いつも投稿をお読みくださりありがとうございます。
 
今回は
【遺伝子組み換え作物との付き合い方〜私の意見〜】
というタイトルで投稿します。
 

 

結論から言えば、

 
 
まなべの意見まなべの意見

『まなべ農園では
遺伝子組み換え作物(GMO)は栽培しません。
 
消費者の立場として今現在、
私はGMOの恩恵を受けています。
これからもその恩恵に預かり続けるでしょう。
  
 
自分が栽培しないからと言って
地球のどこかで栽培している人に向かって
“GMOやめろやぁ!”というつもりはありません。
  
 
そして、
これからその技術を使って地球の発展に
寄与していく人の邪魔もしません。
  
 
かと言って積極的に
応援していくかと言えば、
それは微妙なところではあります。
  
 
ファーストフードの
あのガツンとした
美味しい食事もたまにはしたいし、
  
 
オーガニックの体に染み渡っていく
優しい感じの食事もしたいし、

たまにはお菓子食べたいし、

たまにはお肉食べたいし、、、
  
 
という美味しいものが

大好きな私です。

  
 
このような食事をしていく以上、

GMOを応援していくことに

繋がってはいるのです。

 
私にできることは、
 
自分の理想とする世界を今、
生きることです
 
私の理想は、

いろんな人がいて良いってこと。

 
いろんな人の人生を邪魔しないこと。
 
自分の人生を生きること。』

 
 
「Food Evolution(フードエボリューション」
という映画の
日本語訳版が日本で初めて上映されると聞いて
東京を訪れました。
 
この映画を見ようと思った理由は
 
 
遺伝子組み換え作物
賛成派反対派双方が科学に基づいて
正当性を主張する映画だったからです。
 
 
監督のケネディさんも
 
 
「私はGMO賛成でもオーガニック賛成でもなく、
 “科学を重んじている”」
 
 
と述べてこの映画を作っています。
 
(もちろん、科学に100%はありません。
 絶対はありません
 科学は調査をし続ける旅のようなものだと
 GMOパパイヤを開発した方が映画の最後に仰っていました。
 本当にその通りだと思います。)
 
 
監督が賛成の立場で映画を作ろうとすると
GMOの賛成を支持する論文、
意見しか見えなくなります。
 
 
逆も然りで
反対派の立場でスタートすると
GMOを賛成を支持する論文、
意見しか見えなくなります。
 

この映画の面白いところは、
 
 
賛成派反対派、
両方の立場の方を登場させ
ているところです。
 
つまり、、、
 
 
 
「この人はこう言ってるで〜

 あの人はこう言ってるで〜

 世界ではこういう状況が起こってるで〜


まぁ、
 
この映画を観た人がどう感じるかは
 
 

 
 
知らんけどな
 
 
 
という映画です。
 
 
判断を観た人に委ねる。
 
個人的にこれが大好きなのです。 
 
 
「映画をみた人がどう感じるかは知らんけど、」
 
 
の姿勢が大好きなのです。
 
これは、
私のまなべ農園の公式サイト
に共通するものがあります。
  
 

「誰だって、判断するより、
 むしろ信じたい
 
 

古代ローマの哲学者セネカの言葉です。
 
 
遺伝子組み換えについてもそうです。
 
 
私自身は
自分で情報を仕入れ、
 
自分の感じたことを文字に起こしています。
 
 
私の文章を信じないでください
言っています。
 
 
この文章を読んだ人が
 
面白いと思うか
良いと思うか
悪いと思うか
面白いと思うか
信じるか
信じないか

という判断は
 
この文章を読んでいる
今、まさに
あなたに委ねられているのです。
 
 
で、
 
つまらない
 
と思ったら
 
次からこのサイトに訪れなくて
大丈夫なのです。笑
 
食べ物も同じ
 
 
自分の行動が
全てを物語っています
 
 
そして、
 
 
まさに、

自分のしている行動が
理想の未来を生きることでもあります。
 
 
では、
ここからは、
 
 

映画の内容をおさらいしていきます。

 
 
何せ、1時間くらいの映画の中で
 
10人近くの方が
登場した映画です。
 
 
 
場面かコロコロ変わっていったので
私のメモが追いついたところや
自分の感じたことを書いていきます。
 
 
 
この人面白いなと思った人が
 
イギリスの
「マーク・ライナス」氏です。
 
この方は、当初、
遺伝子組み換え作物の反対運動を
主導していました。
 
ところが、
 
2013年に
 
自分のしてきた反対運動を謝罪し、
GMOはこれからの
人類に必要な技術であると、
 
考えを180度変えました。
 
私は、
 
この姿勢は非常に素晴らしいと思います。
 
それは、
 
反対→賛成
 
に回ったということではなく、
 
現実を観たときに
自分のしてきたことを
振り返って、
謝罪したという姿勢に
対してです。
 
 
 
