タイトル長(笑)
 
先日は、生卵に関する雑談にお付き合いいただき
誠にありがとうございました。
 
お陰様で私の
知的好奇心欲を満たすことができました。

後日、
皆様からのコメントをある程度
まとめていきたいと思います。
 
人の数だけ美味しさがあって
本当に面白いなぁと思います。
 
さて今回は、
あんぱんに関する雑談です。
 
○あんぱんとは○
 
もしかするとあんぱんを知らない方も
いらっしゃる方もいるでしょうから
言葉の定義から入りたいと思います。
 
あんぱんとは・・・
 
パンに餡子(あんこ)が入っているパン
 
のことをさします。



 
ここでいう餡子とは
 
豆類を煮て砂糖等で味付けした
ものを言います。
 
白あんの入ったパンも
あんぱんに含まれます。
 
餡子が練りこんであるパンも
あんぱんに含まれます。
 
で、
ここからが本題です。
 
 
○皆さんはどんな餡子が
詰まったあんぱんが好きですか?○
 
私は、
 
こしあんだろうが
つぶあんだろうが
あんぱんが好きです。
 
餡子を自家製にしている
パン屋さんのあんぱんは
特に好きです。
 
個性があるというか
 
パン生地との親和性が
あるというか
 
あの感じが好きです。
 
あの感じ
 
はあの感じのことです。
 
 
私が餡子のことを好きになったのは
あの本を読んでからです。
 
あの本とは、
 
マガジンハウス
『BLUTUS 2013.11.1発売』
 
のことです。
 
雑誌ですね。
 
この号での特集が
 
「あんこ好き」
 
でありました。
 
当時の私は、学生でした。
 
大学構内の書籍売り場で
この雑誌を見たときに
買いたいけれど
お金が。。。
 
みたいな状況でした。
 
でも、
 
やっぱり
買うことにしました。
 
振り返って見ると
 
やっぱり
買ってよかったです。
 
私はこの雑誌を読んで
餡子の世界の深さを知りました。
 
そして、
和菓子屋に就職しました。
 
 
就職して
餡子の食べ比べをしたのです。
 
職人さんが
 
異なる豆を使った白あん
 
を3種類作ってくれました。
 
それを食べ比べしたのです。
 
白あんって
 
白い餡子のことです。
 
なぜ白いかといえば
 
白い豆を使っているからです。
 
白い豆にも種類があって
 
「白小豆」「手亡」「金時」
 
さらにその中でも品種が
ありますから
これについて触れるのは
今回はよしましょう。
 
コンビニや
スーパーで売っている白あんぱんの
白あんは
 
「手亡」「金時」
 
が使われることが多いと
思います。
 
白小豆は高級和菓子に
使われることが多いです。
 
そんな感じで
白あんを食べ比べしました。
 
そこでよく分かったのは
 
豆によって
食感がだいぶ変わってくる
という
 
当たり前っちゃ
当たり前の話なのですが
 
当たり前のことを
知ったのです。
 
 
その中でも一番感動したのは
 
【白小豆100%の白あん】です。
 
先に申し上げておきますが
私は、
 
舌が肥えている訳ではありません。
 
美食家みたいに
あーでコーデ
みたいな評論はできません。
 
ですが、
 
純粋に
 
違いがあると分かって
食べれば
 
その違いを感じ取れます。
 
まぁ
 
これも当たり前っちゃ
当たり前の話ですが(笑)
 
ですから私にとって
 
食べ比べをするというは
 
純粋に楽しむためであって
 
あっちがまずい
とか
こっちがまずい
 
とかの話ではなく、
 
豆による餡子の特性を
うまく活かす料理を
試行錯誤していくものです。
 
ただ正直に申し上げますと
 
【白小豆100%の白あん】
 
に私は
 
一目惚れしました。
 
香り高さといい
舌触りのよさといい
 
他の白あんとは
 
一線を画す味わいでした。
 
【白小豆100%の白あん】
を使ったパンが
 
あるのなら食べて見たいです。
 
でも
やはり、
【白小豆100%の白あん】
 
では出せない
食感というのもあります。
 
複数の豆をブレンドする
ことでしか
生み出せない餡子の
感じもあるのですね。
 
先ほども申し上げました
通り、
 
あんこには
適所適材
があるのです。
 
Aという料理には
Zという餡子がいい
 
的な。
 
とはいえ、
 
適所適材は
 
過去のデータベースを
元に構築されている部分も
あります。
 
今後のあんぱん展開に期待です。
 
長々と書いてしましました。
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
 
で、
 
『皆さんはどんな餡子が
詰まったあんぱんが好きですか?』
 
 
あんぱんに詰め込んだ思い出

もあれば聞きたいです。
 
○例○
初めてのデートのとき、
あんぱんをプレゼントしたら
いらないって言われた
(´Д` )
 
等。
 
ここでオススメの一曲。
back number 作詞作曲:清水依与吏
 
【僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい】
 
を一部改変し
 
僕はあんぱんが好きだけど
 君はあんぱんを別に好きじゃないみたい
 
※【】内を変えました。
 
 
僕の世界は君を中心に
回っていると言っても過言じゃない
これから生み出す全てを
捧げても構わない
 
これには あのクレオパトラでさえも
ご納得いただけるクオリティの
ご提供となるはずだったのにな
いらないって言われりゃそれまで
 
僕は【あんぱん】が好きだけど
君は【あんぱん】を別に好きじゃないみたい
 
答えがあまりにシンプル過ぎて
もうね何も言えないね

ぐうの音も出ないってこの事だね
でも気が済むまで
好きでいるけど
あんまり気にしないで
 
嫌われないように生きる僕では
君には好かれないって一体何なんだい
フラれてからずっと考えてるけど
謎は深まるばかり
 
これには あの少年名探偵でさえも
途中で泣き出して家に帰ります
誰より大事にしたいと思う
 
【あんぱん】じゃなんでダメなんだろうな
 
僕は【あんぱん】が好きだけど
君は【あんぱん】を別に好きじゃないみたい
 
彼氏がいるわけじゃないみたいだし
そうか 好みじゃないのね
絶望って言葉がぴったりだね
【こし餡】も駄目なら
【白あん】にしてみようかな
いやきっと気付かれもしない
 
本当に僕が欲しかったものは
ちゃんと言えたんだって記憶でも
明日の強い自分でもなくて
君なんだ 君が欲しかったんだ
 
僕は【あんぱん】が好きだけど
君は【あんぱん】を別に好きじゃないみたい
 
それなら仕方ないってならなくて
今日も行き場の無い想い
 
【あんぱん】に詰め込んでパンパンだぜ
 
もうやけくそだって
 
【白小豆100%にして
来週またプレゼントしてみようかな
 
毎週プレゼントしてみようかな】

===================

まなべ農園の公式ラインできました。
友達登録していただくと
ブログの更新通知が来たり来なかったり
します。

お氣軽に質問、メッセージも
どうぞ♪

友だち追加