今回の雪の高さは
ゆで小豆缶4個以上にはなろう。
 
ゆであずき
ちなみにこのゆであずき缶は
北海道産小豆使用。
井村屋さんのゆであずき缶には二種類あって、
外国産小豆を使用したものと
北海道産のものを使用したものとがある。
(ものもの、うるさい)

 

先日、
月島でにて国際安全保障の講座を受講した際、
偶然会場を間違えてしまい、
偶然スーパーに立ち寄ることになった。
 

 
なんとそこには!!!!!!!!!!!
ずっと探していた、
『北海道産小豆100%使用ゆであずき』
が置いていた!!!!!!!
やっと見つけた!!!!!!
 
超テンション上がって、
買おうとしたが
やめた。
なぜなら先日、我慢しきれなくなって、
アマゾンで
『北海道産小豆100%使用ゆであずき』を
3個購入したばかりだから。
送料込みで一個あたり400円近く費やした。
 

家に在庫は2つあるので
感情に任せ、餡子を買ってしまうと
いつか破産してしまう
 
今回は餡子煩悩を抑えることに
成功できたので自分を褒めたい。
 

ちなみに、
北海道産の缶は缶切りであけるタイプとなっている。
通常、パウチ状態、パカ式缶に入っていたり
するゆであずきであるが北海道産缶は、
食べるのに缶切りというハードルを超えなければならない
 
パウチやパカ式で販売しないのはなぜか。
(もしかしたら販売しているかもだけれども私は知らない)
 
 
小豆原価は、北海道産にくらべ外国産の方が安いはず。
しかし、井村屋さんは、北海道産だからと言って
販売価格を変えている訳ではない。
実際北海道産小豆を使った
ゆで小豆の方が安く売られている
今回の月島スーパーでは、
隣にパウチ状態のゆで小豆が売られていた。
パウチ状態(外国産小豆)のものは、
200g入りで200円くらい。
缶切り必要小豆は、210g入りで185円くらい。
つまり、
10円〜20円くらい
北海道産ゆで小豆の方が安く購入することができるのだ!!
 
一体これはなんなんだ?
もしかしたら北海道産小豆の方が安く仕入れることができる?
缶切り必要缶の方が梱包にお金がかからないのか?
などいろんな想像してみる。
結局
私がいろんなスーパーを歩いて事実としてわかったのは、
 
・缶切り必要ゆで小豆(北海道産)はあまり見かけない
・パウチ系統、パカ式缶はよく見る(外国産)
・値段は缶切り必要缶の方が安い
 

以上から推測するに、
井村屋ゆで小豆北海道産100%使用を見つけたら
喜んで買って食べよう!ということだ!
ただし缶切りが必要だけれども。
 
 

次回は、食べ比べた感想を投稿する。
 
 
追記:
 
うーん、結局、雪が降ったのはきっかけにすぎなくて
本当は餡子のこと話したいだけなのに、
雪が降ったことを冒頭に言いたくなるのはなぜだろう。
 
2020/3/29

 

そういえば思い出した話があって、
一年くらい前、
近所のおじいお爺さんがナンパテクを
教えてくれた。そのテクニックは
「善光寺までの道を聞くことをきっかけに話を広げる、
たとえ善光寺までの道を知っていたとしてもだ!」というもの。
今回もこの話に似ているな。
私はもしかしたら、
餡子ナンパしているのかもしれない。
 

=ナンパの話関連記事=
Gw(ゴールデン草)
 
=餡子関連記事=
あなたが食べるべき餡子はどこにある?? 〜超簡単!餡子欲の満たし方〜