part1(クリックすればリンク先に飛びます)と被る部分もありますが

どうぞ飽きずにお読み頂ければと存じます。

遺伝子組み換え作物を栽培したい農家さんの声を届ける
part2です。part1から目を通した方が流れがわかります。

今回は、

 【反対したいから反対したい
 遺伝子組み換え反対派の方へ】

メッセージ形式で投稿しています。

とはいえ、誰が読んでも大丈夫なように

編集してありますのでご安心ください。

現在、日本では遺伝子組み換え作物の
商業栽培はなされていません。

それは、

栽培したい農家さんがいないから

ではなく

栽培したい農家さんはいるが実現できていない

からです。
 
 
遺伝子組み換え作物にマイナスのイメージを

持っている方にとっては、

日本で栽培するなんてふざけている

とお思いかもしれません。

そんな危険なもの日本で作るなと。
 
 
一方、

日本にはたくさんの遺伝子組み換え作物が

輸入され利用されています。

日本に住んでいる以上その恩恵を受けている人は

99.999%いる

というのが私の見方です。
 
 
私は純粋に

栽培したいものを栽培する

というのが農家の姿であると考えます。
 
 
しかし

それが実現できていないのが現状です。

1996年から日本に遺伝子組み換え作物が利用され

始めて以降、日本において、

ネガテイブなイメージが常につきまとっています。

別に反対する人は反対でいいのです。
 
 
ただその反対が農家の栽培する権利まで

奪っているとなればおかしな話です。
 
 
なぜ、

消費者が生産者にまで影響を及ぼさなければ

ならないのでしょうか。
 
 
消費者が安心できるものを生産者は

提供すべきだ、

果たしてそれは正しいのでしょうか?
 
 
消費者のワガママが生産者を苦しめることに

なっていないのでしょうか?
 
 
私ははっきり申し上げますが、

オーガニック業界の

『とりあえず遺伝子組み換え反対』

の姿勢が氣になります。
 
 
一見すると、

遺伝子組み換えに対して何かの問題意識が

あり反対しているように思えますが実情は違います。

反対したいから反対したいのです。

私の農園では遺伝子組み換え種子は使いません。

反対すべき明確な理由があるからです。
 
 

オーガニック業界は

『遺伝子組み換え反対』の空氣が

流れています。
 
 
そして、大衆をみてこう言います。

『大企業の陰謀にみんな流されている。

 なぜ、自分の頭を使って考えないのか。

 遺伝子組み換えの本当の姿を知らないのではないか』

と。

しかしです。私に言わせればこうです。

『そういったあなたたちこそ、

 自分の頭を使って考えていないのではないでしょうか?

 遺伝子組み換えの本当の姿を知らないのは

 大衆ではなく、

 あなた自身です

場所が変わっただけで

結局やっていること(自分の頭を使って考えない)は、

同じです。
 
 
私にとって遺伝子組み換えの本当の姿とは、

遺伝子組み換えの真実のことをさします。

当たり前ですが、真実を知るには

一方からの視線だけではその姿を見ることができません。

かといって二方向からでもダメです。

最低三方向から物事を眺めてやっとこさ

立体的に物事を見ることができます。
 
 
オーガニック業界は往往にして

遺伝子組み換えのネガティヴ面ばかり強調しています。

その理由については今回深追いしません。
 
 
ただ、真実を知りたいと思った時、

ネガティヴ面だけを見ていては

正しく認識できないでしょう。

真実は自分の観たくない場所も観なくてはなりません。

突かれると痛い場所です。

しかしそこを突いてくるのが

敵です。
 
 
オーガニック業界にとって“敵”とは

遺伝子組み換え種子を製造する

企業であったりするわけです。
 
 
当たり前の話ですが、

敵をやっつけたいのであれば

その弱点を知る必要があります。

敵をやっつけたくないのであれば

別に知る必要はありません。

ただ、

本当はやっつけたくないのに

思考停止の口先だけの

「打倒・遺伝子組み換え!」

声高々に叫んだ結果、

が農家を苦しめていることに繋がっていたら

それはそれはもう大変なことです。
 
 
オーガニックに関心のある方であれば

生産者を応援したい

とそんな思いもあることでしょう。

あなた方が使う生産者という言葉に含まれるのは、

有機農家さんだけですか?


 
 
遺伝子組み換え作物が日本に入ってきて

20年以上になります。

これから日本に入ってくる遺伝子組み換え作物が

増えようが減ろうがゼロになろうが

あまり関心がありません

私に関心があるのは、

『不安なら不安で

 何に対して不安を抱いているのか

 自分で調べてできるだけ不安を軽減して

 生活するのが精神的にも健全なはずなのにも関わらず、
 
 
 自分では何もせず、知人B(噂話など)さんの

 話にばかり耳を傾け、

 その不安を巷で発散し、

 予期せぬ場所にまで

 恐怖を植え付けた挙句、
 
 
 結局は、

 何となく不安のまま普通に生活する

 ことの謎の習慣ははどこからやってくるのか?

です。

私なりに仮説をいくつか立てていますが
ここでは割愛します。

私は、

一人一人の正しい知識に基づく

消費行動がもっと広がればいいなぁ

と思っています。
 
 
正しい知識の中には

別の視点から物事をみる

も含まれています。
 
 
遺伝子組み換え作物反対であれば
賛成派の意見をじっくり改めて観る、
 
 
遺伝子組み換え作物賛成であれば
反対派の意見をじっくる改めて観る、
 
 
ということを提案いたします。 
 
part2投稿は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は

【ビデオを公開する意義】

について書きます。

ーカンパ(寄付)のお願いー

このビデオを撮影するために

農作業を中断し北海道へ向かいました。

もちろんそのリスクも全て自分でとります。

私にとって、一次情報に当たるというのは

当たり前です。
 
 
しかし、当たり前のことをせず、

質の悪い情報提供者のせいで

遺伝子組み換え作物についての正しい知識が

広まっていないように思えます。

(質を見抜けない消費者側にも問題あるかもしれませんが…)

私は遺伝子組み換えについての情報を

正しく情報を伝えたいのです。

その姿勢に対し応援してくれる方の

ご寄付を募っている次第です。

ありがたいことに上映前に
カンパしていただいた方もいらっしゃいます。

500円でも
1000円でも
3万円でも構いません。

ちなみに、カンパがあってもなくても

1週間から10日後にはビデオ公開しますので

ご安心ください。

振込口座はこちらです。

銀行名:八十二銀行

支店名:本店営業部

店番(支店コード):210

普通預金
口座番号:1226103

noteというクリエイターノートにも
同様の記事を投稿します。
銀行口座に振り込む手間が省けます。

お振込いただいた方は直接お礼のメッセージを
送りたいのでSNSメッセージか
下記メールアドレスに
一言いただければ幸いです。

manabepark@gmail.com
まなべ農園;担当 真鍋
 

ちなみに今回かかった一泊二日のお金はこちらです。

飛行機:往復15,000円
レンタカー(ガソリン代高速代含む):18,000円
宿泊費(車中泊):0円
ーーーーーーーーーーー
計33,000円
 
 
以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

何か意見があれば
上記アドレスにいただければと存じます。

===================

まなべ農園の公式ラインできました。
友達登録していただくと
ブログの更新通知が来ます。

自然を感じる写真もたまに送ります。
癒されてくださいませ。

お氣軽に質問、メッセージも
どうぞ♪

友だち追加