こんばんは、真鍋です。
今回は、ダイエットするにあたり、
米は食べた方がいいのか、否か論争に
終止符を打ちたいと思います。

結論からいえば、
 
食べたくなければ食べなくていいし
食べたいなら食べればいい
 
 
以上です。
 
 

 
 
アホみたいなダイエット論が
拡散したおかげで、
 
食べ物はえらい損害を被っています。
 
 
それが、
 
〇〇を食べたら太る
 
というやつです。
 
お米も、白米、を筆頭に
 
食べるべきでない、
 
と言われたりします。
 
 
お米の目線に立って見ると、
 
「お米を食べたら太るねん」
 
と言っている人がどれだけ馬鹿らしいか
 
すぐにでも分かることです
 
 
お米「あなたのような人間に食べられたくありませんから
   食べてもらわなくて結構です。

   私は、私を美味しいと言って食べてくれる人に
   食べてもらえればそれでいいのです」
 
  

お米を食べたら太るねん」スピーカーは、
 
 
太っている原因をいつも食べ物に押し付けます。
 
食べ物パワハラです
 
 
日頃の運動不足、
お菓子の食べ過ぎ、などなど

自分のことは棚に上げて、
 
お米のせいにしている。

ですから、
いつまでたっても痩せることはないでしょう。
 
 
太るに原因はいつも人間の側にあります。
 
 
お米が悪いわけじゃないのです。
 
お米を悪い者として観ている人間がいるだけです。
 
 
お米を悪者にすることが自分にとって都合のいいことです。
 
責任を他の人になすりつけて、自分は傷つきたくないからです。 
 
 
あとは、知ったかぶりをしたいからです。
 
余計な知識がある人ほど、
 
長い間ダイエットに悩んでいます。
 
たくさんの本を読み、パーソナルトレーニングをし
 
食べ物に関する表面的な知識しか身につけていないから
 
食べ物の善悪を”人間目線”でジャッジしてしまうのです。
 
 
それも仕方のないことかもしれません。
 
お米がどれだけの年月を経て手元にやってきたのか
 
想像をすることすら放棄しているのですから。
 
 
私は農家でもありますので、
 
食べ物の現場を常に見ています。
 
タネをまくところから
 
収穫を終えるまで。
 
 
そんな野菜たちを見ているので、
 
 
太るとか太らないとか
 
そんな低次元の言葉を食べ物に対して発する神経回路がありません
 
 
美味しいから食べるのです
 
それだけが全てです。
 
 
食べたいものを食べればいいのです。
 
 

 
=今日のワーク=

・お米を食べる際、
どれくらいの時間が経過して目の前に
やってきたのか思いを馳せる。

・食べ終わったらご馳走様でした
と呟く。

【この投稿をお読みくださった方、限定情報】
個別遠隔ヒーリング受付中です。
食欲煩悩を抑えるヒーリングを行います。
継続セッションでも提供しているものです。
料金は無料です。
氣になった方は、下記フォームから
ご応募ください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cbc25990635936

 

 

追記:ダイエットコーチングプランを公開
https://mana-park.com/dietcoaching-plan

 

しました。
理想の体型のその先へ。
あなたの中にある秘められた
可能性を引き出します。

 

ダイエットコーチ真鍋ダイエットコーチ真鍋


無農薬野菜まなべ農園代表 真鍋和孝
【全ては美味しい野菜のために】
高校2年生の頃からダイエットに興味を持つ。
農園のモデル(You are what you eat.の体現者)として活動。
今日までの10年間、リバウンド、
拒食症、過食症、承認欲求の呪縛、などダークな部分も経験。
高額な健康食品にも手を出して何百万円もの出費をしたことも。
コーチングとの出会いで悩みがすっ飛び、自分のやりたい人生を歩み
始める。

本音で達成したいものしか達成できない

信念の元、

農業、ライター、モデル、コーチ、氣功師など、様々な顔をもつ。

一人一人が輝けば世界はもっと素晴らしい世界に。