彼は一人ぼっちで暮らす蜂をみて、
「君もひとりか、ドンマイやな 😉 」

と、
家に帰る度に蜂に話しかけていたのだった。
 
玄関のドアのすぐ近くに、
蜂が巣を作っていた。
 
その蜂を見ての発言である。
 
蜂からすれば、
 
なぜ彼にドンマイと言われなければならないのか?
 
と疑問に思っていたことだろう。
  
一体どこがどういう風にドンマイなのか、
 
意味不明である。
 
ちなみに、ドンマイ、
というのは、
 
英語で言うところの、
ネヴァーマインドにあたり、
 
氣にするな
 
という意味である。
 
彼は、蜂に向かって、
  
「何を」氣にするな 
 
と言いたかったのだろう。
 
おそらくこういうことだと思う。
 
人間は歳をとると、
結婚という行事に参加するものもいる。
 
そして30歳くらいが近くなると
周りの人間が結婚をし始め、
一人ぼっちの自分が
惨めに思えてくるのである。
 
これはあくまで推測である。
 
よって、
 
彼は、一人ぼっちの自分を
惨めだと思っており、
 
蜂さんに対しても、
 
 
「惨めな蜂さんよ、
 お主もいい出会いがなかったか、
 でも、氣にすることはない、
 
 結婚なんて
 してもしなくても同じなんだ、
 
 一人ぼっちの夜、
 幸せは雲の上に、
 上を向いて歩こう、
 
 そして、
 友達になろうではないか、」
 
 
と言いたかったのだと思う。
 
その想いを、
 
「ドンマイやな 😉 」
 
の一言に込めていた。
 
 
しかし、
蜂は、彼の惨めな視線など
無視し、
 
いつのまにか
 
パートナー蜂を連れて、
 
2匹で巣を作っていた。
 
 

 
 
そして、彼は、
 
「あれ!いつの間に!」
 
とびっくりしながら、
 
少し寂しくなったのである。
 
 
それから、
 
蜂の巣からたくさんの蜂が生まれ、
 

 
 

 
どれだけ蜂がおるねん、
 
というくらい、たくさんの蜂が
暮らしていた。
 
繰り返すが、
 
玄関のドアのすぐ近くである。
 
彼は、蜂同盟を結んでいたので
刺されることはなかった。
 
とはいえ、 
かつて 
「ドンマイやな 😉 」
で満たされていた
こころの風船は毒針に
刺されてしぼんでしまっていた。 
 
 
そして、いつの日か、
 
どんだけ蜂おるねん巣から
 
たくさんの蜂が姿を消していた。
 
みんな、旅に出たのだろうか。
 
巣には、
 
2匹の蜂だけが暮らしていた。
 
 

 
多分、老後の生活について
話し合っているのだろう。
 
 
しばらくして、
 
「おやっ?
 1匹しかいないぞ。
 
 しめしめ、
 
 再びドンマイやな 😉 」
 
 
と惨めな言葉を浴びせようとしたが、
 
巣の裏側でひっそりともう1匹が
隠れていたので、
 
 
「なんだよ、
 全然ドンマイじゃないじゃん 😥 」
 
 
 
ここぞとばかりに
ドンマイを言いたかった彼は、
 
内心、
 
巣の裏側で暮らす蜂を
見なかったことにして、
1匹の蜂だけを見たことにして、
 
再び、ドンマイやな 😉 
 
と言ったことにしようかと
迷っていたようである。
 
しかし、そのような行為は

見て見ぬ振りをすることに等しい、
 
と彼は自分の良心に従い、正直に、
 
 
「なんだよ、
 全然ドンマイじゃないじゃん 😥 」
 
 
と発言したのだと思う。
 

 

 

 
 
蜂が活動を始めて、
数ヶ月以上が経過していた。
 
 
彼は、蜂を見ない日はなかった。
 
毎日蜂を見ていた。
 
1匹の時も
2匹の時も
どんだけ蜂おるねんの時も
老後を迎えた時も

蜂を見守っていた。
 
 
「こうして自分も歳を
 とってゆくのだろう」
 
と彼は夕焼け空を見ながら呟いた。
 
「でも”こうして歳をとる”
 
 の中にある、“こうして”に
 
 どうして従う必要があるのだろう?」
 
 

色々考えていくうちにあたりは
真っ暗になった。
  
 


 

 

 
 
 
ある日のこと。
 

 
コンコン、 
 
 
「おいしいお芋があると聞いて」
 
 

 

 

 
 

そして、
 
 
君は、
 
 
いなくなった。
 
 
 

 
おしまい。
 

☆まなべ農園公式ラインあります☆

https://lin.ee/lEs5Gy 
このURLをタップまたはクリックすると、
まなべ農園を友だち追加できます。
氣軽にメッセージのやりとりが できたり、
ブログの更新通知が来たり、
癒される写真が送られます。

ぜひ登録お願いします 🙂