今年の12月はタネ月間である。
超・小農家のまなべにとっても
タネはとても大切なパートナーである。今回は、
メディアにも出演の多いお二方の講演を聞いてきての
簡単な感想をまとめる。

私は、

「タネ」

が大好きである。
 
 
びっくりするくらい。

タネがないと農業できないし、

農業どころか、

人類は滅亡するであろう。

12月はあと、2回ほど(もしかしたら増えるかも)
タネに関する情報を得る予定だ。
 
 それまでに取り急ぎ、

今感じていることを簡単にまとめる。
 
 
タネって最高!!!

 

とやっぱり思うのである。

主要農作物種子法が廃止されて

タネに関する法律にも関心事は広がった。
 
国内の法律である 

種苗法や

国際条約の

食料及び農業のための植物遺伝資源に関する国際条約

(ITPGR)

植物新品種の保護に関する国際条約(UPOV条約)」(ユポフ条約)

についての全体像を

頭の中に構築している真っ最中である。
 
 
そういった知識を構築しつつも
 
 
私は、これからも

種とりはするし

美味しい野菜を出荷するし

健康が当たり前の世界がいいと思う。

そのためには、

自分からやるのが手っ取り早いので

今こうして、超・小農家ながら

できることをちまちまと進めているのである。
 
 
このちまちました行動が

いつしか

ヘチマのように

なると信じている。

よく分からない例えである。

よく分からない例えが出てくるのは、

まだタネに関する法律や条約について

の全体像を構築中という証拠である。

故に、
また後日、タネ投稿をしたい。
 
 
にしても、

タネってすごい!!
もちろん、
タネと一緒に歩んできた
人間もすごい。

最後までお読みいただきありがとうございました。