私は、ダイエットコーチとしても
活動しています。今回は、改めて提供しているサービス
ダイエットコーチングについて
お話していきます。
 
 
ダイエットコーチング

目次

  1. ダイエットコーチングとはなにか?
  2. 真鍋の提供するコーチングは他となにが違うか?
  3. なんのために始めたのか?
  4. 私が目指している世界

 

  1. ダイエットコーチングとはなにか?

体型を変えることをきっかけに
その他の人生観も自分の望む方向へ変える手段です。
 
ただ単に痩せる、筋肉をつける、理想の体型になる
というのは、ただのダイエットです。
 
そこから人生の変革を起こすためには
コーチングという手法を取り入れることが効果的です。
 
 
ポイントは、体型は通過点だということです。
人生には理想の体型を生きるだけではなく、
他にも色々やりたいことや達成したいことが
あるはずです。
 
そのために、痩せることが必要であったり、
今の体型だと不満があるから
 
理想の体型へ向かう必要があるのです。
 
コーチングでは、ゴール設定が
非常に重要なポイントとなります。
 
ゴールとは、自分の達成したい目標
と言い換えることができます。
 
もっと優しい言い方をすれば、
 
なんのために痩せたいのか?
なんのために筋肉をつけたいのか?

目的をはっきりとさせることです。
 
コーチングにおいて重要なのは
 
この目的的思考です。
 
〜ためにやる
 
というこそがパワーの源となります。
 
ただ、なんとなく、痩せたい
ただ、なんとなく、筋肉つけたい
 
というのは目的がないので全くパワーが
発揮されず、何年も何十年も今の体型のままで
止まることになります。
 
例えば、私の場合、この体型でいる
明確な理由があります。
 

それは、自分はモデルだからです。
 
私は、まなべ農園という無農薬野菜の生産販売事業も
行なっています。
 

広告宣伝から全て自分一人でやっています。
 
その際のモデルが必要なので、
自分を起用しているにすぎません。
 
他にもたくさん理由がありますが
差し支えないところで言えば上記のような
理由になります。
 
つまり、私の場合、
 
他の事業でモデルとしての自分が必要だから
この体型である必要がある
 
という理由があります。
 
ここでのポイントも
 
どうしても必要だから
 
ということです。
 
 
モデルをやっている人はたくさんいますから
その方を広告モデルとして起用することも
可能です。
 
しかし、
それではダメなのです。
 
よそのモデルは自分の農園で栽培された野菜を食べて
いません。
 
私は、モデルというのは
 
自分がいいと思う商品を使って
それで初めてこうなります
という見本を見せることだと考えています。
 
ですから、自分の農園で栽培された野菜を食べていない
人にモデルが務まるわけがないのです。
 
何より、自分が一番、
まなべ農園の野菜を食べていますので
その野菜を食べて、体型がどうなるか、
自分で示せば手っ取り早い話にもなります。
 
 
このような形で、
 
コーチングでは
 
 
なぜあなたは痩せる必要があるのか?
なぜあなたは筋肉をつける必要があるのか?
 

について徹底的に頭を使うことになります。
 
私もクライアントさんの本音に対して向き合います。
 
本音というのもコーチングでは大切です。
 
夢や目標といった場合、
多くは、他人の目線を氣にして設定する場合が
ほとんどです。
 
いわば、人当たりのいい、誰からも
文句をつけられないような綺麗なゴール設定を
しがちです。
 
残念ながらそれではパワーが出ません。
 
コーチングで目的的思考と並ぶくらい重要な
『主体性』をおろそかにしてしまっているからです。
 
主体性というのは、本音、と置き換えても
いいです。
 
つまり、自分が心のそこから望んでいるもの
 
ということになります。
 
それを包み隠さず、設定することで
人生も有意義なものとなります。
 
ただ、自分の本音が世間受けがいいか
と聞かれれば決して世間受けはよくないです。
 
だから、それを口にしてしまっては、
 
周りから色々な攻撃にあいます。
 
私もそうでした。
 
本当に達成したいことは、信頼のできる人にしか
お話していません。
 
コーチの役目というのは、
 
ここにあります。
 
クライアントが本音で思っているゴールを
達成できると背中を押す
 
ということです。
 
業界では、エフィカシーをあげるという
言い方がされます。
 
エフィカシーとは、
 
ゴール達成能力に対しての自己評価
 
です。
 
つまり、
 
私は、ゴールを達成する能力がある、
と自分自身で評価している状態が
 
エフィカシーが高い状態です。
 
逆に、
 
自分ではこのゴールを達成するのはやっぱり無理だ、
と自己評価を下げているとき、

エフィカシーが低い状態と言えます。
 
 
コーチの役目というのは、
 
クライアントのエフィカシーを
高める役割も担っています
 
「君にはできる」
 
と側でいてくれる存在です。

人は、一人では生きていけません。
 
誰かの手を借りながら
進んでゆきます。
 
コーチという存在は、
 
クライアントのゴールを応援してくれる
頼もしい存在でもあります。
 
 

2.真鍋の提供するコーチングは他となにが違うか?

