ハッピーエンドなお話
財布を落とした。

以上。
でもなんかこれだけじゃつまらないので
財布を落とした経緯とハッピーエンドについて書きたいと思います。
今晩、いい夢見たい方は読むことをお勧めいたします。

友達と長野県長野市松代にある「皆神神社」に参拝に行きました。
その後、腕立て伏せがしたくなったので、腕立て伏せを神社の駐車場でしました。

その後、友達とスタバに行ってお茶でもしようと
スタバに行きました。

着いた時「あれ?財布がない」
と気づきました。
その後、
腕立て伏せをした神社の駐車場に戻り財布を探しました。

ありませんでした。

よく分かりませんが、
そこまで深く絶望しませんでした。
「免許証とかカードとか面倒やな」
そんな程度に思っていました。

スタバでいた友達も心配してくれて、メールのやり取りをしていて、

僕「あかん、駐車場に財布なかった」
友達「(;⊿;)なんてこったーい」
僕「パンナコッター\(^^)/」
友達「笑」

そんな呑気なメッセージのやり取りをしていました。
僕はパンナコッターがなんのことかよく知りませんw

でももしかしたら「メガネない法則*」が機能している可能性もあると思って、
「財布はあるねん!駐車場に落ちてるねん!」
と言いながら探すも
見当たらず。

「これはガチでないパターンや」
と気を取り直します。

歩行者Aがいたので、
「すんません、財布落としたので見かけたら拾ってくださいませ」
とダメもとで会話していました。

ちなみにこれ以降、歩行者B、歩行者C、、、歩行者n、、、
と歩行者が無限に増えていくわけではないです。
登場する歩行者はAのみであります。

そうこうしているうちに日も暮れてきたので
スタバの駐車場に戻って昼寝(と言うか夕寝)しよー
と思って昼寝をしました。

土日の予定どうしようとか
カード系の手続きどないしよう
とか思っていましたが、
まぁ、寝れば解決やな
と思って夕寝をしました。

自分でもよくリラックスできていた気がします。
僕はこれで人生で財布を無くしたのが3回目くらいです。
慣れもあったのかもしれません。

1回目、2回目財布無くした時は、
「え、やばいやん、財布ないやん、死ぬやん」
くらいに思ってました。特に2回目無くした時は財布の中に
一枚だけ買った抽選前のドリームジャンボ宝くじ
が入っていたのです。
僕は宝くじは1枚だけ買ってそれを当てるのが腕の見せ所だと思っています。
「うわ、一等当たる可能性の宝くじも無くしてもうた!2億円損した」
そんな気分でした。

今回は、
「まぁ、死なんし、大丈夫」
と思てました。
「あの時、腕立て伏せするんじゃなかった。腕立て伏せせんかったら財布を落とさなかったのに。。」
とか、
微塵粉レベルにも思いませんでした。

僕は腕立て伏せがしたかったからした。
それで財布落としたらな仕方ないや。
眠たいから寝よう。
そうして僕はスタバの駐車場で夕寝をしました。

戸隠神社の冬です
皆神神社の前に訪れました

・・・
目が覚めると、交番から着信あり。

警察「財布あったで〜」←こんな言い方ではないけれど、要約すればこうなる。
僕「ほんだら今から交番に取りに行きます〜、30分くらいですかね」
警察「ほなまた〜」←こんな言い方ではないけれど、要約すればこうなる。

と、その前に。
スタバに入っていた友達に財布見つかった報告をしに行きました。

僕「財布あってん!」
友達「まじで!お祝いにコーヒーおごるよ!」
僕「まじで!財布無くして財布発見されたらコーヒー奢ってもらえるシステムやってんや!ありがとう!」