 

反GMOの運動を主導している

方も登場しています。

 
 
使われる除草剤の使用と
自閉症患者が増加について
述べられていたり、
 
 
母なる食べ物に
手を加えていいわけないという主張
があったり、
 
 
母親の書いたブログは信頼するけれど
科学者のいっていることは信頼しないよ。
 
などなど。
 
 
 

映画の中で

アメリカのディベート番組が
紹介されます。

 
 
遺伝子組み換え作物賛成
遺伝子組み換え作物反対
 
に分かれ、
意見をぶつけ合います。
 
ここで興味深かったのが
ディベートが始まる前
 
遺伝子組み換え作物賛成反対
は共に30%くらいで
残りの40%くらいの人は
どちらでもない感じです。
 
 
いざ、ディベートが始まり
議論が終わると
 
賛成は
30%から50%〜60%
くらいに増えました。
(正確な数字はメモ忘れ)
 
反対は、
31%から32%に
増えました。
 
 
もちろん、
 
このディベート
番組のスポンサーは?

 
観衆はどういった人が
参加しているのか?

ディベーターの腕前は?

 
とか、
そういった視点も大切です。
 
 
ちなみに、
今回の上映会は、
 
バイテク情報普及会
さんから
資金提供を受けて上映に至っているそうです。
 
念のためお知らせまで。
 
 
 

ハワイのパパイヤ農家

ウガンダのバナナ農家

 
 
病気で作物が
 
次々と枯れていく中、
 
遺伝子組み換え作物の技術は
 
農家の生計を支えることに繋がり
 
その土地で暮らしている
 
人々の職、食を支えることになりました。
 
遺伝子組換え反対派の人が
 
パパイヤ農家さんに
 
「GMO反対!」
 
と言ったとき、
 
パパイヤ農家さんは
 
「お前は、誰だ?
 俺は、農家だ!」
 
的なことを言っていました。
 
 
農業者の
主権はどこにあるのでしょうか?
 
 
農業者の栽培するものは
誰が決めるのでしょう?
 
 
ウガンダではバナナに
病気が広がっていました。
 
それを食べる人も生産者も
被害を受けています。
 
被害にあっているバナナ農家さん
の様子も
伝えられていました。
 
 
ウガンダ語で話されていて
翻訳はされていませんでした。
 
 
が、
 
表情から、
 
バナナの木が枯れていく姿に
心を痛めていることは
感じ取れました。
 
そんな中、
病気にかからないGMOバナナの
研究がなされて
いました。
 


 
GMO反対運動で
印象に残った場面

2003年、イギリスで
GMO試験栽培していた畑が
破壊されました。

植えてあった作物を根こそぎ
引っこ抜いていたのです。
 
小島正美編
「誤解だらけの遺伝子組み換え作物」

2003年に日本で試験的に栽培していた
遺伝子組み換え大豆畑が潰された事件について
も書かれてあります。
 
 
ちなみに、
私の畑に何者かが
侵入し、

作物を引っこ抜いたり
除草剤をかけようもんなら、

当農園オリジナルバズーカー
「カメムシバズーカー*」
使用し、追い払います。

 
 以上、ざっと、
印象に残った場面を取り上げました。
 
 
 
 
 

 
 

私は、
 
賛成の人を
反対にしようとは思いません。
 
反対の人を
賛成にしようとも思いません。
 
人を変えることはできないからです。
 
 
改めて
この投稿で主張したいのは、
 
 
自分自身で選びましょう。
(選択肢があるうちに)
 
 
ということです。
 
 
選ぶことができるのは

選ばれるものがあるからです。

選びたい時に

選ばれるものが存在していなければ

選ぶことすらできません
 
 

正しい選択(自分の望むものが
食べられる)

するためには、
 
 
グーグルの検索結果のような
ものだと思います。

自分の調べたいこと

「ポップコーン 炒め方」

と調べて

「アップルパイの作り方」

が出てきては困るのです。

食に関してもそうです。

「GMO食べたい」

「GMOじゃないものが食べたい」

「無農薬で美味しい野菜が食べたい」

「美人になれる大根が食べたい」

という検索をして

それをちゃんと選択できる

食があるのは

いいことだと思っています。
 

私は、正直、

このまま自分が何もせずにいると

「美味しい食べ物」

を食べたい時に、

「20XX年に無くなりました」

という未来もみえたので、

じゃあ、

まずは自分で

ということで

農民になりました。
 
 
よし!

この投稿を読んで

いざ!

自分の食べたいものを
食べるんだ!

