著者である烏賀陽さんから直々に 国際安全保障について学べる機会が ありましたので参加しました。