昨日、
甘平や不知火について調べていたら
愛媛県の「かんきつ類の統計」
https://www.pref.ehime.jp/h35500/kankitsu/toukei.html
HPに行き当たったので、ぼんやり眺めていた。


そのページの中で、かんきつ類の収穫量の
データを見ることができたので、
さらにぼんやりと眺めていた。
平成24年度(2012)から平成29年度(2017)
のデータが載っていた。
愛媛県は、かんきつ類の種類がたくさんある。
例えば、平成28年度は、41品目のかんきつ類を
生産している。
次に多いのが和歌山で28品目。
たくさん種類があると楽しいので
どんな味がするのか想像を
膨らませながらデータを見ていた。
ただ全体的な生産量は減っている。
平成24年度は、
224,247トン
平成29年度は、
206,794トン。
約0.9倍になった。
47品目のデータをエクセルに打ち直して
どの種類のみかんが
生産量を増やしているのか減らしているのか
確かめて見た。
(=平成29年度/平成24年度生産量)
例えば、
「紅まどんな」は、3.2倍。
「甘平」は、2.8倍。
5年間で約3倍
生産量が増えたことになる。
(すごい!)
当たり前だが、減ったものもある。
「伊予柑」「八朔」は、
0.7倍。3割くらい減ったということだ。
でも一番びっくりした減り倍率が
日向夏」
なんと、
0.03倍!
9割以上も余裕で減っている!
嘘やん!むちゃくちゃ減っとる!と思ったけど本当じゃ。
こうして、倍率だけ見ると、
むちゃくちゃ減っている感じがするけれど、
そもそもの数字で見ると、
H24「日向夏」生産量
375.2トン
H29
14.7トン

確かにこれだけを見ても
すごく減った感じがする。
けれども、
「日向夏」が愛媛県全体生産量で
どれくらいの構成割合なのか
を見ると、
全体に占める構成割合
H24
375.2/224,247=0.17%
H29
14.7/206,794=0.01%
もともと、
0.1%くらいで
それが、0.01%になったということ。
上位生産量13品目
(温州みかん、伊予柑、不知火、
ポンカン、河内晩柑、なつみかん、清見、
せとか、愛媛果試第28号(紅まどんな)、
柚、甘平)
が全体の95%を占める。
残りの5%を占めるのが、
34品目の柑橘。
その中に日向夏も含まれる。
ちなみに、
温州みかん、伊予柑、不知火、ぽんかん、
の4大勢力は、h29年度生産量の約8割を占める
これまでは、生産量で見てきたけれど、
生産額で見るとさらに面白そう。
だけどそのデータを見るのが面倒なので
やめた。
何が言いたいかというと

お金になるみかんが
どんどん植えられて
お金にならないみかんは
伐採されてゆく運命にある。

ということである。
【これからの愛媛柑橘予想】:
毎日食べたい味の
温州みかん、伊予柑、不知火、ぽんかん、
の4大勢力は、生産量減らしながらも
僕らの胃袋を満たしてくれる。
八朔とか夏みかんとか食べるのが
面倒臭い系かつ酸味をよく感じ
美味しいやつも生産量を減らしながらも
僕らの胃袋を満たしてくれる。
超マイナー品種は、本当に一部でこっそり栽培される
くらいになるのだろうな。
高級フルーツを買うには
お金がいる。
日本国内で消費を増やすのなら日本国内の経済的な発展も
必要。でも、二極化が進んで、
別にみんなが所得増やさなくても、
高級フルーツを買う層が所得を増やしてくれれば
大丈夫かな(笑)
でも、輸出して海外の方が高値で売れるのなら
それも良い。けれど、
苗木が海外へ運ばれてそこで生産されたら
どんまい。シャインマスカットやいちごのように。
となると、
海外で品種登録して育成者の権利を守らないかん。
でも海外での事務手続き、鬼面倒臭そう(笑)
こういうのをちゃんとしとかな、損する一方。
紅まどんなは、2005年に国内で品種登録。
甘平は、2007年。
でも、
===
海外での品種登録については、UPOV条約に基づき自国内で譲渡開始後、4年以内(果樹など木本性植物は6年以内)に出願申請を行わなければならず、その期間を過ぎると品種登録はできなくなります.
==農畜産業振興機構HPより=
ということは、
2010年くらいまでに申請していなかったら
一生登録できんということだ。
マドンナとか甘平とか申請しているのかな?
シャインマスカットやいちごは海外流出耳にするのに
みかんは、あんまり聞かない。
中国のみかん事情も知りたくなった。
でもこうしていくと寝られないので
そろそろやめにしよう。
もう一度、法律の勉強せないかん。

おしまい。
不知火(しらぬい)
甘平(かんぺい)