【 I MADE THE COVER OF THE FAMOUS MAGAZINE!!】

そうなんです。マガジンハウス社『Tarzan』7/6(木)発売の表紙を飾ることに
なりましたヾ(*´∀`*)ノ


カラダ、食事、メンタルに関することを発信し続け今年31年を迎えた雑誌であります。
男女問わず美意識を磨くための雑誌となっています♪

☆2017夏「脱げるカラダ」大募集企画☆

に応募し、書類選考を通過し、ちょうど一ヶ月前最終オーディションをクリアしました。
ちなみに僕の聞き間違えでなければ今回の倍率は80倍。。日本人が表紙を飾るのはTarzan史上初!
表紙には僕を含め3人の読者が選ばれました。

メモリアルな雑誌で専用スタジオでプロフェッショナルな仕事を経験でき本当に光栄でした。
Tarzan編集部の皆様に感謝申し上げます。
全国のコンビニ、書店でお買い求め頂けます。
もしくはAmazonで

https://www.amazon.co.jp/dp/B072ZLG4PB/

・・・

農業始めて1年。
体重は10キロ近く落ちました。
ダイエットに成功した秘訣はイマ注目の食材
〇〇を食べ続けたからです。

僕の大好物、、〇〇!←ここですぐに答えがわかった人は僕のことをよくわかってくれているようでとても嬉しい気持ちになります(^^)

その〇〇とは・・・??

小豆ですね!!

(ここで正解ゆっちゃうパターンw本誌をご覧くださいパターンではないです)
小豆のポテンシャルはすごいんですよ。

その凄さは、本誌の僕のソロショットをご覧ください。(←結局w

またとない機会に恵まれたので、
この際に「真鍋という農家はどんな食事やトレーニングをしているのか」
興味をもってくださればとても嬉しいです。

実際に一次産業に関わっている人間の気持ちをお伝えできれば幸いです。
まず食事に関して。
僕は、食事のときにいつも考えていることがあります。
それは、今日僕が食べたものが僕のカラダを作ってくれている。

当たり前すぎてあまり意識していない人もいるかもですが
you are what you eat. 好きな言葉の一つです。

いくらいい運動、トレーニングをしても口に入れるものが微妙だと微妙なカラダになると思っています。
逆に良い物を食べるといいカラダになると思っています。
ここでいう良い物とは美食や高価なものではありません。
はたまた栄養があるとか〇〇がカラダにいいとか、オーガニックであるとか、〇〇を食べると痩せるとかそういう話でもありません。

僕にとって良い物とは、、
目の前の食べ物がどんな想いで料理(栽培)されたのか
それが伝わってくるものです。
料理人の顔や生産者の顔がわかるって事です。

一日の中で好きな時間はご飯を食べるときです。
カラダを動かした後の食事は本当に美味しい。
僕食べるのが遅いです。楽しい時間は長いほうがいいからです。

それをもっと楽しくするには、その食べ物に思い出が詰まっていればいいと思っています。
おみやげで買ってきたワインとかお菓子とか食べるとき楽しいですよね?

僕は毎回思い出が詰まっているので楽しいです。
なぜなら自分で育てているからです。久保田さんの野菜がどんなふうに育ったのか
肌で感じているからです。

僕の東京時代がそうだったのですが
食事がお腹を満たすだけの作業になっていました。
きっとそれは、生産現場をちゃんと知らなかったからだと思います。
その食事に関しての思い出がなかったんですね。

だから、
お腹は満腹でもどこか満たされない気持ちがあった気がします。
その気持を満たしてくれるのが思い出だと思います。
じゃあ思い出はどうやって作るのか。

それは、畑に行くしかないと思います。
農家さんと一緒に作業して
たくさん話をして
たくさん笑って、深呼吸して、汗水ながして
そういう時間を共有できれば、
それが思い出になって
あなたのカラダをつくってくれる大切な一部になると信じています。

小学生の頃、じいちゃんばあちゃんが育てていたじゃがいもやにんじんを収穫して
家族みんなで食べた晩御飯。あの時のシチューは本当においしかった。幸せの一時。

久保田さんの畑へ初めてお邪魔したとき
季節は冬でした。
あの時食べたほうれん草の味、忘れられません。
久保田さんがどんな想いで野菜を育てているのか、その話は今でも鮮明に覚えています。

色んな所から久保田さんの畑には農業体験したいということで
人がやってきます。中学生だったり、主婦だったり、シェフだったり・・・
みんな楽しそうに笑顔になって帰っていきます。

僕もそんな農園をひらきたい。
あなたのカラダをデザインする農家になりたい
とそんなことを考えながら毎日を過ごしています。

最後になりましたが
いつも美味しいお昼ごはんを出してくださる久保田ファミリーのおじいちゃんおばあちゃん、かほりさん、かなえさん、たくやくん
本当にありがとうございます。僕のカラダの半分はあの美味しい美味しいお昼ごはんでできています。

そしてまたとない機会を作ってくださいましたTarzan編集部の皆様
本当にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

人生史上最高に長い投稿になりましたが
最後まで読んでくださりありがとうございました!
いつでも畑でお待ちしております\(^^)/

追記;
いつもは友達限定公開ですが
きっと誰ががシェアしてくれるだろうと思って今回は全世界にむけて公開しています(だからタイトルが英語なんですw

そして、どんなトレーニングをしているのか書き忘れましたので簡単にご紹介します^^;

①ジムヘ通わない
②サプリやプロテインは飲まない
③腹筋運動はしない

しない三原則を掲げてトレーニングしていました。
それ以外は楽しけりゃなんでもしていました。

でもそれは、あれこれやるのではなく
やることを絞ることにもつながりました。
ちなみに「ランチェスター筋トレ法」というカッコイイ名前がついています。

炭水化物ダイエットとか糖質制限とかよくわからないのですが、

晩御飯はいつでも野菜の炊き込みご飯。
これが本当に美味しいのです。Buono!!!! (*´ч ` *)
こうして出来た僕のカラダは、
優しさがあり生命力に溢れた美しいものとなっています(´ω`*)

本誌内のぼくのソロショットをどうぞご覧下さい(^o^)