どうぞご覧ください
今回は、有料での公開となります。
氣になるかは続きをお読みください。

 
無料で公開しているバージョンはこちらです。

 
私の腹筋を見たい方へ-其の1-
(展示枚数14枚) 

 

【有料版と無料版との違いは?】

下記3点、有料版にしかない特典↓↓

撮影した時間(y年m月)が記載されている
・過去SNSに公開していない㊙︎写真が見られる
・作品数が41枚

です。
 
なお、この写真に登場している、
真鍋和孝(Manabe)は、
 
まなべ農園所属の専属モデルです。
 
無断転載はご遠慮ください。
発見した場合、法的手段を取らせていただきます。
 
有料版公開先は、
 
クリエイターツール「note.mu」を

利用しています。
 
ご購入の際にはアカウントを作成していただくことになります(無料)

詳しくは、「note.mu」の利用規約をご覧ください。

なお、本名でなくても登録可能です。
 
私と知り合いだけれど、バレずに

腹筋をこっそり見たいという貴方の欲望を叶えてくれます。

 

 

まなべ農園所属・真鍋和孝の特徴

 

特徴を一言二言三言でまとめるとするならば


 
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
プロテイン不飲用
ダンベル器具不使用
日焼けサロン不通い
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 
と言う厳しい栽培条件のもとで生産された

筋肉であるといえます。
 

ナチュラル派なあなたへ、

野菜だけではなく、

これからは、筋肉の栽培方法にも注目すべき

時代がきています。
 

男性・女性問わず、
 
筋肉フェチの方はいらっしゃると思います。
 
これまでは、「見た目が全て」でした。
 
筋肉さえあればいい、

どんなことをしても、
 
筋肉さえ綺麗に写っていればいい。

そのような筋肉は「前近代的」な筋トレ方法

生み出されたものです。
 
前近代的とは、
 
 
・とりあえず、イケイケガンガンで筋肉をつける
 

ことを指します。
 
より重いダンベルを持てるようになったり、

肥大化を促進するため、プロテインを多用したり、

筋肉映えをよくするために、日焼けサロンに通ったり、

 

つまりは、
 
  
 「筋肉は増強させるもの」
 「多い方がいい」
 「大きい方がいい」

  

という価値観が善とされ、

それに向かってダイエットに励む方もいるわけです。

 
 
しかし、そのような前近代的な価値観の元で

筋トレをし続けていくことは、
 

自分の肉体ももちろん、

社会にとっても負荷をかけ続けることになりかねません
 
 

いわば、

自分へのダメージがそのまま地球環境へのダメージへと

繋がり、

ダイエットをした成果が、

有益どころか損害をもたらす恐れがあります。
 
 

現代農業と前近代的ダイエットの弊害

これは、農業が歩んできた歴史にも似ています。
 
20世紀初頭、化学窒素肥料が開発されました。
 
それと同時に、

病害虫を防ぐ、農薬、殺虫剤

も次から次へと開発されていきました。
 
その結果、
 

人類は、

これまでにないたくさんの食糧を手にすることが

できたわけです。
 
 
1970年アメリカの農学者ノーマン・ボーローグ博士が

ノーベル平和賞を受賞しました。

高い収量がある小麦の品種開発に関わったという功績を称えられ、
 
人類の飢餓を救うのに貢献したということです。
 
このように、
 

作物の品種改良、それと同時に

・肥料・農薬・農業機械
 
 

の発展は、間違いなく、

私たち人類を飢餓の恐れから救ってくれています。

実際のところ、

世界人口の世界人口の約半分は
窒素化学肥料で生産された食料で支えられています

(*西尾道徳の環境保全型農業レポートより*)
 
しかし、その一方で、
 

多量の肥料の使用が環境を汚染したことも事実です。
 
 
作物に吸収されず、地球へと垂れ流しにされた

肥料分は、地球に多大な負荷をかけてきました。

 
これは、先にあげた前近代的な筋トレ方法

と似ていませんか?
 

 
・たくさんのプロテインを飲む
=たくさんの肥料を施す
 
 
・次から次へと重いものを持ち上げる
=高い収量、生産性をあげる
 
 
・人体への負荷増(余計なことをするストレス、
消化器官への負担増、承認欲求の暴走、摂食障害、
美味しいものが食べられない、など)
=地球環境の汚染

 
  
 
つまり、

筋肉美が何たるかを考えずに、

筋肉を追い求めることは、

 
 
自分自身のカラダへ無理を強いている

作られた肉体
 
 

であるということです。
 
もちろん、
 
そのような肉体が好きな人はいいのです。
 
これまでもこれからも

多様な価値観を認め合う世界が素晴らしいことだと

思っています。
 

有機的な筋肉、これからのダイエットについて

 
とはいえ、筋肉業界においては、
 
 
どのようにつくられた筋肉なのかは

さほど重要視されていません
 

農作物との大きな違いはここにあります。
 
 
どのように生産されたかという

栽培方法を重視して野菜を買う消費者は

増えている一方で、

筋肉に関しては、

どのようにつくられた筋肉なのか

については全くと言っていいほど、

関心が向けられていません。
 
 
 
これは、

人類の発展にとって有益なことでしょうか?
 