という時に、

スーパーに

並んでいる食材を

選ぶとき。

まず、

スーパーの担当者目線が入っている

品揃えだと認識しておくことは

重要です。

これは、

本、新聞など

の情報も全てそうです。

誰かのフィルター

通して、

そこに並べられています。

くどいようですが、

賛成派の意見だから
反対派の意見だから
〇〇新聞に書いてたから
〇〇さんが言ってたから

正しいのではありません。

どの場合にも

見えている(みている)世界

見えていない(みえない)世界

があるのです。

見えてても

意図的に、
見せていない場合もあります。

それは
私にだってあります。
 
 
自分が見えている(見ている)世界も
自分というフィルター
を通して
 
 
映し出されているものです。

フィルターを通している以上、

見えていない部分があるのは

仕方がありません。
 

仕方がないからといって、

みたくない部分に顔を背け

続けるのも自由です。

 
ただ、

それを分かった上で

知った上で

選択していくということです。
 
 
情報リテラシーを一人一人が

身につけるのも大切です。

でないと

物事を正しく観る

のは難しいでしょう。
  
  
 
もちろん、

この文章も

まなべフィルターを通してみえた

感想を書いています。
 
 
そろそろお終いにします。
 
 
遺伝子組み換え作物について
考える時

研究者の視点
タネを販売する企業の視点
政府の視点
投資家の視点
農家の視点
小売販売者の視点
機械メーカーの視点
農薬会社の視点
消費者の視点
食品流通会社の視点
地球側の視点



複数の視点から観ることは大切です。

例えば、
農家の視点でGMOをみる時、

アメリカのような、超がつくほどの
大規模で農業をしている農業者

私みたいに、超小規模で
無農薬で野菜を栽培している農家

このあげた2つの例以外にも
たくさんの農家像があります。

消費者にしても同じです。

お子様をもつ家庭なのか

私のような独り身の人間なのか

健康状態がどういう状況にあるのか

現実はどうでしょう?

あなたが大嫌いな、諸悪の根源だ

と思っている
農薬メーカーの社長さんも

家に帰れば
家族の一員かもしれません。

あなたが嫌悪しているGMO作物

で命を救われた人が

いるかもしれません。

 
この世に完璧な人はいません。

誰もが善悪の両面を持っており

家族の顔を持っており

誰かの恋人であったり

誰かの友達であったり

誰かの子供であったり

するわけです。

 
私はそれら諸々含め、

言論をかわしていくことが

フェアな視点だと思っています。
 
 
 

まとめ

 
自分の恋人に

自分の家族に

自分の子供に

〇〇を食べさせたい!

と力む前に、

自分が食べたいものを

自分自身が食べる、
 
食べている

が先だと思います。
 
 
にしても、
 
 
なんで人って

食べ物、食べるとき

しあわせそうに

笑顔になるのでしょうね
 

私はそうした

笑顔のある食卓を

彩る野菜をこれからも

提供していきます。
 
 

 
 

追記①
今回の上映会を
訪れたもう一つの理由。

それは

文中でも紹介した本

「誤解だらけの遺伝子組み換え作物」

を編著者でもある小島正美さんに

会いにいきたかったから

というのもあります。

私は、本は

著者のCDにだと思っています。

もっと楽しみたいなら

ライブ会場に足を運ぶのと同じで

著者に直接会うというのは

私のとってとても楽しいひと時だからです。
 
 
上映会を主催されていた
に用意されていた

クロストークにも

高校生や
北海道の農家さん
大学教授
も出席されており

いろんな意見が聞けて
本当に楽しかったです。

これから

もっと深い一次情報に
触れていきたいと思います。

 

追記②

*カメムシバズーカーって??

まなべ農園で開発がすすめられていた
カメムシを使ったバズーカー砲。
(通称:カメバズ)
時には、仲間もを死に至らせることが
あるカメムシの匂いを利用する。

開発途中、とある消費者団体より
 
 
「発射されたカメムシの匂いが人間に
くっついた際、どのような影響が出るのか?
健康への被害はないのか?」
 
 
という質問状が届いた。
これに対し、

まなべ農園カメバズ研究チームは
 
 
「研究の結果、科学的に
 安全だと証明されています。」

と答えた。

それに対し、消費者団体は
 
 
「カメムシの匂いは薄まっても
消えることがありません。運が悪ければ
死んでしまう人も出てくるのでは?」

それに対し、研究チームは、
 
 
「塩を大量摂取すれば、死にます。
ですが、十分に薄めて飲めば影響がありません。
塩に閾値があるのと同様に
カメバズにも閾値があります。

むしろ、塩を取ることは人間が生きる上で
欠かせないことです。
それと同じで、
カメバズもこれからの人類の生活に
欠かせないアイテムになってきます。

普段の生活の中で意識せずとも
私たちはカメムシの匂いを被っています。

ただ、正直なところ、
先ほど、閾値があると申し上げましたが
 
 
ぶっちゃけよく分かっていません。
 
 
それに対し、消費者団体は、
 
 
「なるほど。
では、仮にカメバズが
暴走し、その地域全体に匂いが広がったとします。
そうした場合、まなべ農園さんでは、
匂いの除去を徹底的にしてくれるのですよね?」

