今回は、まなべ農園のサイトの「空の美術館」コーナー
について説明します。
そう言えば、まなべ農園をmanabe-farm
ではなく
manabe-parkにした理由をサイトオープンした際に
申し上げようと思っていました。
忘れていたわけではありません。
ですが、

ファームではなくパークです。

この一言で十分だということにしておきます(笑)

さて、本題の「空の美術館」についてです。
サイトには「まなフォト(まなべの撮った写真)」コーナーがあります。
空美(←略した)は空を撮った写真のコーナーです。

空は好きですか?

と聞かれれば

Yes,I do.

と多くの方が答えるかと思います。
(別にイエスアイドゥでなくても可)

では、

Why?
(なぜあなたは空が好きなのですか)

と聞かれれば
それはそれで

好きなものは好きやねん
(Cus’ I love you)
*youでなくても可

と答えるかと思います。

私が初めて空の美術館という言葉を聞いたのは
2016年の秋でした。
これから述べることはサイトにも記載していますが
転載します。

・・・

この言葉を一生忘れることはないでしょう。
昔、ラジオから流れてきたこの言葉。

初めてのマイカーを購入するため
長野県から岐阜県へ移動していた時のこと。
ハガキを読むコーナーで

「今日の朝焼けはとても綺麗でした。
まさに、空の美術館を見ているようでした。」

と紹介していました。
素晴らしい表現だと思いました。
ハガキを送った方が誰だか分かりません。

不思議とその日のラジオの内容は覚えています。
午後放送されていた番組の中で
back numberという歌手の

「ミスターパーフェクト」

という曲が流れました。

誰にも嫌われない
完璧な人間になろう

そう決意し、
ミスターパーフェクトになった時。

果たして
私という人間は存在するのだろうか。

この曲の発するメッセージはここだと思います。

完璧じゃないからいい。
嫌われたっていい。
自分が好きなものは好きだし
嫌いなものは嫌い。

嬉しいときは嬉しいし、
悲しいときは悲しい。

素直な気持ちを自分自身で
認めること。

空と雲との組み合わせは、
完璧だから美しいのでしょうか。

その瞬間、その瞬間で
色も違えば形も違う。

その時しか見られないからこそ
人の心を惹きつけるのだと思います。

一人で眺める空も
大切な仲間と眺める空も

みんなみんな違う。

自分の心の状態によっても
違った風に見えることでしょう。

みんな違ってみんないい。

空の美術館でございます。

・・・・

自分で読み返して
なんていいこと書いているのだろうと
感心しております。

実はここ数日、スーパーネガティビアンまなべ
になっていました。
ダークサイドまなべだったかも知れません。

しんどい、疲れた
と言う言葉を発するのを躊躇っていました。

SNS上で自分らしくない自分を演じていたのかも
知れません。

農家は休みなく働くものだ

という固定概念に囚われていたのかも知れません。
ぶっちゃけ、

休まな死ぬ

と思いました。
メンタル的にも肉体的にも。

でもどこからか
休んだらあかんやろ
という言葉が聞こえてきて

ミスターパーフェクトに
なろうとしていた自分に気付きました。

ご飯を食べている時でさえ
「食べる暇あるんやったら働け」
という言葉が聞こえ

気分転換に海行った時も
「海行っとる場合ちゃうやろ」
という言葉が聞こえ
気分転換したつもりが自分を追い込んでいました。

休むところは休む
働くときは働く

休みたいから休む
働きたいから働く

眠いから寝る
本を読みたいから読む

野菜を食べたいから食べる
お金が欲しいから稼ぐ

ジャンプしたいからジャンプする
腕立て伏せしたいからする

洗濯したいからする
でも面倒くさい時もある
そんなときは
面倒くさいから辞める

書きたいから書く
虫に刺されてかゆいからかく

寂しいときは寂しい
傷つくときは傷つく

進むときは進む
走りたいときは走る

歩きたいときは歩く

見たいものは見たい
会いたい人には会いたい
触れたいものには触れたい

不安なときは不安だ
心配なときは心配だ
うざいときはうざい
悲しいときは悲しい

ネガティビアンまなべも
自分で受け入れて行こうと思いました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

ミスターパーフェクト
歌:back number
作詞作曲:清水依与吏

ありがとうさようなら
今までのいびつな僕よ
そのままの君じゃ
生きていけなくて
だからここで手を振るよ
誰からも愛される人にならなくちゃ
誰にも嫌われない人になればいいのさ

なるべく楽しく生きてゆく為に
傷つきやすい胸は捨ててしまおう
なるべく誰一人傷つけないように
悪いところ見つける目も潰してしまおう

もうこれ以上誰も失わぬように
災いの元の口も縫ってしまおう
悪口が二度と
聞こえてこないように
両手で耳を塞ぐよ

もうすぐなれるはず
想い描いてた理想の僕に
このままいらない
ものを捨てていけば
もうすぐなれるはず
ありがとうさようなら
今までのいびつな僕よ
そのままの君じゃ
生きていけなくて
だからここで手を振るよ
行き交う人に置いていかれぬように
自分の足で歩くのもやめてしまおう

なるべく早めに答えが出せるように
悩んでるこの頭もいらないや

もうこれ以上捨てるものもなくなって
完璧な人間になれたならば
さて何をしよう
さて何をしようか
なんだろう
何もないや

もうすぐなれるはず
想い描いてた理想の僕に
このままいらない
ものを捨てていけば
もうすぐなれるはず
ありがとうさようなら
今までのいびつな僕よ
そのままの君じゃ
生きていけなくて
だからここで手を振るよ
僕はこんなものになりたかったのか
ここには誰一人
自分さえいないのに

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、
基本的に友達申請はリアルでお会いした方、
もしくは一言メッセージを添えて申請をしてくださった人のみ
承認するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/FarmmyDietManabe
公式サイト https://mana-park.com/
facebook  https://www.facebook.com/manabe.farm
お問い合わせ mana.farm2018@gmail.com

==真鍋和孝(まなべ農園園主)==
1991
年生まれ。香川県出身。
信州大学経済学部卒業後、都内の和菓子屋に務める。
事務職、ゲストハウスナイトスタッフとしても働く。
2016
7月長野県の有機農家さんの元で農業研修開始。
一年半の農業研修を経てまなべ農園を開園。
セルフファンディングで開園資金を調達。
35
万円程のカンパを集める。それを元手に農業資材を調達。
野菜は20187月頃、初出荷予定。
趣味:ドライブ、旅行、餡子

経営理念
『優しい味わいの中に生命力溢れる野菜を提供する。
生き物に寄り添い、人にも地球にも優しい農園。
全ては世界中の人々が美味しい野菜で健康な生活を送るために』

真鍋を応援したい!
文章や写真で心に草(w)を生やしてくれて
いつもありがとう!
という方は

~振込先~
銀行名:82銀行
支店名:本店営業部(店番210)
普通口座: 1226103
名義:マナベカズタカ

までカンパよろしくお願い致します。

金額は幾らでもOKです。
100円でもで一万円でも頂ければ大喜びです!!
カンパしてくださった方は私にメールかfbかでメッセージをくださいませ。
ちゃんとお礼を伝えたいです!
野菜の素晴らしさを世に広めて、
皆さまの健康で美しい人生を応援したいです。
地球のため、未来の子供達のために。
本当にありがとうございます。

真鍋和孝 プロフィール詳細(農家になろうと思ったきっかけ)
https://mana-park.com/why-i-do