今回は、せっかく美味しいものを食べているのに 罪悪感を感じてしまいせっかくの食事を 楽しめない方に向けての記事(2)です。