先日、カヌレというお菓子を食べた。
でも、僕は、どうしてもこのお菓子の
名前が覚えられずにいた。
ぽぽー
 
まずは、この写真を。
 
これは先日、
 

美味しいものを食べました、
伊那谷野菜ペペロンチーノ、そばガレット、雑草などなど

↑クリックで該当記事にジャンプ(新規タブ)
 
でいただいたスイーツである。
 
本当に美味しかったので、
ちゃんと名前を聞いて帰ったのに、
 
家についたら忘れている。
 
思い出そうとしても、
 
ぽぽーなんとか、
という感じしか思い出せなくて、
 
すっかりなんの名前か忘れていた。
 
お土産でこのお菓子を
いただいたので友達にも
渡そうと思って、渡した時に、
 
「これは〇〇というお菓子だよ」
 
と教えてもらった。
 
のに、また、忘れた。
 
インスタグラムに
お菓子自慢しようと投稿しても
名前がわからないから
#でタグ付けできない。
 
ぽぽー
的な名前だったと思う、と書いたら
 
親切な方が、
 
「これはカヌレですよ」 
 
と教えてくれた。 
 
そうか君の名はカヌレ。
 
ぽぽー

本名を、
 
カヌレ・ド・ボルドー(cannelé de Bordeaux)
 
というらしい。
 
ぽぽーじゃないのね。
 
ここで何が言いたいのかというと、
 
僕は、なんか適当に名前を
つけてしまう癖があるということ。 
 
人生で一番初めに読んだ新書は、
 

怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか (新潮新書) 
 – 2004/7/1

という本だった。
 
中学生の頃、本屋に行って
面白そうだなと手に取った。
 
今、読み返しても
 
やっぱり面白い。
 
音の感じってあると思うんじゃけど、
 
音からイメージされる強さとか
弱さ、可愛らしさ、が
名前と合間って僕たちの
脳みそを刺激してくる。
 
ぽぽーは僕の中で
すごく小さくて可愛らしい名前。
 
これからもぽぽ〜って
呼ぼうかな。
 
でも、
 
君の名は、カヌレ。
 
忘れないように記録に残したまで。
 
ーおしまいー