いよいよ明日に開催されます、
遺伝子組み換えに関する映画『FOOD EVOLUTION』
少し緊張しているのでその正直なことを書いています。

なぜ、緊張しているのかというと、

『何人くらいの方がいらっしゃるかなぁ』

という不安からです。
 
100人くらい来たら会場溢れかえるし、

一人も来なかったら、それはそれで寂しいし。

という感じです。

あと、今回は、小島正美さんや
(元毎日新聞社編集委員、遺伝子組み換え作物を考える映画実行委員
 著書:誤解だらけの遺伝子組み換え(編集)、メディア・バイアスの正体を明かす

バイテク情報普及会さんの協力を得て上映会を開くことができて

います。

自分はまだへなちょこで何も実績がないのにも関わらず
こうして先輩方が協力してくださっているのもあるのかと
思っています。
 
 
誰も来なかったら、寂しいというか

申し訳ない氣持ちになるからです。

でも、

何人来るかは明日にならないと分からないことです。
 
 
仰る通りです。
 
 
私の中で、
世界の大きな流れを感じていて、

特に農業に関しては「こうなる」というのが
あります。

「TPP」「種子法」「種苗法」
「ゲノム編集」「遺伝子組み換え」

とか色々あるのです。

食の安心・安全
日本の農業がどうたらこうたらとか

そんなことは何十年も昔から
言われていたことで、

でもそれでも、

こういう現状があって。

知れば知るほど、

どうにかしたい

というより、

自分がどう在りたいのか

を深く考えるようになりました。

上映会でも
遺伝子組み換え作物を栽培したい
北海道の農家さんのビデオメッセージ
をお届けしますが

その農家さんとお話ししていて、

遺伝子組み換え反対者が

具体的にどの部分に反対しているのか

聞いたのです。

ちなみに皆さんは次のうちどれだと思いますか?

①食品としての安全性

②飼料としての安全性

③生物多様性の影響
 
 
ざっくり説明すると

①人間食べた時、ヤヴァイからやめろ
②家畜が食べた時、ヤヴァイからやめろ
③環境が汚染されるからやめろ

どれを心配して、(またはミックス)

反対していると思いますか?
 
制限時間はありませんから
じっくりと。
  
 

 

 

 

 
 
実は、先にあげた選択肢に

正解はありません。
 
(ガビーん!)
 
 
正解は、他の理由があるのです。

ここでは書きませんから

今度まなべに会った時聞いてみてください。

でも、この理由を聞いた時、

人間の本性をみた氣がして、

あぁ、そうか、そうだよなぁ

と感心した自分がいました。

と同時に、
その汚くて醜くてエグくて
みたくないものをみた時、

なんか人間の美しさのようなものを

同時に観た氣がします。

 
で、私は確信しました。
 
 
本当に戦う相手がどこにあるのか

というのを。
 

 
で、仮に、世界中でここまで
遺伝子組み換え作物の栽培が広まっていなくても

どのみち、

そんな感じの作物はいずれ誕生し栽培されるのだろうと。

ちなみに、
そんな感じで作物は栽培される

というのは、3〜5年以内に分かると思います。
 
 
私自身は、

10年後(37歳)
20年後(47歳)
100年後(127歳)の種まきを今している実感があります。
 
その種まきの一つが

今回の上映会でもあります。
 

 
もちろん、これからも私のブログで

遺伝子組み換えに関する記事はアップ
していきます。

でも正直、遺伝子組み換え云々より、

もっと深い根本的なところから説明しないと

自分自身の理解が追いついていないなぁと

感じています。
多分、私あんまり賢くないので
できるだけ平易な言葉で説明してもらわないと
分からないのです。

「健康に害があると科学的に証明するには
 どのようなアプローチを取るのだろう?」

とか

「健康に害はありません。の意味」
とか。

「リスク」「ハザード」「安全」「安心」

この辺りの言葉をちゃんと観ていこうと思います。

 
 
何はともあれ、明日、会場でお会いできるのを
楽しみにしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

真鍋より
 

===================

まなべ農園の公式ラインできました。
友達登録していただくと
ブログの更新通知が来ます。

自然を感じる写真もたまに送ります。
癒されてくださいませ。

お氣軽に質問、メッセージも
どうぞ♪

友だち追加