農園の栽培方法をお伝えします。
結論から申しますと
「生き物に寄り添い人にも地球にも優しい」
栽培を目指しています。

なぜかと申しますと
全ては美味しい野菜のために。
です。

私はお客様に安心して美味しい野菜を
提供したいと考えています。
そのための手段として
上記に挙げた栽培方法を採用しています。

栽培方法は農家さんの数だけあると思います。
それぞれがそれぞれの思いを持って栽培しているので
「俺の栽培方法はこれだ!」
と一概に言えるものではないのです。

この記事を読んでいる方の中には
「無農薬栽培」「自然栽培」「有機栽培」
「自然農法」「○○流栽培」
など、多くの栽培方法を目にしている方も多くいらっしゃると
思います。

もし、私の農園の栽培方法をカテゴライズすれば
「無農薬栽培」に入ると思います。
ですが、
どんな栽培方法を採用するにしても

野菜が美味しくなければ
意味がない

です。

例えば、プロ野球選手のピッチャーが
「俺は○○流スーパーダイナミック投法を取り入れている」
と豪語したところで
ヒット打たれまくりホームラン打たれまくり
だとしたらプロとして失格でしょう。

私はどんな栽培方法を採用するにせよ
農家さん自身が
なぜその栽培方法を採用しているのか消費者に説明する
のが筋ではないかと思います。

例えば、
有機栽培。

スーパーにも有機栽培の野菜は並べられています。
実は「有機栽培」を名乗るには
公的機関からの厳密な審査をパスしなければ
なりません。

逆に言えば、パスさえすれば
有機栽培を名乗ることができます。

美味しい野菜を食べたいと思って
有機栽培のシールを頼りに
選んで美味しければいいのですが
正直「微妙」な野菜もあります。

栽培方法は魔法の杖ではありません。
これさえ採用すれば美味しい
というのは一種のオカルトでしょう笑

繰り返しになりますが
美味しい野菜ありき
なのです。

そのために栽培者の技術が必須
です。

私は安心で美味しくて健康な野菜を
提供するために時間を過ごします。

消費者が知りたいのは、
「何を畑に入れているか」
「どのように野菜が育っているか」
「怪しい薬品は使っていないのか」
など、
具体的な話題ではないかと思うのです。

それは有機栽培のシールだけを見ただけでは
わかりません。
なぜなら、有機栽培は多種多様な方法があるからです。
詳しくは
農林水産省のはじめての人のための有機 JAS 規格
をご覧いただければと思います。
(クリックいたしますと農水省のページに飛びます)

消費者が牛糞や鶏糞を使わずに育った野菜が
食べたいと思った時に、
有機栽培のシールを見ただけだと判断できないのです。
(別に牛糞や鶏糞を否定しているのではありません。
体質的にどうしても身体が拒否反応してしまう方がいらっしゃるのです)

野菜を食べて

①「この野菜美味しい」
→②「誰がどんな思いで栽培しているのだろう?」

と感じた時に知る権利が消費者にはあります。
逆に、

①「誰がどんな思いで栽培しているのだろう?」
と知った上で
→②「この野菜美味しい」
となるかもしれません。

順番は逆にせよ
消費者の知りたい!
に私は徹底的に答えたいのです。

なぜなら、
食は身体を構成する大切な要素だからです。
誰しも不味いもの、身体に悪いものを
口にしたくはありません。

食が身体を構成するものならば
食べているものがダメだったら
病気にもなるし精神的にも辛くなります。

ですから、
どんなものを食べているのかを知りたい時に
答えられる農家でありたいのです。

これからも動画や文字や写真を通して伝えて参ります。

最後になりますが
まなべ農園で畑に投入しているのは
「ボカシ肥料」と「草(植物)」
と呼ばれているものだけです。
ボカシ肥料の製作過程もオープンにしています。

これは、土中の微生物の働きを活性化させ、
植物が健康に育つ手助けをする意味で行なっています。

まず野菜が健康でなければ
美味しい野菜には育たない
と思うからです。

そのために土の環境を整えてあげるのが
私の役目でもあります。

ちなみに私の畑では、
農薬や化学肥料は使用しておりません。
使わなくても
美味しい野菜を提供できる
確信しているからです。

除草剤も使用していません。
草刈機や鎌を使って雑草は管理しています。

そのほか気になることがございましたら
問い合わせフォームやコメント欄から
質問してくださればと存じます。

より詳しい栽培方法の説明は
カテゴリー「栽培方法について」
の記事をご覧くださいませ。