
その記事も以前書いたので興味のある方はどうぞ。

おしまい。

今日もありがとうございました。
 

☆まなべ農園公式ラインあります☆

https://lin.ee/lEs5Gy 
このURLをタップまたはクリックすると、
まなべ農園を友だち追加できます。
氣軽にメッセージのやりとりが できたり、
ブログの更新通知が来たり、
癒される写真が送られます。

ぜひ登録お願いします 🙂