・・・

友達との会話も弾み、気づけばそれなりに時間経った頃
再び警察から電話が。

警察「真鍋さん?今何してはりますの?大丈夫でっか?」
僕「すんません〜、友達がコーヒーご馳走してくれたのでのんびりしすぎました〜」
警察「わっはは!!わっはは!笑 そうですかそうですか!ほなまた〜、安全運転できてくださいね!」←警察官は僕が友達とコーヒー飲んでいると言うことにツボったらしいw
笑いのツボどこにあんねんと思いました。

探し物の財布が見つかれば最優先で財布を取り戻しに交番へ駆けつけるのが筋なのかも知れません。
でも、僕は、友達とコーヒーが飲みたかったし、飲んでいて楽しかったしそれでよかったのです。

その後、交番に行って無事財布をゲット。
僕「すみません、コーヒー飲んでて遅くなりました。」
警察「わっはは!!わっはは!笑 そうですかそうですか!」
やから、笑いのツボどこにあんねん。

僕「ありがとうございました。因みに、どんな方が届けてくれましたか?」
警察「歩行者Aさんですわ」
僕「まじっすか!」
警察「Aさんはな、実は東京の人やねん。お礼はいらん言うてた。
一応電話番号は教えることできるけど。」
僕「ほんだら、明日、お礼の電話入れます!ほんまにありがとうございました!」

こうして、僕の財布は再び手元に戻ってくることが出来ました。
めでたしめでたし。

と思ったのですが。。。

これって財布が見つかったからハッピーなのかな?
と。
もし、財布が見つからずに今日1日を終えていたら
bad day
で終わっていたのかな。

と言うことを考え出す年頃なのです。
いやいや、素直に喜べよ!!
と思った方ご安心ください。

僕は超喜んでおります。
心配してくれて、お祝いをしてくれた友達。
謎の笑いのツボで笑ってくれた警察官。
財布を届けてくれた歩行者Aさん。

こんな素敵な方々に囲まれての1日は、超ハッピーです。
本当にありがとうございます。

で、

〇〇すればハッピー。
何かを手に入れれば自由になれる。
とか。
それは幸せとか自由を外部要因に求めています。
恋人が出来たらハッピー。
お金が手に入れば自由。

じゃなくて、
元々自由な自分がいて
元々幸せな自分がいて

そんな自由な自分がいるから
そんな幸せな自分がいるから

なんか起きた時にも
自由とか幸せを感じることが出来る。

今の自分にはこっちの考えの方がしっくりきます。

だから、財布無くしてても
「パンナコッター\(^^)/」
とか
「腕立て最高やったな」
とか
そんな感じの自分がいると思うのです。

あとは、超話飛びますが、
感覚とか直感とかセンスとか
パッて自分がする行動とか
見返りを求めたりするんじゃなくて
ただする行動とか。

以上、僕が大切にして生きたいと思いよります。

と言うわけで、
今日財布が見つかってなかったとしたら?
そんなの知らん笑

今日は、
朝に戸隠神社にお参りして、晴天や彩雲に恵まれ、
財布落として見つかって、たくさんの笑顔が見られて
超、倖せな
一日やった♪

以上です!

追記:「メガネない法則」・・・
メガネを頭の上に置いているのに”あれ〜メガネどこ行ったんや!メガネがない、メガネがない”と言うことで、メガネがない事しか認識しない。
結局、人間は自分が見たい景色しか見ない。
だから、「メガネない」といえば「メガネない」景色しか入らないから
メガネが一生見つからない可能性あり。一生は言い過ぎですね。すみません。
だから探し物をするときは
「メガネあるある!もうすでにメガネは見つけているんや!」
と言いながら探すと良い。
それを今回の財布落とした件にも応用。
その場では見つからなかったかが、「財布は見つかっている」
という言葉を発していた事で歩行者Aさんが目に入り、声をかけ、財布が発見された。
多分ここで「あかん、財布ないわ、ないないないないない!」
と言っていたら歩行者Aさんに声をかけることはなかったかもしれません。
発する言葉、超大切と改めて思いました。

                       戸隠山