【腕立て伏せにしてる?】
※僕の趣味のお話です※

 

 

☆今回の記事は、来夏に向けて今より筋肉質なカラダになりたい!そんな方向けの記事です。
読む価値あります。逆にマッチョになりたいと思っているのにこの記事を読む気になれないのは、自分は本当にマッチョになりたいのか自問自答してみることをお勧めします☆

前置きが長くなりました。

最近気付いたのですが、
僕は、このカラダを手にいれるためにしたことを一人で秘密にしている気がしてきました。
僕の中では当たり前のことでみんな知っているだろうという思いがあって、情報公開をサボっていました。
でも、いろいろな人と話していると

「え1?ジムに通ってないんですか!?」
「プロテイン飲んでないんですか!?」
「腕立て伏せと懸垂しかしていないんですか!?」

と驚かれます。
要は、僕はこのカラダを手にいれるのにお金をかけていないです。
高校生の時、一時的にプロテインとっていました。ですが、ほんのわずかな期間です。
要は、「お金をかけず、ジムにも通わずとも、プロテイン飲まなくても」
マッチョになれる。
ということをお伝えします。

やっていることは、腕立て伏せと懸垂ですが、
なぜ僕がこれを選択しているのかを説明していませんでした。

僕が採用しているのは
「ランチェスター筋トレ法」
という方法です。
お金がないし、ジムは遠いし。。
そんなあなたへきっと役に立つ方法論です。

法則1:移動時間に筋肉はつかない
法則2:効果=回数の二乗×やり方
法則3:種目を絞ること

法則1:移動時間に筋肉はつかない
残念ながらジムに通う移動時間には筋肉はつきません。
筋肉がつくのは、腕立て伏せをしている時です。
例えば、ジムに通う時間が20分かかるとします。
その間に腕立て伏せ100回はできるでしょう。

法則2:効果=回数の二乗×やり方
はじめは、どんな風に筋トレすればいいのか?
このフォームであっているのかな?とか頭で色々考えることが多いと思います。
ところがです。
筋トレの効果は、回数の2乗×やり方
になります。
要は、なんやかんややり方わからんけど、
たくさん腕立て伏せすることがまず第一!!
ってことです。
やっていくうちにやり方(質)も上達し、効果も上がりやすくなります。

土鍋でご飯を炊く時、水の量はこのくらいでいいのかな?
火加減は?とか色々考えて、週一回土鍋でご飯炊くよりも、
毎日、毎食、土鍋でご飯を炊いた方が上手くなりますよね。

法則3:種目を絞る
お金がないならダンベルやその他の器具を買えないですよね。
そしたら、器具を使わない筋トレは一切しないと決めます。
その代わり、腕立て伏せと懸垂に種目を絞ります。
腹筋運動もしない。
腕立て伏せと懸垂。
これだけをしていってみましょう。

以上、ランチェスター筋トレ法の紹介でした。
これを実践していくとどうなるか。
それは、僕のカラダをみてください。

今、筋トレ動画で年内に腕立て伏せ1万回しようよ
という企画を進めています。
腕立て伏せ1万回して、カラダに変化が現れなかったら
それは、。。。
どうしましょうね。
その時考えます。

ひとまず、やってみましょう。
もし、あなたが本当にマッチョになりたいのなら。

最後にとても重要なことを付け足しておきます。
『筋トレする目的はなんですか?』
『なぜ、筋トレをしたいのでしょう?』
この問いに対して徹底的に考える必要があります。

僕は、自分のカラダは仕事をするための手段です。
いくら筋トレしたところで、そのカラダで社会に価値を出さなければ意味がないと思っています。なので、僕にとって腕立て伏せするのも全て通過点です。

1万回という数字もなんかわかりやすいからで、
魔法のサプリメントなんて使ってないよ、地味だけど継続の大切さを伝えたくて
腕立て伏せ動画を配信しています。
お役に立てれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

筋トレで大切なこと 累計腕立て回数5万回以上、懸垂3万回以上していた話
https://youtu.be/3xlgm91JE7Q

僕が採用している「ランチェスター筋トレ法」をお教えします!
https://youtu.be/biYp4CAHwu4

腕立て伏せに恋してますか?
https://youtu.be/hZO9mLkRcBw

腕立て伏せの魅力についてお伝えします
https://youtu.be/Vzj863gJJS0

筋トレ始めても続かない。そんな方へ。年内に腕立て伏せ1万回達成する方法
https://youtu.be/ftB3CtEcu2k

腕立て伏せ1万回して2017年大晦日迎えよう企画 3101〜3200回目  10月9日実施
https://youtu.be/2JDa_ZeaD9I

掲載雑誌
Tarzan(ターザン) 2017年 7月27日号[脱げるカラダ]
http://amzn.asia/0Xjl4Yl
(この雑誌をご購入いただいてもどこからも真鍋へお金が支払われることはありません。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー