身近な戦争の話をしよう。
 
そんなに遠くない。話。


 
普段、私はふざけた文章を書いているけれど、
この話は事実である。
 
正直、あまり氣分のいいものではない。
 
なんども資料に目を通してきた。
 
親戚のお婆さんにも話を聞いた。
 
史実と当事者の話とを噛み合わせた。
 
これは間違いなく事実で、
 
私のずっと生まれる前、
 
私の曾祖父の頃の話。
 
戦争の話。
 
 
 
2019年-
 
今、”この場所”には
 
国立香川高等専門学校詫間キャンパス

神島化学工業株式会社詫間工場
とがある。 
 
でもその前は、 
 

神風特攻隊が出撃する基地であった。
(詫間海軍航空隊)
 
戦争が終わって、
 
基地は不要となったから、
 
工場になったり
学校が建てられたりしたわけだ。
 
 
でも、
  
基地ができたのも戦争があったらで、 
 
戦争がなかったときは、
 
普通に人間が暮らしていた
 
ふるさとがあった。
 
 
何にもない場所に、 
 
 
特攻隊の基地が作られたわけではない。
 
 
そこに暮らしていた
 
人々の暮らし、を
 
 
破壊して基地が作られたのである。
 
田んぼ、砂浜、ため池、
 
 
神社、仏閣、
  
 
あらゆるものをコンクリートの下敷きにした。
 
 
そこに住んでいた人の心さえも。
 

 
 
 
=昭和16年=
 
この場所の名前は、
 
”香田(こうだ)”という地区のことである。
 
香川県の西の方にある場所。
 
 

 
『豊かな田があり、畑があった。
 
周囲の山々は緑濃く
 
前には白砂青松の松原が美しく続き、
 
遠浅の海が広がり、
 
その先には粟島や
 
志々島等々瀬戸の島々が箱庭のように浮かんでいた。
 
 
数百メートルにも及ぶ長く広々とした海岸線、
 
松原、白砂の浜そして、
 
これに続く遠浅の海は、海水浴場には最適であり、
 
また、干潮時には多くの干潟が表れ、
 
そこには蛤や海老、小魚等がたくさんいた。』

(-詫間海軍航空隊物語 : 戦後五〇年誌より)

 
 


 

正直なところ、
ここまで書くだけでも
だいぶしんどい。
  
 
なぜ、こんなに美しい村が
 
2,000年にも及ぶ村の歴史が
 
その営みが、 
 
破壊されなければならなかったのか。
 
 
住む場所を強制的に奪われた150世帯の家族は、
 
慣れない土地へ移転した。
 
移転せざるを得なかった。
 
 
強制移転させられた世帯の名簿は今でも確認できる。 
 
その中には、
 
 
私の曾祖父の名前もある。
 



 
今日はもうこの辺でやめよう。
 
 
おやすみなさい。