 
私は、有益ではないと思います。
 
なぜなら、
 
 
無理してゲットした筋肉を維持するのには

無理し続ける必要がある
 
 

からです。
 
 
無理して一時的な快楽を手に入れたとしても

それは一時的なものであります。

無理してゲットした筋肉を維持するためのコスト

は計り知れないものでしょう。
 
  
そもそも筋肉とは
 
必要だからあるものなのです。

 
 
無理やり必要なものとしてつくられた筋肉を

維持するには

無理やりな筋トレをし続ける必要があるのです。
 
昨今は、

筋トレをすれば救われる

かのごとく、ダイエットに励む方もいらっしゃいます。
 
残念ながら、
 
筋トレに救いはありません。
 

 
自分のカラダをズタボロにして

手に入れた肉体に

一体なんの救いがあるのでしょうか?
 
 
筋肉は必要だからある

これを忘れずに生活している人は

どれくらいいるでしょう?
 
  
その理想の肉体をゲットできたとして、

「その後」のことを考えている人はどれだけいるでしょうか?
 
目先の筋肉のことばかり考えてはいませんか?

 
 
そうです、これからは、
 
持続可能な筋肉
 
これこそが自分にも優しい、
地球にも優しい

時代になってゆくのです。
 
 
私、真鍋(Manabe)は、
 

・プロテイン不飲用
・筋トレ器具不使用
・日焼けサロン不通い

 
という厳しい栽培条件のもと、

筋肉を育んでいます。
 
 
野菜に例えるならば、

有機野菜の分類に当たります。
 
自らのお腹を満たすだけではなく、

地球に住む生物みんなにとって

持続可能な世界を実現するために、
 
まずは

自分の肉体がそうでなければなりません。
 
ですから、

次のような筋肉フェチの方は
 
私の肉体と相性が合いませんことをあらかじめ申し上げます。
 
ゴリゴリ筋肉が好き
・機能よりパワーが好き

 
逆に、次のような方は相性がいいです。
 
 
・ナチュラルな感じが好き
・自然な形が好き
・ありのままの自分が好き

 
 
以上をまとめると、
 
私、真鍋(Manabe)の筋肉は、
 
より自然な状態で栽培されたもの

であります。
 
野菜の栽培方法に興味を持つのも結構ですが、

これからは、
 

筋肉の栽培方法にも関心を向ける

時代になってゆくことでしょう。
 
 
 
それでは、

ここからが有料版となります。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
まなべ農園 真鍋和孝

追記
なぜ、この記事を書こうと思ったか

ダイエットセッションのクライアントさんから
ふと唐突に教えてもらった本、

履歴の無い妹(『意識のリボン』綿矢りさ著)

を読んだ時。

簡単にあらすじを申し上げれば

 

【結婚を機に引越しをする妹の手伝いを姉がしていた。
 写真の整理を任された姉は、妹の裸体が映った写真を
 発見する。妹の隣にはもう一人女性がいる。この写真を
 捨てようとする妹。記念にとっておこうとする姉。】

 

この話を読んだ時、

そういえば、昔、自分もヌードモデルに
チャレンジしようとしたことを思い出した

(もちろん今回はヌードではない)

その時はただ、漠然と、なんか面白そうだから

という理由であった。結局、その話は流れたけれど。

振り返れば、

いまの自分のカラダは今しかない

これを記念に撮っておきたい氣分にかられていたのかもしれない。

それは、刻一刻と変化する夕焼け空をずっと見ていたい

その一瞬を切り取って大切に保存したい

夕焼けを眺めている時間が永遠になってほしい

そんなわがままに似ているのかもしれない。

今回、載せてある写真は、全部で41枚。
 
自分で撮ったもの、
他人にとってもらったもの(プロ、アマ、男性、女性含む)

撮る人によっても違うくみえる。

自分も食べるものその時の意識状態
によって全然写りが違うってことがわかる。

これは、
料理を味わう時の感覚と似ているのかもしれない。

どれも素晴らしい
でも、
どれも、

もう絶対に戻ることができない

過去。

そんな過去のカラダを残しておきたいくて。

恋人がいるとき、
いない時
結婚した時
していない時
子供が生まれた時
生まれてない時
新しいことをしている時
していない時

どんな自分でも
何歳になっても
どんなカラダになっても

自分は自分が好きなのだと思う。

というか、
 
 
そもそも人間の

からだって美しくないですか?

美しさはいつもあなたの心の中に
 

  
【無料版】
私の腹筋を見たい方へ-其の1-

【有料版】

・日付のあとに一言つけています。
・(番号)は、順番に振った作品番号です。
・(番号)がよかった!と言ってもらえると嬉しいです。
 
こちらをクリックすれば有料版(note.mu)の
リンクに飛びます(別ウインドウで開きます)

私の腹筋を見たい方へ-其の2-