使う言葉に氣を使いましょう

あなたが発している言葉には、

 

どんな自分で在りたいのか、
 
 

それを表現してくれるものでもあります。
 
 

言葉を蔑ろにしてはいけません。
 

自分の発した言葉、
 

それが意識的にせよ
 

無意識的に出てきた言葉にせよ
 
 

よく観察してください。
 

ダイエットに失敗する人の多くが

 

【ダイエット中だから〇〇を我慢している】

とよく言います。

 

【このダイエット期間が終われば苦しみから解放される】

と言ったりするのをよく耳にしますね。

はっきりと申し上げれば

このような言葉を使っている限り、
 
 
 
 
ダイエットは300%成功しません。

 
 
 

何がいけないかというと

ダイエットには
 

ダイエットをしてない時
 
ダイエットをしている時

 
があると思い込んでいることです。
 
 
 

例えば、

2019年8月~2019年10月いっぱいまではダイエット期間で

それが終わればダイエットは終わる

と思い込んでしまっていることです。
 
 

この裏には、

 

2ヶ月さえ頑張ればあとは何もしなくていい

という、言ってしまえば将来的に
 
 

楽になる事、

サボってもいい、
 
怠惰な生活を待ち望んでいる

ことになるのです。
 
 
 
それを望んでいるのなら

どうぞこれからも
 
ダイエット中」という言葉を使い続けてください。
 

ダイエットは一生続くものです。

 

そこに期間内外という概念は存在しません。

 

ではなぜ

一般的にそのような言葉が流布しているかというと、

情報弱者なダイエットに取り組む人をカモと捉えて

存在しているビジネスがあるからです。
 
 

その罠にかかった人もの末路はこうです。
 
 

この方法を試したらダメだった

だから次こそ、この方法を試せば

きっと痩せられる

 
 

とダイエット失敗の原因を

“方法”のせいにしてしまっているのです。
 

方法を求め歩くダイエット難民に対して、

のビジネスです。
 
 

これからもダイエット難民で居続けますか?
 
 

あなたは本当はどうなりたいのでしょうか?
 
 

ダイエットにおいては

全て自己責任です。
 
 

自分が目指す体型がどんなものであれ、

今のあなたの体型が望んでいるのは

他ならぬ、あなた自身です。
 

方法に正解を求めないでください。
 
 

食べたものは嘘をつきません。
 

「だって食べたかったから仕方ないじゃないか」

そうです。仕方ないです。
 
 

「運動する氣が起きなかったのだから仕方ないじゃないか」

そうです。仕方ないです。
 
 

だからこそ、

方法じゃないのです。
 
 
 

いつもあなたの心が食べたいこと、
 
やりたい事を決めています。

 
 
常に、自分の行動に責任を持ってください。
 
 

周りに惑わされないでください。
 
 

あなたの大切な身体を他人に委ねないでください。
 
 

その言葉、
 
 

これからも使い続けますか?