ネヴァネヴァの代名詞オクラ。

昔は、オクラは湯がいて食べるものだと
思っておりました。


 
 
ところが、
歳をとるにつれ、
 
「オクラって生でも食べられる」
 
という情報を耳にし、
 
最近は生で食べる生活です。
 
畑で見かけたら、
 
パクリと食べちゃうのです。
 
 


 
家まで持って帰って、包丁でカッティングして
 
食べるのを待てばいいのですが、
 
畑でオクラを見ると
 
我慢できないのです。
 
 
オクラの花はハイビスカスに似て
 
好きです。
 
 

 
オクラは昨年タネをとりました。
 
今日、みなさんが食べたオクラの
中に

白いつぶつぶがあったと思います。
 
タピオカに似ているとも言われます
 
あの白いつぶつぶがタネです。
 
収穫もせず、オクラをずっと置いてますと、
 
お化けみたいな大きさになります。
 
それを枯れるまで放置して、

やっとタネがゲッツできます。
 
 

 
ちなみに、
 
一本のオクラに
 
何粒のタネが入っているかご存じですか?
 
数えた結果、

60-70粒くらい入ってました。
(私の記憶が正しければ)
 
 
ということは、です。
 
みなさんが今日食べたオクラ一本につき、
 
次世代のタネ
 
60-70粒分を
 
お腹に保存したということです。
 
 
これはつまり、
 
 
私たちはオクラくんが次世代に残したかった
 
60-70タネを食べたということです。
 
 
どうしてオクラは自分の
 
タネを食べる人間に対して
 
怒らないのでしょうか?
 

 
 
もし、人間が全世界のオクラを

お腹ペコリンこで今年食べてしまったら
 
オクラはこの世から消えてしまうのですよ。
 

前にもお話ししたかもしれませんが、 
 
どうして当たり前のように
 
毎年毎年発芽するのでしょう。 
  
 
 
ダークサイドオクラがたまには、
 
「次のオリンピックまで発芽しないでおこうぜ。
暑いし」
 
と言って4年に一度のペースで発芽するオクラも

いていいはずです。
 
 
なんで、
『毎年』というタイムスパンなのでしょう?
 
 
今度聞いてみたいと思います。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
まなべ農園 真鍋和孝
 
=関連記事=
 
・まなべ農園でタネ採りをする理由
https://mana-park.com/why-seeds
 
・種子が消えれば あなたも消える
https://mana-park.com/facebook2019-2-11
 
・まなべ農園の自家採種率を公開します
https://mana-park.com/jikasaishu