お金を使ってこその東京である。
お金で買えないものはないもない(嘘ですw)
そんな都会でできるだけお金を使わずに生活すれば
それなりのサバイバル感を味わえるのではないか、ふとそんなことを思った実践日記1日目。

もちろん、このためだけに東京にきているのではありません。
仕事をしに東京にきています。
ひとまずは1週間、宿泊費、食費等、
できるだけ抑えてサバイバルな生活を味わって見たいと思います。

2018年1月22日 午前6時30分 長野を出発し東京駅に着きました。
片道1,500円のバスです(←安いw)。
午後東京駅について、駅内のスタバで読書。

山本七平著「空気の研究」文春文庫 

http://amzn.asia/aqF1ZJf

自分の思考はどこからきているのか気になる年頃である(26歳)
僕は確かに日本人だけれども、
なんとなくその日本人という空気にのまれて
「昔から日本人ってこうだよね」と
疑いもせずその慣習を受け入れていた感じがあった。

それは、まずい。
常に疑問を持って世に接していないと自分が何者かわからなくなってしまう。
まさに、その場の空気に流されて、
自分で決めたことだと思っていても実は他人の価値観を受け入れてたりするものだ。

サバイバルから話は逸れました。
多分これからも時々逸れますがよろしくお願い致します。

そうこうしているうちに宿のチェックイン時間になったのでチェックイン。
ここで、5,600円の出費。一泊?のん。

 二泊?No。

三泊?ye,,,No

はい、そんなんです、
四泊5,600円というなかなか安い宿を見つけました。
一泊当たり、1,400円なり。

なんとまぁ。
最近はゲストハウスブームとでも言いましょうか、
東京にもたくさんの綺麗なゲストハウスができていますね。
今回泊まっているのは仕事場から近い、 
Tokyo Guest House Oji Music Loungeという宿。
(僕はこのゲストハウスの回し者ではありませんことを
申し上げておきます)

http://www.oji-music-lounge.tokyo/

共用ラウンジでは時々、演奏が行われるそうな。
残念ながら僕が滞在している最中には開催されなさそう。

そして初日早々に、
東京に雪が降ってなんかサバイバル感が出てきた(笑)

スーパーに行って食料でも調達しようと思ったが断念するかも。
とこんな感じで初日はお終い。明日から仕事!

今日の主な出費

宿泊費1,400円
電車賃(東京駅〜王子駅)165円
スタバ 345円
食費 行きのバス車内でのパン 537円
バス代(長野〜東京)1,500円

ただ東京に行って泊まるだけなら3,000円あれば事足りますね。