今回は、お腹周りのお肉を簡単に落とす方法
をご紹介します【前編】。

 
 
*ダイエットの悩みからの解放を目的とする
完全無料メール講座を開講しました!!詳しくは
こちらから*
*2019/12/13更新*
 
 
簡単と言っても、
 
なかなか実践する人はいないので、
 
まず初めにこの言葉から紹介しておきます。
 
 

 
 

したい人、10,000人
 
始める人、100人
 
続ける人、一人

 
この言葉は、灘高校英語教師、木村先生がブログで紹介しておられました。
 
大学受験の際に目にした言葉なのでかれこれ、10年前の話ですね(笑)
 
 
これは、本当に真理を含んでいます。
 
 
お腹周りのお肉を落としたい人は、10,000人
 
実際にお腹周りのお肉を落とし始める人は、100人
 
続ける人(理想の体型でい続ける)は、一人
 
 
ということです。
 
 
多分、この記事を読んでも
 
実践する人は数少ないでしょう。
 
 
でも、
私は別にいいと思っています。
 
私は、
本氣で痩せたい人しかクライアントになって欲しくないので
  
本当のことを書いているまでです
 
 
さて、
 
お肉周りのお肉を簡単に落とす方法、
 
 
それは、、、
 
 
 
自分の体型に絶望することです。
 
 

 
 

 もしかしたら、その絶望感は、
 
 
自分で鏡をみて自ら生み出すものかもしれませんし、
 
 
好きな人から「そのお腹じゃ恋人になれっこない

 
 
と言われたことが引き金となる場合もあります。
 
 
私もそうでした。
 
 
ユニクロという服屋さんがあります。
 
広告に写っているモデルさんいらっしゃいますよね。
 
 
下着履いて上半身裸だったり、
 
ジーパン履いて上半身裸だったり、
 
 
私は、そういう写真を見るたびに、
 
 
「なんでモデルは俺じゃないんだ?」
 
と悔しさを滲ませていました。
 
 
絶対自分の方がええやん!
 
 
と。
 
こうして 
 
いつからか、

「絶対、自分の方がモデルに相応しい」
 
という信念を持ち合わせていたのです。
 
そうこうしていたらオーディションを受かって
読者モデルとして雑誌の表紙を飾ったのですから
自分の信念が現実になるとはこのことです。
 

 
振り返れば、比べる必要もないことを
 
比べて自分で勝手に悔しがっていたわけですが
 
 
痩せるための燃料は別に何でもいいのです。
 
 
悔しい、嫉妬、
 
などなど、一見、ネガティヴに思える感情でも
 
 
それをうまく利用して自分のゴールに近づけるのであれば
 
 
大いに利用した方がいいのです。
 
 
もちろんずっと感情的で過ごすという訳ではありません。
 
 
敢えて、選んでいるという感覚です。
 
 
感情に支配されるのがいけないのです。
 
 
人間なのですから感情があって当たり前です。
 
 
ハッピーに感じたり
落ち込んだり
 
 
なんと素敵なことではないでしょうか。
 
人間の人間たる所以がここにあります。
 
 
体型なんてそもそも比べる必要もないことです。
 
 
それをわかった上で、
 
 
お腹のお肉を落としたいのなら落とせばいいし
 
面倒臭いから落としたくないのであれば落とす
 
必要はありません。
 
 
全ては、現実の絶望から始まります。
 
 
自分のセルフイメージに合致する体型になるまで
 
その絶望感は続くでしょう。
 
 
ですから、大変なのです。
 
今のままでいた方が楽で絶望することもありません
 
 
お腹周りのお肉がある方が心地よい環境なのです。
 
 
お腹周りのお肉を落とせずにずっとい続ける人は、
 
まずこの絶望感を持つことをオススメします。
 
 
後編では、具体的な食事、運動を紹介できれば
と存じます。
 
 

=今日のワーク=

現状と未来との自分を比較し絶望感が起きるかチェックする。
 
他人の体型に嫉妬していることがあるかチェックする。
 
なぜ、お腹周りのお肉を落としたいのか、ノートに
 
書き出してみる。

 

【この投稿をお読みくださった方、限定情報】

個別遠隔ヒーリング受付中です。
食欲煩悩を抑えるヒーリングを行います。
継続セッションでも提供しているものです。
料金は無料です。
氣になった方は、下記フォームから
ご応募ください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cbc25990635936

 

 

追記:ダイエットコーチングプランを公開
https://mana-park.com/dietcoaching-plan

 

しました。
理想の体型のその先へ。
あなたの中にある秘められた
可能性を引き出します。

 

ダイエットコーチ真鍋


無農薬野菜まなべ農園代表 真鍋和孝
【全ては美味しい野菜のために】
高校2年生の頃からダイエットに興味を持つ。
農園のモデル(You are what you eat.の体現者)として活動。
今日までの10年間、リバウンド、
拒食症、過食症、承認欲求の呪縛、などダークな部分も経験。
高額な健康食品にも手を出して何百万円もの出費をしたことも。
コーチングとの出会いで悩みがすっ飛び、自分のやりたい人生を歩み
始める。

本音で達成したいものしか達成できない

信念の元、

農業、ライター、モデル、コーチ、氣功師など、様々な顔をもつ。

一人一人が輝けば世界はもっと素晴らしい世界に。