遺伝子組み換え作物を栽培したい農家さんの

声をお届けするシリーズ。

これまではなぜ

ビデオを公開するのかについて述べてきた。

[part1]ビデオ公開に到るまでの過程

https://mana-park.com/gmos-farmers1

[part2]反対したいから反対したい人へ

https://mana-park.com/gmos-farmers2

[part3]なぜ文字ではなくビデオ公開なのか?

https://mana-park.com/gmos-farmers3
 

 
要は、

私自身の反省があるからだ。

遺伝子組み換え作物について

詳しく知り始めたのは2016年あたりからだった。

その時は、ネガティブな面一辺倒しか見えていなかった。

いや、正確に言えば、

ネガティブな面しか見ないようにしていた。
 
 

なぜなら、

自分にとって都合がいいからである。

要は、ネガティブな面を見ることで

自分のやりたいことやっていることに対して

大きな自信を持たせよう、

そんな魂胆であった。

遺伝子組み換えを下に見ることにより、

有機農業の優位性を見ようとしていた。
 

今思えば、なんて性格の悪い人間だろう。

(今でもその癖は抜けていないかもしれない)

 
お前はダメなやつだ!

ということで

自分がやっていることが偉い

と表現したかったのだ。
 
 

しかし、振り返って見ると

これはどう考えても

健全なる思考ではなかった。
 
 

例えば、女性にアプローチをかける際、

『僕は君のことが好きだ』

と伝える代わりに
 

『僕は、B男はくそったれなやつだ

と声を大にして言う!!』
 

と告白するようなものである。

女性からしたら、

前者の言いたいことはよくわかるが

後者は

「だから結局、何?

私はB男のことが

好きだけれど。。。」

になる。
 

このケースで、

女性を「未来の食」

男性を真鍋に置き換えれば

さらにわかりやすい。
 
 

私にとって未来に残したい理想の食は

「美味しいもの」である。

その光景に向かって告白する時、
 
 

「遺伝子組み換え最悪やで!

くそったれなやつやで!

そんなやつは地球上から消えてしまえばいい!」
 
 

って告白するのと
 

「僕は君のことが好きだ」
 

と告白するアプローチ

どちらが健全だろう?

こう考えた時私は、

「僕は君のことが好きだ」

というアプローチを取ることにした。
 
 

つまり、

未来の美味しい食

に向かって

何かを蔑んだり

相手の醜さを答弁するのは

やめた。
 

自分は、正々堂々と

告白して振られる道(もしくは、両思いになる道)を選ぶ。

ここでいう正々堂々は、
 
 

「今の状況はこうこうこういう状況で、

 理想の食に向かってこうしている最中です」
 
 

という態度のことをいう。

そうして、

振られるなら振られればいい。

後悔はしないだろう。
 
 

両思いになれば、

それは素晴らしいことだ。
 

そのためにはまず、

現状を把握せねばならぬと思った。

いまは、

その昔に誰かが思い描いた食が実現されているはずだから、

その思いをちゃんと知ろうと思った。

もし、このまま生活していけば

理想の世界が待っているのであれば

同じように過ごせばいいし、
 
 

もしこのまま生活していけば

理想の世界から離れる可能性があるのであれば

修正せねばならぬ。
 
 
 ・
 ・
 ・
 
 

仮に遺伝子組み換え作物が

悪魔であるとするならば

有機農業は正義のヒーローだ。
 
 

遺伝子組み換え知り始めた当時、有機農業に興味があり、

農家さんの元で研修を始める前であった。
 

有機農業は、その言葉自体に

『遺伝子組み換え種子を使わない』

という意味合いが含まれている。
 
 

つまり、有機を名乗る時点で

遺伝子組み換え反対の姿勢を含んでいる。

有機農業界置いて、

モンサント社(現・バイエル社、遺伝子組み換え種子を販売する会社)は

悪魔の手下である。

そんな認識の中、

農業研修が始まった2016年夏に

「日本モンサント 遺伝子組み換え試験圃場 見学会」

へ参加した。
 

私は、

知的好奇心が旺盛な人間である。

よくわからないものを知ろうとするし、

よくわからない人にもついていったりする。
 
 

当時の私からすれば

「何!?悪魔の手下が正々堂々と見学会を開催するだと?

これはいかねばならぬ!」

と思った。

もしかしたら、

悪魔の手下にわざわざ向かう私は

狂っていたのかもしれない。
 
 

・黒魔術を使って
 ブラックホールに吸い込まれるのではないか?

 
 
・回転ドアに挟まれるのではないか?

