2019年度栽培のナス(真黒ナス)のたね採りを
しました。

 
なすというのは、
 

 
こういう感じの野菜であります。
 
この状態は、まさに食べどきで
今すぐ収穫してソテーにして食べるのが
よろしいかと存じます。

タネをとるには、
どうすればいいのかというと、
植物としての使命を全うすること
です。
 
タネというのは次世代へ
生命を繋ぐ営みです。
 
ですから、人間が食べたいときに
収穫してしまったのではいけないのです。
 
ずっと実らせておいて
冬になって枯れる、
 
そのときにタネを残せるのです。
 
私はそのタイミングで
こっそりナスからタネを
いただきます。
 
ここで写真を用意できればと
思ったのですが、
ありませんでした 😥 
 
ナスはそのままならせて置くと
ビッグサイズになります。
 
ビッグサイズになって、
雪が降る前くらいまで実らせておき、
満月の日に収穫し、
 
そこからタネを採ります。
 

 
何粒あるかわかりませんが、
とてもたくさんあります。
 
何せ、こんな小さな粒から
ナスが実り、私の胃袋に入って
糞となって出てゆく、
その過程はなんと不思議なことでしょう。
 
また2020夏にお会いできることを
楽しみにしております。
 

なす

 
おしまい。