それに対し、研究チームは、
 
 
「暴走しないように予防的措置
をとらせていただきます」

それに対し、消費者団体は、
 
 
「私たちが聞いているのは、
カメバズが暴走した後の話です。」

それに対し研究チームは、
 
 
「10億年に一度起こるか起こらないか
だと想定されますので、問題ないかと」

それに対し、消費者団体は、
 
 
「10億年に一度が運用し始めて
20年後に起こる可能性もありますよね?

あなたたちが生きている間にも
カメバズは暴走し始める可能性があります。

暴走した後の話を教えてください。」

それに対し研究チームは、
 
 
「リスクをゼロにすることはできません。
飛行機に乗ってても墜落する可能性はあります。
ですが、社会的なメリットを考えた際、
事故を起こすリスクより
メリットの方が大きいので運用していくのです。」

それに対し、消費者団体は、
 
 
「カメバズが社会にもたらす
メリットを
教えてください」

それに対し、研究チームは、
 
 
「それにつきましては、
よくわからないので後日答えさせていただきます」

それに対し、消費者団体は
 
 
「では、なんのために、カメバズの
研究をしていたのですか?」

それに対し、研究チームは
 
 
「面白そうだなぁ
と思いまして、、」

それに対し、消費者団体は
 
 
「カメムシをやっつけるバズーカーではなくて
カメムシの匂いを利用したバズーカー
と聞いて実はとても氣になっていたんです。」

それに対し、研究チームは、

でしょ?
ことの発端は、
世界で使われている戦争の弾が実弾ではなく
匂いとかだったらいいのにと思いまして。」

消費者団体
 
 
「撃たれたらバナナの匂いがするとか?
焼き芋の匂いがするとか?ですか?

超楽しそうですね♪
自国の国の美味しい料理の匂いを
相手国の兵隊さんに発射するわけですか。

そしてどちらかの兵隊さんが
我慢しきれなくなって相手国に

“あんたの国の飯が食べたい!”

と足を踏み入れたら負けなのですね。」
 
 
研究チーム
 
 
「はい、例えば日本ですと
お味噌汁風味の匂いを発射します。
うなぎを焼いている匂いとか。

普通、足を踏み入れた方が
勝ちなのですが
このゲームの面白いところは
相手を自国に踏み入れさせた方が
勝ちというところにあります」
 
 
団体
「でも、あれですよね。
ゲームしあっている最中は、
相手の国の料理の匂いが漂ってくるのですよね。」
 
 
チーム
「はい、仰る通りでございまして、

 結局のところは、、」
 
 

 
 

 
 

 
X年後
 
 

ゴリラ

「この味噌汁めっちゃうまいですやん!」


 

  
 
まなべ


でしょう?
 ここに入っている野菜も世界を旅して
 来たんです。

あなたがたが食べさせてくれる
 焼き芋もきっとそうなんでしょうね

 


 
 


 
  
 
 
 
 
 ↑
شكرا لكشكرا لشكرا لكشكرا لك ??」

『なんか昔、カメムシバズーカー
を研究するのに使ってたらしいけど、
詳しいことは知りません。』
  
 
 「شكرا لكشكرا لشكرا لكشكرامرحبا هناك

لكشكرامرحبا هناك

لكشكرا لشكرا لكشكرا لك!!」 
 
  
 

 
 

 
 

 
  
彼らはカメムシバズーカーを

焚き火の中に放り込んだ。

 
 

 
 
そして
 
 
空を眺めては
 
 
空の美術館
 
 
深呼吸をし、
 
 
白い息をはいた。
 
 
火をみつめては
 
 
夕焼け空を眺め、
 
 
 
 
 
太陽に手を振り、
 
 
手を合わし、
 
 
再び火をみつめて、
 
 
満点の星空を眺め
 
 
流れ星に騒ぎ
 
 
 
火が消えかかっていた

その時、
 
 
 


 
 
こっちにも満点の星空が

みえますねぇ…
 
 
と誰かがつぶやきましたとさ。
  
 
fin.
 

 
 
最後まで
お読みいただきありがとうございました。
 
 

まなべ農園の公式ラインできました。
友達登録していただくと
ブログの更新通知が来たり来なかったり
します。

お氣軽に質問、メッセージも
どうぞ♪

友だち追加