今回の投稿の10文字要約
【私は名前が好きである】

Wikipediaによれば

名前(なまえ、όνομαnomenname)とは、人物に与えられた言葉のことで、対象を呼んだりする際に使われる。名称、あるいは単にとも言う。名前をつけることを「名付ける」「命名(めいめい)する」という。名前として使われる言葉を名詞という。

とのこと。

小学生高学年だったか中学生になった頃か忘れたけれど、
黒川伊保子著『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』
という本を読んだ。

つい最近、ブックオフで偶然出会ったので
再び買った。

名前って大切だよね本当に。
という話なのだけれど、
例えば野菜を例に出してみよう。

私の好きなかぼちゃ。
スーパーでも普通に売られている
かぼちゃ。

多くは
「〇〇産 かぼちゃ」「〇〇産 南瓜」
という表示で売られている。

一昔前までは
かぼちゃ大好き!
このかぼちゃにしよう!
と選んでいたのだけれど、

いざ、栽培者の立場にたつと
かぼちゃのタネは「かぼちゃ」として
売られていないことがわかった。

それは、じゃがいもが
男爵とかメークインという名前で売られている様に
かぼちゃにも名前があって
品種と呼ばれていたりする。

かぼちゃを栽培しようとすると
タネを買う必要がある。

タネが無いところには芽はでない。
いざ、タネを買おうとするとその豊富さに
テンションが上がり放題だ。

・くり将軍
・くり姫
・くり太郎
など
くり系の南瓜

・恋するマロン
・ほっこり姫
・朱姫
など
恋愛系の南瓜

(この分類はまなべの勝手な主観です)

・コリンキー
・プッチィーニ
・メルヘン
・ダークホース
など
カタカナ系の南瓜

・ほっこりえびす
・えびす
・栗えびす
・ふくえびす
など
えびす系の南瓜

などなど
色々な名前がつけられており
100種類以上(もっとある)の
中から自分の畑にまくタネを選ぶのだ。

私は、研修先と同じタネ+自分の好きなタネ
を畑に蒔いている。
私は南瓜が大好きだ。

で、
これだけの種類があって
きっと農家さんも自分の好きなタネを
選んで出荷しているのに

最終的に

「南瓜」

以上。

と売られているのが少し寂しい気がするのです。
あくまでも個人的な気持ちです。

このタネにしよう!
という決断は
言ってしまえばその年の作物の出来栄えに
大きく影響するのである。

土地にあっていないタネを蒔けば
うまく育たないし、
美味しく無いタネを蒔けば
評判が落ちる。

だから、
タネを選ぶというのは
その年の結婚相手を
選ぶ様なもので、
気に入らないからと言って
すぐ離婚できるわけでは無い。

来年まで待たねばならぬ。

よって、
私も初タネ選びはとても
ワクワクすると同時に
失敗したらどうしよう
という不安もあった。

条件としては
「美味しい」
は絶対。

ところがどっこい。
タネを品種開発している種苗会社さんも
これまた上手に宣伝しているのである。

「ホクホク感たっぷりの美味しさ!」
「鮮やかな色と光沢!ずば抜けたうまさ!」
「食味非常によく、品質に優れる」

この様な宣伝文句が大多数の
南瓜のタネの説明に使われているのだ。

ずば抜けた美味さ

食味非常によく

ってどちらが美味しさレベル高いのだ?

と疑問を持っても
どちらも美味しそうにしか聞こえないから
どうしようってなる。

許されるなら、
全部蒔いて、全部自分で食べ比べして
気に入ったものを選びたい。
でも、それは不可能だ。

それでは何を基準にタネを選ぶか?



ネーミングである。
(まなべの判断基準です



なんかカッコイイ。
ドキドキする。
モテそう。

とかそんなことを考えて
選ぶのだ。

そこでまなべ農園で栽培されている
品種がこれだ!

・くり将軍
・くり姫
・九重栗
・ダークホース
・坊ちゃん
・プッチィーニ
・打木赤皮甘栗
・銀世界
・雪化粧

多いw
こういう風にあれもこれも手を伸ばすと
ダメとランチェスター戦略の本に書いてあった。
そんなこと言われたってでもだって
蒔きたいものは蒔きたいのだ。

全て順調に育ったかというと
そうでは無い。
・銀世界・雪化粧
は発芽しなかったのでダメだった。
私が冬きらいというか寒いの嫌いだから
空気を読んでくれたのかもしれない笑

でも他の南瓜は
順調だ。
もう収穫している。

くり将軍とくり姫は
すぐ隣に植えてあって

やっぱりそれは

将軍様と姫さまは隣同士の方が
イイと思うからだ。

私は姫推しなのだが
将軍様も好きだ。

という感じです。

結論?

まなべは南瓜が大好き。

じゃなくて、

農家さん一人一人
タネにもこだわりがあって
「なぜ、このタネを?」
と聞けば野菜愛が感じられるはずである。

だから、
「南瓜」と売られてあっても
もしかしたら
・くり系のことかもしれないし
・えびす系の事かもしれない。

色々考えてみるのも楽しいな。

わからないからと言って
店員さんに聞いても多分わからないと思う。
八百屋さんに聞いても
わからないと言われたことがあるから。

でも、私は気になる。
ネーミングを考えた品種開発者の
その名前にした理由。

スーパーで陳列されている南瓜の名前。

こうした気になる事は
全部まず自分からオープンにする。

よって、
当農園の野菜は全て名前から解説しています。

結論
名前が好き。
特に恋愛系(姫、美、恋、が
入っているもの)の野菜の名前が好き。
南瓜に限らず。

というお話でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

追記:
おかげさまで野菜の注文をいただけています。
ありがとうございます。
順に発送していきます。

たくさん失敗したので野菜が
大量にとれている訳ではありません。

そして、野菜はコピペできません。
終わったら終わりになります。

本当はたくさんの人に届けたいけれど
私の技術不足で申し訳ありません。

売り切れ商品
【新月and標高1000mじゃがいも】
ありがとうございました。