今回は、痩せるための最強のダイエット食をご紹介いたします。

*食いしんぼのためのダイエット術〜無料メール講座
を開講しました。詳細は↓↓
https://mana-park.com/lp/delicious-diet

 

痩せるための食事
太るための食事
筋肉をつけるための食事
 
などなど、目的に応じて、
 
自分の食べるものを選択してゆく
 
その姿勢は素晴らしいです。
 
 

 
今回は、ひとまず、体重を落としたい!
 
というお悩みの方に向けて書いています。
 
 
結論から言えば、
痩せるための最強のダイエット食は
 
 
 
 
 
『食べるのをやめること』
 
 
 
 

です。 
 
 
もう一度、言います。
 
 
『食べるのをやめること』
 
 

です。
 
 
現代人は、基本、食べ過ぎています
 
 
なぜかというと、小学生の頃から
 
一日三食しっかりと食べましょう!
 
と指導されているからです。
 
 
でも、
指導している人が健康か、
自分の目指す体型なのか
 
に注目すると、決してそうではないでしょう。
 
 
文科省がつくった指導要領に沿って
指導しているだけで
 
それが、正しいのか
自分の食事に合っているのかは関係ありません
 
 
ただただ、自分で考えることを放棄して、
 
いわば、

自分の食を誰かに洗脳されてしまっているのです。
 
 
大切なのは、
 
自分の食べる量を自分で調整する、
コントロールする、
 
ということです。
 
 
私は、夏場は体重58~59kg
冬場は、60~62kgで調整しています。
 
(一年中同じ体重である必要はありません。
私は寒がりなので冬58kgだと、凍死してしまいます)
 
 
その範囲でコントロールしていますから
 
別にリバウンドを経験することもありません。
 
(撮影前には少し食事を変えたりはしますが
いつでも脱げる準備をいつもしているのが基本です)
 
 
痩せるための食事!
と意氣込むと
  
今、食べているものを変更して、
 
何か痩せる食事にしよう!
 
食べて痩せたい!
 
という流れになると思います。
 
確かに、
 
使っている油を良質なものにする、
食品の質をあげるなど 
 
こと細かに変更すべき点もあることでしょう。
 
しかし、
 
 
まずは食い過ぎをやめることです。
 
 
 
食い過ぎをやめると言っても
 
食い過ぎているという自覚がなければ
 
食い過ぎをやめることはできません。
 
 
ですから、まずは、
 
1週間は、今まで通り食べてください。
 
しかし一つだけ条件があります。
 
 
どんな些細な食べ物であれ
 
口に含むものを全て記録してください。
 
記録と言っても、写真で取るだけでOkです。
 
 
深夜に食べたラーメン
辞めなくていいです。
 
おやつのケーキ
辞めなくていいです。
 
やけ食いしたポテチ
辞めなくていいです。
 
デートで食べる美味しいランチ
辞めなくていいです。
 

 
まずは、これから1週間
 
今まで通り、自分の食べるものを
 
記録してください。
 
 
現状把握、まずはそこから始まります。
 
 
この投稿をお読みになった方で、
 
1週間記録したものを
私に提出してくだされば、
痩せるための食事改善をお返事いたします。
 
 
興味のある方は、

 
①7日分の食事記録をとる(写真でお願いします)

②それを全て、manabepark@gmail.com 
へ送る。件名:食事改善 本文:お名前、性別、年齢、お住いの地域、を記載。

③48時間以内に食事改善をお返事いたします(これをこういう風に変えればいいと提案します)
 

↑の手順で、真鍋までご連絡ください。
料金は無料です。
 
 
今回は以上です。
 

 

追記:ダイエットコーチングプランを公開
https://mana-park.com/dietcoaching-plan

 

しました。
理想の体型のその先へ。
あなたの中にある秘められた
可能性を引き出します。

 

ダイエットコーチ真鍋


無農薬野菜まなべ農園代表 真鍋和孝
【全ては美味しい野菜のために】
高校2年生の頃からダイエットに興味を持つ。
農園のモデル(You are what you eat.の体現者)として活動。
今日までの10年間、リバウンド、
拒食症、過食症、承認欲求の呪縛、などダークな部分も経験。
高額な健康食品にも手を出して何百万円もの出費をしたことも。
コーチングとの出会いで悩みがすっ飛び、自分のやりたい人生を歩み
始める。

本音で達成したいものしか達成できない

信念の元、

農業、ライター、モデル、コーチ、氣功師など、様々な顔をもつ。

一人一人が輝けば世界はもっと素晴らしい世界に。