もう、
さつまいも好きであることを隠さなくていいのです。
  

さつまいも予約受け付けページはこちら
 
これからの時代は
 
さつまいも好きであることを堂々と
  
公言して良いのです。
 

 
冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、テレビ、パソコン
電球、携帯電話…etc 
 
これらの家電製品は誰しもが
 
モテる時代となりました。
 
 
携帯電話持っていますか?
 
という質問に対し、
 
Noと答える人はほぼいないでしょう(日本国内において)
 
 
しかし、
 

まなべまなべ

【今、お家にさつまいもはありますか?】
 Do you have sweet potatoes at home now?


 
という質問には
 
 

【いいや、持ってないよ、さつまいもなんて】
 No, I don’t.

と答える方がほとんどではないでしょうか。
 
 
それもそのはずです。
 
 
農水省(H26)県庁所在地別一人当たりのさつまいもの
消費量によれば、
 
 
水戸市・・・2.4kg
高松市(香川)・・・992g
長野市・・・・880g
東京都・・・956g
 
 
です。
 
一本200gで計算すると
 
東京都にお住いの方は年間で
 
 
5本しか食べていないのです。
 
 
5本しか食べていないのです。
 
5本しか食べていないのです。
 
 
5本しか食べていないのです。

 
5本しか食べていないのです。

 
 
このような現状では、
 
【今、お家にさつまいもはありますか?】
 Do you have sweet potatoes at home now?
 

 
 
の答えがNoとなるのは必然です。
 
 
果たしてこの状況が好ましいと
言えるのでしょうか?
 

 
 

まなべ

『うしし、
 全て計算通り。さつまいもが居なくなれば 
 この世界も我のもの』


 
と企んでいる人にとっては好ましい状況でしょう。
 

しかし、
 
 
『なぜ、こんな素晴らしいさつまいも氏が
 年間5本しか消費されていないんだ、
 
 一番消費量が多い水戸市でも年間12本前後。
 
 このままでは、さつまいもの魅力がキャピオカドリンク
 に消されてしまう!!』
 
 

 
とさつまいもクライシスを感じている人にとっては
 
一大事です。
 
 
私は、結構さつまいもが好きで、
 
一番の思い出は、
 
19歳の頃、20kgさつまいもを爆買いしたことです。
 
高校を卒業してから
 
 
「あぁ、大人になったな、俺」
 
と感じた瞬間でもありました。

 
東京に出て社会人になった頃も
 
お昼ご飯は焼き芋でした。
 
 
なぜなら、
大きな焼き芋が税込204円で売られているのです。
それ食べればお腹いっぱいです。
  
  
しかし、ある時、悲劇はおきます。
この悲劇はまたのちにお伝えすることにして、 
 
  
今日、言いたいのは、
 

まなべ農園の美味しくて愛おしい
絶品さつまいもの予約を受け付け始めましたよ〜
 
 
ということを言いたかったのです。

 
 
栽培方法などくわしいことは下記予約受け付けリンク先に書いています。
 

https://mana-park.com/sweet-potato-love
 
今回お届けするのは2種類のさつまいもセットで、 
 
 
 
◇パープルスイートロード(紫芋)
 
◇シルクスイート
 
です。
 
超、美味しいということだけは申しあげて
今回の投稿は終わります。
 
尚、さつまいもはコピペできないので
数量に達し第受け付けを終了します。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 
まなべ農園 真鍋和孝=