まなべ農園の経営理念②

前回に引き続きまなべ農園の経営理念についてお話しします。
そもそも、理念って何だろうと考えると、


信念なような気がします。

信念って何だろうと考えると
こだわりって気がします。
自分が野菜を栽培する時、これだけは譲れないってところです。前回も申し上げましたが

それは、
「野菜と生き物が嫌がることをしない」
です。

栽培方法には色々方法があって、
自然農法とか自然栽培とか有機栽培とか無農薬栽培
とか色々あるわけです。
僕は残念ながら全ての方法を誤解なくお客様へお伝えすることはできません。
ただ、
どの栽培方法で育てられた野菜でもその奥には
育てた人がいるわけです。

例えば、有機野菜。この言葉はよく耳にすると思います。
スーパーでも見かけますよね。
有機野菜だから安全、安心だと思う方もいるかもしれません。
だから選ぶ。

僕の中でそれは、結婚相手を探すときに
30歳前後のOLがいい!
と言ってるのと似てる気がします。
皆様の中で、一生添い遂げる相手を見つけるときに、

「30歳、正社員、年収〇〇円以上」で判断する人はまさかいませんよね。

その肩書きの中にも仕事は何をしているとか、趣味は何かとか
虫が嫌いとか、散歩が好きとか、色々な価値観を持ち合わせていると思います。

もちろんはじめは
〇〇歳くらいの人がいいなぁとデートに誘うかもしれません。
一回のデートで全てを理解できる訳ではないかもしれません。
でも、気になる相手であれば2回目のデートにつながるわけです。
「ヘぇ〜、カエルが好きなんだね、とか
空が好きなんだねとか
でも、カメムシは嫌いなんだよねとか」

で、面白いと思ったら3回目のデートに誘うのです。
「なんで、生き物が好きなの?空が好きなの?」とか一つ掘り下げたことを聴き始めますよね。

「生き物がたくさんいるってことはそれだけ多様な生態系ってことだから
きっとみんな楽しく生活しているんだろうなって気分で嬉しくなるから。とか
空って同じように見えて一生で一度しか見られない形だよね、刻一刻と形は変化するし、
こうして〇〇君とデートしているときにみる空、明日になれば仕事があってその帰り道にみる空。同じように見えて違う。その一瞬の儚さってのがいい。そしてお金持ちもお金がない人も同じ美しさを共有できるから、あぁ、幸せって思うの。世界中のみんなで空鑑賞会を開けばきっと世界は平和になると思う。」

これで、惚れてしまうわけです。
惚れたら、彼女がフリーターだろうが正社員だろうが、公務員だろうが
そんなのはどうでもいいんです。
好きになるってのは、
大自然の中で丸裸になった時、その人と何を語り合うのかだと思うのです。
(丸裸になってもならなくてもいいですけれど笑)
そこには、
見栄とか虚栄心とかじゃなくて
君は、何を思い、何を感じて生きているか
それを知るチャンスなのです。

だから僕は、畑でデートをオススメするのです。
例えばアニメ業界の経営者の方がデートでカラオケに行った時、
一曲目に某アニメソングを歌って女の子の反応見るのと同じで、

まずは、畑に誘って、そこで、「カエル気持ち悪い〜、え〜土触るの〜、汚いじゃ〜ん」
とか言った瞬間、
オワコンである。

例え話が少し長くなりましたが、
栽培方法なんて入り口に過ぎないのです。
なんでこの人はこの栽培方法を選ぶんだろう、
と興味を持てばさらに野菜が美味しくなる気がしませんか?

今までは、農家さんのこともっと知りたい!ってなったら
地方に足を運んで農家さんに直接話を聞く必要があったのです。
でも今は違います。

もっと知ろうとしたらHPがあり、ブログがありYouTubeがあり
とネットで調べることができますよね。
例えば「長野県 農業男子」とか
「無農薬野菜 農業男子」とか「無農薬 きゅうり 長野県」とか「農業男子 イケメン」ってググれば
自分の知りたい情報がすぐに手に入るわけです。

そんな漠然とした情報でなくても
生産者の名前を検索すれば出てくるでしょう。
いい時代になりました。
だから僕はこうして情報を配信しています。

で、そこで、
なんかちゃうなとか思ったら僕の野菜を買わず、別の生産者の野菜を買えばいいのです。
そうすればいい買い物ができるでしょう。
買い物して後悔するときって「こんなはずじゃなかった」
という感情があるからです。
そのミスマッチを減らす時代がやってきたのです。
生産者一人一人が思いを発信していける時代になりました。

なぜ僕が無農薬栽培を選ぶのかは
前回の投稿(まなべ農園の経営理念①)を参照していただければと思います。

そして、こんなまなべが2018年4月に独立してまなべ農園を開園するのです。
そのための資金を先日からカンパにて募っています。
そして今日も、カンパをいただきました。

尊敬する経営者の方とたまたまカフェで遭遇し
「はい、俺もカンパする!」といってお金を
渡しくれました。

こうして応援してくださる方がいるのは本当に嬉しいです。
そして、言います。

200%僕を応援した方がいいです。
ほんまに。
絶対いいです。こんな思いをもって農業に取り組もうとする
若造がいるのですよ。
中には「稼げるから」という理由で農業に参入してくる人もいるわけです。
役場の担当者からは「農業で稼ぐのは厳しいぞ」と
言われ続け、心の中では「あなたは稼ぐために農業する人しか応援しないのか」とこみ上げる怒りを抑えながら(笑)

なので、
ぜひ、カンパお願いします!
皆様から頂いたカンパは
軽トラや機械やタネを買ったりする資金に充てられます。
キャバクラ代に消えるわけではないのでご安心ください。
皆様から集まったお金は、
資材費になり、野菜を育て、
皆様の美しい人生の一部となり、未来の美しい地球のために
使われます。

追記:長野県民の方ならお分りいただけると思いますが今の時期、カメムシが家の中に入ってブンブン飛び回っていますよね。その羽の音を聞いて
「あぁ、なんて心地いい音なんだ。カメムシさん最高だよ」
・・・
なんてことはまるでない。
流石にカメムシは鬱陶しいから捕まえて
ゴミ箱にポイ!だ!!