彼は一人ぼっちで暮らす蜂をみて、 「君もひとりか、ドンマイやな 😉 」