大根も育っております。
タネをまいて2週間ほどです。
葉っぱをよ〜くご覧くださいませ。


 

そうです、
 
写真左の大根は、とても綺麗なのに
写真右の大根は、葉っぱが虫に食われたあとが
たくさんあります。
 
 


これはなぜでしょう?


 
 
>左は農薬を使用したから<
 
→不正解。
 まなべ農園では農薬を使用しません。
 
 
>虫に食われやすい品種と
そうでない品種との違い<
 
→不正解。
 どちらも同じ品種(三浦大根)です。
 
 
自分で書いていてあれですが、
 
勝手に”不正解”とか
言われるとムカつきますね(笑

 
 
>標高が違うから<
 
→お、さすが、これは標高フェチならではの
目線かもしれません。
ちなみに、左(綺麗な方)は標高750mくらい
右(虫食い)は1,000mくらいの畑です。
 
 



 
このように考察していって、
 
標高の違いが大根の生育具合に影響を
与えているかもと結論づけてもいいのですが、 
 
それは早計というものです。
 
 
理由は簡単で、
 
他にも考慮すべき要因はたくさんあります。
 
・タネを蒔いた日も同じ日ではありません。
右(虫食い葉)の方が左に比べて早めに
タネをまきました。
 
 
・土壌の性質も違います。水はけの良し悪しも
違います。前に植わっていた作物も異なります。
 
日当たりも違います。
右の方が日中、日に当たっている時間は少しばかり
長いのです。
 
 
この中からどれが一番影響を及ぼしているのか
調べるのは大変なことなのです。
 
 
さらに、
 
何かしらの原因を探し出す際、
私たちは、
 
【自分の知っている物事の中から
 考える】
 
という生き物です。
 
つまり、知らないことを
 
これが原因だ!と思いつくこともしないのです。
 
もしかしたら、
 
その自分の頭の外(自分では知らない)にある要因が
 
大根の生育具合に影響を及ぼしているのかもしれないのです。
 
上に可能性のあるものを列挙しましたが、
その他にも
 
・何かしらの何か
 
が大きく関わっている可能性もあるのです。
 

(関連記事 
【食べることは生きること?】
 https://mana-park.com/sairekisho-sunnylettuce-3 )
 
 
 
しかも、いろんな事象が
複雑に絡み合っている可能性も高いのです。
 
 
これは、いつもいつも、 
 

まなべ

犯人はお前だ!


 
決め付けているあの少年名探偵でさえも、
 
 
原因はこれだ!
 
と決めつけるのは、
 
至難の技と言えるでしょう。
 
原因を探し出すのを諦め、
 
泣き出して家に帰るくらいです。
 
 
 
そんなことですから、
 
何が正解かはわかりません。
 
  
 
何はともあれ、
 
最終的に美味しい大根が収穫できれば
 
いいなぁと思っています。
 
 
最後までお読みいただき
ありがとうございます。
 
=まなべ農園 真鍋和孝=

☆客観的指標によるここ最近の人氣記事☆

私はクモの巣に絡まったとんぼを発見した。そして・・・
https://mana-park.com/facebook2018-8-27

畑にきのこが生えたのでご報告いたします
https://mana-park.com/hatake-kinoko
 
遺伝子組み換え作物にまつわる都市伝説や陰謀論とやらについて

https://mana-park.com/gmo-takaneno-hanakosan