コーチングというサービスを提供しているのは
私だけではありません。
たくさんのコーチがいます。
 
もし、この文章を読んでいる方が
誰かのコーチングを受けてみたい、
と思うのなら、参考にしていただければと存じます。
 
コーチングというのは、クライアントと
関係性を築いてゆく作業でもあります。
 
それは、コーチングというサービスを
提供し終わってもその後の
関係は続いてゆくということです。
 
つまり、人生レベルで長い付き合いに
なることが予想されます
 
その際、重要なのは、
 
いかにクライアントと向き合ってくれるか
 
です。
 
ただ、何を持ってこの人は自分にとって
いいコーチなのか判断すればいいのか
 
わからない、というのも頷けます。
 
お金を払って嫌いな人だったらどうしよう、
 
という不安は常につきまといます。
 
そんな時は、 

氣があうかどうか
 
この指標で選んでみてください。
 

 
高名なコーチがあなたにとって
本当に有意義であるかは疑問が残ります。
 
かといって、無名なコーチが
有意義であるか、と聞かれても、
疑問が残ります。
 
大切なのは、
 
有名か無名かではなく、
 
自分と向き合ってくれそうな人か
どうか、
 
文面から判断するしかありません
 
実際にあったこともないのに
文面からどうやって判断するのか、
と迷う方もいるかもしれません。
 
ですが、ご安心ください。
 
小説などを読んでいても自分の好きな文章、
嫌いな文章がわかるように、
 
コーチが書いている文面から
その人の感じは受け取ることができます
 
 
なんとなく嫌な感じがする
なんかいいかも
 
 
という直感を大切にしていただければ
と存じます。
 
逆に何にも書いていないコーチも
います。
 
それはそれでいいのですが、
 
私は、自分という存在をできるだけ
知ってほしいと考えているので
こうして書いています。
 
ちなみに、今ご覧いただいているサイト(まなべ農園HP)の
総記事数は、640記事くらいになります。
軽く100万文字は超えているで、全て読むのは大変かと
存じます。
 
 
ですから、なんとなくいい人そう
な人をコーチに選べば良い、
 
ということです。
 
コーチングの醍醐味は
クライアントの成長です。
 
クライアントの成長なくして
コーチングは成り立ちませんから、
 
コーチ選びは慎重に行うべきでもありますし、
 
効果を感じられない場合は
 
他のコーチに乗り換えてもいいのです。
 
では、私、真鍋は、他のコーチと
何が違うのか?
 
と聞かれれば、
 
ダイエットを得意分野としている
 
という点です。
 
ダイエットというのは、
 
ゴールのために必要な理想体型を
目指すだけではなく、
 
人間をなす根幹「食」というものにも
スポットライトをあて、
 
その重要性をクライアントにも感じていただく

というものです。
 
言語にしたり、非言語で
伝わる部分でもあります。
 
伝え方はクライアントによって異なります。
 
伝え方は色々あるにせよ、
 
「食」は全ての基本となります。
 
ここをおろそかにしていては、
 
どんなこともうまくいきません。
 
私が農園で野菜を栽培している意味も
ここにあります。
 
コーチングの根幹をなす、目的的思考、
それを支えるのは、食があってこそです
 
食べることと体型とは密接な関係があります。
 
人間は食べるもので出来上がっているのですから。
 
あなたの望む体型で、あなたにしか
達成できないゴールを応援します。

 

3.なんのために始めたのか?

すでに活動されているダイエットコーチは
ダイエットコーチではないと感じたからです。
 
先ほど申し上げた通り、
 
体型と食事とは密接な関係があります。
食事はとても大切な要素です。
 
ただ、ダイエット業界でよく見かけるのは、
 
・これは痩せる食べ物
・これは栄養価がある食べ物
 
それを解説する人ばかりで、
食の根源を知っている人はほとんどいません。
 
食の根源というは、畑にあります。
 
今日、みなさんが食べた食事は、
 
元を辿ると畑に行き着きます。
 
食の源流は畑にあり。
源流を知っている人にしか
食について話せないことがあります。
 
そこに触れていないのに
知ったかぶりして
 
これはいい食べ物、悪い食べ物
 
と勝手に判断する姿勢が氣持ち悪いと思っています。
 
だから、自分がコーチになったら
いいと考え実践しているまでです
 
先ほども申し上げた通り、
 
私は、まなべ農園を経営している身でもあります。
 
自分で種を蒔き、作物を栽培しています。
ですから、食の最前線で活動している自負が
あります。
 
食にとって一番大切な畑が蔑ろにされている
 
という危機感もあります。
 
コーチ活動をはじめて、
 
いろんな人に本物の食(ダイエット)を
提供できればいいと考えてるからです。

 

4.私が目指している世界

では、最後に私が目指している世界について
お話できればと存じます。
 
コーチ活動をしている人が夢を語らないのは
コーチとして失格です。
 
私が望む世界は、
 
 
今日も明日も明後日も
1年後も10年後も100年後も
美味しい食べ物が食べられる世界
 
です。
 
残念なことに、
 
美味しい食べ物というは、地球上から
消えていく運命に今あります。
 
食の多様性がなくなっているためです。
 
食の多様性の喪失とともに
人間の多様性も失われているようにも感じます。
 
美味しさは食材の多様性によって
もたらされています。
 
しかし、食材の多様性は失われつつあります。
 
多様性が失われれば、
 
美味しさも失われます。
 
美味しさが失われれば、
 
人生の楽しみが減ります。
 
よって、
 
未来に美味しい食べ物を残すためには
 
いろんな食材
 
未来に楽しい人生を送るには、
 
いろんな価値観を尊重しあえる人間
 
この両輪が必要なのです。
 
ですから、
 
 

私の後ろを歩かないでください。

私はあなたを指導しているのではないのだから。

私の前を歩かないでください。

あなたに従いたいのではないのだから。

私の隣を歩いてください。

ただ、私の友人になってください。

 
コーチングの祖、ルータイスが著書の最後に記した
この言葉と私も同じ氣持ちです。

 
今回は、以上となります。
 
ダイエットコーチングのご案内はこちら↓

https://mana-park.com/dietcoaching-plan

 
 
私は食いしん坊ですから 
食いしん坊でも理想の体型になれます。
 
「なぜ」に対するヒントもたくさん散りばめられた、
 

*食いしんぼのためのダイエット術〜無料メール講座
もございます。

詳しくは↓
https://mana-park.com/lp/delicious-diet