 
 
そんなことを考えていた。

しかし、実際はそんなことはなかった。

その時の感想は

ここに記してある。

↓「遺伝子組み換えってどうなのよ?」
https://mana-park.com/facebook2017-08-25

 
 

お土産に、遺伝子組み換え乾燥大豆をもらった。

ただ、当時は食べなかったことを

正直に申し上げる次第だ。
 
 
 ・
 
 
 ・ 
 
  
 ・
 

かつての私は

もしかしたら、

有機農業に

完璧な姿を思い描いていたのかもしれない。

でも、年をとるにつれ、

人間世界の現実をちゃんと見るようになった。
 
 

それは、

完全なる悪

完全なる善

は存在していないという至極当たり前のことであった。
 
 

私は、有機農業は完全なる善に見え、

遺伝子組み換え作物は完全なる悪に見えていた。

しかし、それは

フィクションであった。

私の認識が歪んでいた。
 
 
有機農業は完璧であると

自分で勝手に思い込んでいたのだ。

その結果、

未来は暗いし、どうしようもないな。

と思ったり、

綺麗なものだけ

(環境にも全く負荷をかけず、

 誰にも迷惑をかけず、

 誰も傷付けず、

 誰もが美味しいというものを)しよう

そしてそれから少しでも逸れると

なんてバカなんだ。。

と自分を責めることも

現状を嘆くこともあった。
 
 

自分はキャピキャピしていたと思う。

キャピキャピしていれば自体はよくなるか

そうではない。

キャピキャピの先にあるのは、

キャピキャピである。
 
 

私は、未来の食に

キャピキャピを残したいのではない。

美味しいものを残したいのだ。

どんなものでも

100%完璧なものはない。

どんな人にとって有益なものはない。

そんな至極当たり前のことに

今更ながら氣付けているのである。
 
 

私は、有機農業と遺伝子組み換え作物とは

共存の道を選ぶ
 

お互いがお互いの足りない部分を

補えばいいと思う。

私にできることと

私にはできないこと

あっちにはできることと

あっちにはできないこと

不完全な完全を私は目指したい。
 
 

地球が丸いのは

いろんな多角形が合わさって

誰もが長所もあるし短所もあるし的な感じで

トゲトゲの多角形がうまいこと合わされば

地球になっていると思う。
 
 

私は

有機の野菜も
 
 

遺伝子組み換え作物が使われている食品も
 
 

伝統的な料理も、
 
 

一人で自炊する時も
 
 

誰かと自炊する時も
 
 

外食する時も
 
 

何かをいただいて食べる時も
 
 

結局は、
 
 

地球の食べ物が好きなのである。
 
 

だから私は、
 
 

野菜を栽培するし

 
タネもとるし、
 
 
遺伝子組み換え種子は使わないし、

 
 
遺伝子組み換え作物が使われた食品は食べるし、

 
美味しいものに目がないし、

 
食いしん坊だし、

 
 
そして、

 
 
美味しいものを
 
 

未来に残したいのである。

 

さて、

次回は、

遺伝子組み換え栽培したい農家さんの声を

お届けしよう。
 
 
 

標高1000メートルのにんにく畑より

 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 

このビデオを撮影するために

農作業を中断し北海道へ向かいました。

もちろんそのリスクも全て自分でとります。

私にとって、一次情報に当たるというのは

当たり前です。
 
 
しかし、当たり前のことをせず、

質の悪い情報提供者のせいで

遺伝子組み換え作物についての正しい知識が

広まっていないように思えます。

(質を見抜けない消費者側にも問題あるかもしれませんが…)

私は遺伝子組み換えについての情報を

正しく情報を伝えたいのです。

その姿勢に対し応援してくれる方の

ご寄付を募っている次第です。

ありがたいことに

現在、6,000円のカンパをいただけました!

500円でも
1000円でも
3万円でも構いません。

ちなみに、カンパがあってもなくても

1週間から10日後にはビデオ公開しますので

ご安心ください。

振込口座はこちらです。

銀行名:八十二銀行

支店名:本店営業部

店番(支店コード):210

普通預金
口座番号:1226103

noteというクリエイターノートにも
同様の記事を投稿します。
銀行口座に振り込む手間が省けます。

お振込いただいた方は直接お礼のメッセージを
送りたいのでSNSメッセージか
下記メールアドレスに
一言いただければ幸いです。

manabepark@gmail.com
まなべ農園;担当 真鍋
 

ちなみに今回かかった一泊二日のお金はこちらです。

飛行機:往復15,000円
レンタカー(ガソリン代高速代含む):18,000円
宿泊費(車中泊):0円
ーーーーーーーーーーー
計33,000円
 
 
以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

何か意見があれば
上記アドレスにいただければと存じます。

🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠

まなべ農園の公式ラインできました。
友達登録していただくと
ブログの更新通知が来ます。

自然を感じる写真もたまに送ります。
癒されてくださいませ。

お氣軽に質問、メッセージも
どうぞ♪

友だち追加

🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠🍠