ジム通いの盲点。
 
ジムに行くかどうかというのは手段の話ですので、
目的をはっきりとさせる必要があります。
目的がないのに、ジムに行くか行かないか
を迷うというのは、
セックスする予定がないのに
コンドームを買うかどうか迷っているようなものです。


 

さて、
 
なんのためにジムに行くのでしょうか?

 
痩せるため、
筋肉をつけるため。
 
上記の理由であれば
ジムは必要ありません。
 
なぜなら、
 
痩せることと
筋肉をつけること
 
そして、
 
ジムに通うことは関係ないからです。
 
つまり、
 
ジムに通わなくても
痩せられるし、
筋肉をつけることができます。
その方法はのちに申し上げますので
今しばらくお待ちください。
 
では、どんな目的があれば
ジムを利用すべきなのでしょうか。
 
・ボディコンテストに出場する
・好きな人がいる
 
上記の目的を持っている方は、
ジムを大いに活用すべきです。
 
ボディコンテストというのは、
その種類にもよりますが、
それなりの筋肉量が求められます。
 
負荷をかけねば、筋肉は増えません。
負荷のレパートリーもジムは豊富なので
ボディコンテストの審査員が喜ぶような
筋肉をつくることができます。
 
逆になんの装置もない自宅では
難しい、効率が悪いです。
 
そして、もう一つ。
好きな人がいる、のなら
ジムに行くべきです。
 
体験期間で
イケメンがいた、
可愛い人がいた、
タイプの人がいた、
 
また会いたい、という
恋の始まりを感じたら
ジムに通うべきです。
 
その人に会うために通う、
素晴らしい理由ではありませんか。
 
では最後に、
 
痩せたい、筋肉つけたい、
 
という理由でジム通いすると
どんな悲劇が待っているのか
説明します。
 
まず、時間の無駄です。
 
氣合いを入れてジムにいく、
服も着替えて、
片道15分くらいでジムに到着です。
そこで、トレーニングして、
また15分かけて家に帰ります。
 
移動時間に30分も費やしています。
 
30分あれば
一体どんなトレーニングができたでしょう。
 
・呼吸を整える
・腕立て伏せをする
・内面と向かい合う
 
などなど、30分あれば十分できる
トレーニングばかりです。
 
重要なのは、
 
移動時間には何も生まれない
 
という点です。
 
この点をしっかり頭に叩き込んでください。
 
移動時間には何も生まれない
移動時間には何も生まれない
移動時間には何も生まれない
 
そして、さらに重要な点があります。
 
それは、痩せて筋肉つけた後の話です。
 
ジムに通って筋肉をつけたのなら
それを維持するためには
ジムに通い続けねばなりません。
 
農業に例えるのなら
ジムは農薬や化学肥料の部類です。
 
農薬や肥料を与えて育った筋肉を
維持するためには
農薬や肥料を与え続けねばなりません。
 
しかも農薬や肥料は自分のところでは
生産せず、外部から購入してきます。
 
お金もかかります。
環境にも負荷をかけます。
 
人間のカラダは自然の生き物です。
 
自然、というのはほったらかし
にしていてその景観が保たれることは
ありません。
 
人がメンテナンスする必要があります。
人のメンテナンスから離れた「自然」というのは
荒れ果て、茂みになり山になります。
 
こうした光景は今や中山間地域で
よく見られます。
 
ですから、
 
筋肉つけた
痩せた
 
その後のことを考えてください。
 
それを持続させるために
一体どれだけのコストを払い続けますか?
 
私はその辺の草を肥料にして
野菜を栽培しています。
 
その辺のものでどうにか生きていく、
その辺のものの見方を変えることで
新しい発見をしてゆく、
 
私はその方が豊かで
知恵もついて楽しい生き方だと思っています。
 
参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
おしまい。

☆まなべ農園公式ラインあります☆

https://lin.ee/lEs5Gy 
このURLをタップまたはクリックすると、
まなべ農園を友だち追加できます。
氣軽にメッセージのやりとりが できたり、
ブログの更新通知が来たり、
癒される写真が送られます。

ぜひ登録お願いします 🙂