まなべ農園の経営理念①

『農業を通して7世代後の人類に美しい地球を残す』
理念のもと農業に取り組んでいます。

キーワード:『地球』『美しい』『優しい』『嫌』

農業にも色々な種類があります。
僕が選んだのは、無農薬で野菜を栽培する方法です。

高度成長期に農薬を使う農業が主流となりました。
収量を上げるため、肥料や農薬を開発し、種も味がよくてたくさん実るように品種改良をしてきました。

この活動は緑の革命と呼ばれ、世界的飢餓を解消を目指してきました。1970年その活動が評価されボーローグ博士という方がノーベル平和賞を受賞しています。

日本の野菜の99%はそのような農法で作られています。
(身の回りのコンビニ、スーパーの棚を思い出していただければ分かりやすいかと思います。)

多くの人にたくさんの野菜を提供できるようになった一方で、
地球環境を破壊していったのも事実です。

レイチェルカーソンの「沈黙の春」
今から50年も前に書かれた本です。
読まれた方も多いでしょう。
果たしてあの頃から何か変わったのでしょうか。
より安全で効率よく使える薬や肥料は開発されました。

でも、湖や海は汚れる一方です。
身近にある川や湖を思い浮かべて見てください。
一昔前より汚くなった気がしたらそれは地球全体にも言えることです。
反対に、一昔前より綺麗になってたらそれは地球全体にも言えることです。
皆様のご近所はどうですか?
後者ならそれはとても嬉しいです。
でも、多くは前者なのではないでしょうか?

「地球」って考えると規模が大きすぎて
自分には関係ないと実感が湧かないかもしれません。
でも安心してください。
そこまで難しく考えなくても大丈夫です。

よく観察すると
地球には森と海と人間と生き物・・・などなどたくさんの者が
集まって暮らしています。
人間だけにフォーカスすると
一人一人個性があり、それぞれが自分の人生を歩んでいます。

さらにさらに観察すると
健康な人もいれば不健康な人もいます。
不健康な人は不健康な食生活をしています。
不健康な食生活は食べ過ぎやよく分からない食べ物から成り立っています。
不健康な人の食卓には不健康に育った食材が並べられています。
不健康に育った食材は、不健康な畑から来ています。
不健康な畑にしたのは、誰?

不健康ワードが多すぎますね笑

で、結局行き着くのは畑です。
健康な畑から健康な野菜が生まれ
それを食べた人が健康になり、
健康なライフスタイルを送り、
地球も健康になる。

要は、部分は全体を表していると思うのです。
地球に優しいってのは
自分自身に優しいってことなんです。
自分を大切にするってことは
地球も大切にすることに繋がっています。

ところが食べている食品の裏ではたくさんの犠牲が伴っています。これが現状です。

このままだと、未来の人類が美しい地球を見られなくなるのではないかと危惧しています。
僕は自分の子供に孫にひ孫にさらにさらに次の世代にこの美しい景色を見せてあげたいです。
きっと皆さんもそうだと思います。

臭いものに蓋をして見て見ぬ振りをして来た結果が今の地球です。
本当に豊かな世の中になりました。
でもこれからは自分たちの生きている時代だけのことを考えてたらダメな気がします。汚してしまったものは仕方ない。
これからの未来の話をしたいです。
環境破壊して来た者を罵倒することは簡単でしょう。
でもそんなことしても何も変わりません。

これから僕たちはどう生きてゆきたいのか、
未来の話をして生きたいのです。

そのための一歩。

消費(買い物)は投票だ!と言いますけれど
その通りだと思います。
価値がある=たくさん売れるではありませんよね。

本当に価値のあるものが売れないからといって消滅するのは悲しいです。
たくさん売れる事だけが目的の価値のないものが残るってそれも悲しい。

じゃあ、何をすればいいのか。
びっくりするくらい
簡単
です。

食生活を少しでも変えること。

例えば、人参だけでも長ネギだけでもジャガイモだけでも
小豆だけでもトマトだけでもきゅうりだけでも
無農薬で栽培されたものに変えてみる。

たったこれだけで美しい地球を次世代に残せるのです。
先ほどの部分は全体の話を思い出してください。

無農薬野菜の消費量が増える→農家さんも嬉しいからたくさん栽培する→その野菜を食べたくなる→食べる→健康になる→健康な畑が増える→地球が綺麗になる→人類皆ハッピー→・・・
と続いてゆくサイクルが出来上がるのです。

地球に優しく持続可能な農業、
これが無農薬で野菜を栽培する農業なのです。
本来、虫に害虫も益虫もありません。
自然界で見れば何かしらの役割を果たしているのです。
それを人間の都合で殺してしまえ!
といって農薬を使って”害虫”を排除しています。

生態系のサイクルで見れば立派な役割を果たしていたものが
なくなったので、自然はバランスを崩すでしょう。
それが汚れてしまった地球の姿です。

なんやかんや申し上げましたが、
実は一番シンプルな気持ちがあります。

僕は、嫌なのです。
生き物が死んでゆく姿を見るのが嫌です。

さらに、
その先で美しい地球が失われているのが嫌です。
話は飛びますが北朝鮮がミサイル発射するのが嫌です。
なぜかって?本当かどうかは確かめられませんが
ミサイルが落ちた海の魚が死んでゆくからです。
きっと気持ちよく泳いで日向ぼっこでもしようと海面近くに来ていた魚もいるかもしれません。
そんな中、
急に空からミサイルが降ってくるのです。
嫌だと思いませんか?

難しい話は置いといて(置いたら本当はダメですよ。)
だからこそ平和がええなぁと思うのです。

どうにかしたい。
この想いが根底にあります。

野菜を食べたお客様が美しくなることで
最終的に環境も良くなることと信じています。
食べるものは僕たちは選ぶことができます。
その食べ物が地球に優しのなら
それを食べることも地球に優しい選択をしていると思います。

実際、僕は去年から農業研修を初めてカラダが変わりました。
いつもの写真を参考していただければ幸いです。

次世代のことを考えて食事をするお客様には
ふさわしい野菜があるのです。
それが地球に優しい無農薬で栽培された野菜たちです。

美しい貴方にはふさわしい野菜がある。
僕は自信を持って自分の栽培した野菜を薦めます。

例えば手術をお医者さんに任せるとき
医者「実は自分の腕に自信ないんすよ。失敗するか成功するか分かりませんが
腫瘍の部分カットしておきますね。今ならセール価格でやっと来ますんで。ネットで広告見ました?実はあれ、いい腕に医者感出してくれませんかねぇって広告代理店に金払って頼んでいたものなんすよ。写真はイメージっすよね!」

って言われたら
ちょっと待てや(笑)
ってなりません?
なりますよね。僕はなります。そんな医者に自分の命を預けたくないです。

僕は畑の可能性を信じています。
畑が健康になれば野菜が健康になりそれを食べた人が健康になり、
人生も健康になり、地球も健康になり、、、、全ては繋がってゆくのです。

だからまなべ農園の野菜を選択した以上、
お客様と地球の美しい未来お約束いたします。

そして、ゆくゆくは
現在1%にも満たないオーガニック野菜の市場を50%にまで引き上げること
を夢見ています。

そのために、
開園資金(機械やタネなどの資材費)を集めている最中なのです。