2018年9月1日に開催されました
試食会。今回は当日のレポート並びに御礼の投稿です.
平成最後の秋。
(この言葉一回使ってみたかったw)
最初で最初の私がスピーカーとして
登場する試食会が開催されました。

来年もやります。
今度は別会場で
もっとたくさんの人に
たくさんの野菜を食べてもらいながら
話す事になるでしょう

平成は最後だけれど、
自分がやる事に対しては
この試食会を最後にすれば最後になるし
もう一回やるとしたら
最後にはならないので

全ては自分次第。

最初で最後になるか
最初で最初になるか

自分で決められるという事です。

よって、来年もやると自分で
決めたので
これが最後ではありません。

来年は第二回試食会をやりましょう。
井深さん。

振り返れば、
3ヶ月くらい前に
井深さんから
「試食会をやりませんか?」
という電話がかかってきました。

正直、
「ほんまに?」
という心境でありました。

なにせ、3ヶ月前というと6月。
農園で育っている野菜が
これからどんな風に育つのか
よくわからない状況だったのです。

ですから、
うまく実らなかったらどうしよう
という不安はありました。

誰かきてくれるだろうか?
という不安もありました。

会場選びも
これだけの費用がかかるのか
なかなかの出費だとも
思っていました。

実はもっと安い会場はあったのです。
でも、
色々と熟考するまでもなく
直感的にここにしよう
と決めました。

7月神保町で行われたセミナーで試食会を
宣伝してくれる機会をいただけたり、
カンパをいただけたり、
メッセージをくれたり、
SNSで拡散してくださったり、
本当にいろんな方の助けがありました。

会場までの行き方の動画を
【2分でわかる!200%迷わない 試食会会場までの行き方】
https://youtu.be/MX8dSM1MPj8
作ったり、地図を書いたりしました。

そして、いよいよ当日。

野菜たちを朝、収穫し
車に乗せ、
東京の大地に足を踏み入れる事ができました。

本当に皆様のおかげです。
開園資金をカンパしてくださった方
シェア等で応援してくれた方
太陽、土、タネ、雨、生き物、地球、星空、お月様、、
ほんと色々。

本当にありがとうございます。

私は一人では生きていない

事を改めて実感した出来事になりました。

今回、当日集まったカンパを含めて
合計56,000円が集まりました。

かかった費用として
会場費、まなべ交通費(ガス代、高速代)
スーパーマーケット野菜食材費を合わせて
49,797円

よって、
皆様からいただいたお金で
試食会を行うことができました。

井深さんは岡山からやってきました。
井深さんの手元にはお金は入ってきていません。

やりたい事に距離は関係ないのだと思いますし
彼はこの試食会で稼いでやろうとも思っていないのだと
思います。

純粋に私をプロディースする場を設けてくれた
だけです。

本当に彼にも感謝です。

ちなみに当日なにをしたかというと

【お話をして野菜を食べた】

です。
この様子は私の動画チャンネルでも
配信されました。
https://youtu.be/XD2cLlMgA6M

当日話した内容は

◎なぜ和菓子屋を辞めて農業を始めようとしたのか

◎なぜTarzanの表紙を飾れたのか?ダイエットの秘訣

◎なぜ白小豆の存在を我々は知らないのか?

◎野菜の美味しさを決める3つの“S”とは?

◎食事は五感の芸術である

◎セクシー野菜について

◎化学物質過敏症という病気に出会って

◎味わいに市場の需要は関係ない、美味しいものは美味しい

アンパンマンとジャムおじさんの関係について

◎かぼちゃについて

◎仮に農薬が1億%安全だとしたら農薬を使うか?
 必要と不必要。

◎野菜について

◎オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ ♪
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ ポンデローザトマト ♪

◎ファーストフードとスローフードのバランス

◎多様性がなくなるとどんな未来が待っている?

◎蚊はうざい

◎Just Looking

◎遺伝子組み換え作物圃場を見学して見えたもの

◎この野菜美味いなぁ

◎まなべ農園の今後について



他にも何か話した気がします。
上記に示した内容でも話していないタイトルも
含まれるかもしれません。

何より嬉しかったのは

私の目の前で野菜が食べられ
感想を直接いただけた事です。

当農園の野菜は美味しいのか?
私は美味しいと思っているけれど
実際食べてもらうのはお客様です。

美味しさを強要することはできません。
でも、

自分が美味しいと思うものを
美味しいと思ってくれる、くれた人に
野菜を届けられたら

それでいいと思いました。
というか

それがいい。

その輪を少しでも広げていければ
私は倖せ。

今回総勢10名の方が会場に集まってくださいました。
その内、男性9名女性1名という割合でした。

私の感覚ですが
オーガニック野菜に対して興味関心が
あるのは女性の方だと思うのです。

でも、
これからのを考えていく上で

子供だろうが

大人だろうが

女性だろうが

男性だろうが

一人暮らしだろうが

家族がいようが

金持ちだろうが

権力者であろうが

支配者であろうが

貧乏であろうが

なに人であろうが

海を泳いでようが

山を登ろうが

絵を描こうが

詩を綴ろうが

歌を歌おうが

ギターをひこうが

ヒッチハイクをしようが

車を持っていようが

肉を食べようが

ベジタリアンだろうが

ダイエットしようが

本を読もうが

芸術家だろうが

タバコを吸おうが

優勝しようが

スポーツしようが

芝生で寝転ぼうが

ジャンプしようが

スキップしようが

キャンプしようが

あんこを炊こうが

ケーキを食べようが

どこにいようが

誰をおもっていようが

雨が降ろうが

流れ星を見ようが

虹がかかろうが

虫の鳴き声をきこうが

川のせせらぎに心を落ち着かせようが

キャッチボールをしようが



みんな関係ない。

私は地球に住んでいるのだから。
きっと
この文を読んでくださる
皆さんも。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。