お硬いタイトルではあります。しかし、
内容はとても柔らかく、お鍋で煮込んだような
味わいです。どうぞご賞味ください。 
 
白菜という野菜をご存じでしょうか?

初見の方もいらっしゃると思いますので
念のため、写真をあげます。
 
 

まなべ農園の白菜

 
スーパーでもよく見かける野菜のひとつだと
思います。
 
 
この葉っぱをよーく

よーく
 
 
よ〜く
 
 
ご覧ください。
 
 
何が見えますでしょうか?

 
 
はい、
 
 
さすがです、

 
 
多くの方がお氣付きになった通り、
 
 
トゲトゲ

 
 
が生えているのです。
 
 

 
 
トゲトゲといえば、
 
 
あの人はトゲトゲしい人だ

とか
 
 
今日の彼女はトゲトゲしている

とか
 
 
トゲ砥げ!さもなくば
あなたのトゲ砥ぐ任務を成し遂げることは
できないだろう。
 
 
といった、例文によく出てきます。
 
 
いかにも、
痛そうな感じがしますね。
 
 
畑には虫さんがいます。
 
 
それはもう、
 
 
白菜の葉っぱをかじる虫さんもいる

わけです。
 
 
ここで一旦、
虫さんの氣持ちになって観ます。
  
 
虫さんは、私が見る限り、
 
 
全裸で活動しています。
 
 
 
故に、
 
 
トゲトゲの上を歩くことは
 
 
とても痛いと思うのです。
 
 
虫業界から
わいら、服着てるで!
というクレームがきたら
真摯に受け止め、お詫びします。
 
 
私の見る限り、
 
 
彼らは
 
 
全裸で活動しています。
 
 

太陽エネルギーを利用するための
 
 
光合成をするための
 
 
大切な
  
 
葉っぱを 
  
 
このトゲトゲで守っているのですね。
 
 

ぜひ、みなさまも
 
白菜を召し上がる際、
 
 
葉っぱにもご注目ください。
 
 
最後まで
お読みいただきありがとうございます。
 
 
追記:
このトゲトゲのおかげで虫食いは
一切なくなるかといえば
そうではありません。

白菜の個体によっては、
虫さんがたくさん葉っぱを食べている
ものもあります。

ですが、畑全体で見れば、
ほんの一部です。

虫食いがゼロ!
なのも不自然ですし、

虫がいっぱい居りすぎる
のも不自然です。

ちょうどいいバランスがあるので

全部が完璧でなくて

良いと私は思っています。

この個体は、全体的に虫食い多し。でも、もしかしたら、この白菜さんのおかげで他の白菜が虫から食べられずに済んだのかもしれない。もしかしたら、この白菜は、虫に食べられるのが好きなタイプなのかもしれない。もしかしたら、服を着た虫さんによって、トゲトゲの効力を発揮できなかったのかもしれない。
もしかしたら、他にも理由があるのかもしれない。

 

以上です。