「これはタネ採り用のネギですか?」
僕は隣の畑で作業していたお姉さん(84歳くらい)に一声かけた。
そしたら30分くらい話が続いていた。
色々話してくれたので忘れないようにメモ。

 
一般的にはお婆さんと呼ぶことが多いが、
ここでは、コマチ(仮名)さんと呼ぶことにする。
 
コマチさんは、
昨年までタバコを栽培していた。
 
タバコの葉っぱである。
 
タバコを栽培している農家さんは
少なくなり、私の住んでいる村では
2020年現在、1戸だけだ。
 
去年は、2戸。
 
コマチさんは今年になって
栽培をやめたというのは
知っていたが、直接話を聞くことが
なかったので詳しいことを聞いてみたい
と思い、
 
「これはタネ採り用のネギですか?」
 
とコマチさんの畑に生えていたネギを
指差して質問した。
 
知っていても質問する。
隣のナンパ爺から教わった、
ナンパテクニックの一つである。
 
おかげでコマチさんは
いろんなことを話してくれた。
 
タバコをやめたのは
 
『もぅ、歳じゃけんのぉ』
 
コマチさんは84歳で
一緒に作業している旦那さんは
94歳。
 
タバコの栽培を始めたのは、
昭和33年くらいからで、
 
 

タバコの花、今年もみられるかと思ったが無理そうだ。タバコは葉っぱを一枚一枚ちぎって乾燥させる。全体像の写真は撮っていないのでよくわからないと思う。

 

 
かれこれ60年以上タバコ一筋。
 
最盛期で60アールくらいの面積を
耕していた。
 
ここは中山間地域。
平らでまとまった大きな畑は
ほとんどない。
 
ゆえ、傾斜地でタバコも栽培していた。
 
傾斜地など、
畑の形、場所によっては機械が使えない
場合があり、全て手作業で耕していたそう。
 
スコップで深く耕し
そのあと、クワで耕す。
 
雪が降る前に、
翌年の畝を作ったりしたこともあったそう。
 
そんな感じの話。
 
今はそば畑が広がっている。
これは村の役場で管理している
蕎麦事業?の一つ。
 
タバコの肥料がよく効いているせいか
ただでさえ成長が早いそばの
成長スピードがさらに早い笑
 

 
 
高齢化の波を目の前で
感じた出来事だった。
 
あと10年したら日本の農家さんは
どうなるのだろうなぁ。
 
おしまい。
 

☆まなべ農園公式ラインあります☆

https://lin.ee/lEs5Gy 
このURLをタップまたはクリックすると、
まなべ農園を友だち追加できます。
氣軽にメッセージのやりとりが できたり、
ブログの更新通知が来たり、
癒される写真が送られます。

ぜひ登録お願いします 🙂